出典:筆者撮影

Lifestyle

コストコの定番人気ハイローラー!保存方法やおすすめの食べ方

アメリカ生まれの大型スーパー『COSTCO(コストコ)』。食品から生活雑貨までいろいろなアイテムがあって便利ですよね。そんなコストコで定番人気のメニューが「ハイローラー B.L.T」。シェアしやすくて、パーティーメニューにもピッタリと好評です。そこで今回は、ハイローラーを徹底調査。

保存方法やおすすめの食べ方などをまとめてご紹介します。

■コストコのハイローラーってどんなもの?

コストコ初心者の方はハイローラーという名前を聞いても、どんな商品かピンとこないかもしれませんね。そこでまずは、ハイローラーがどんな商品なのかを詳しくご紹介しましょう。

・ハイローラーとはどんなものなの?

出典:@ costco_loveさん

メキシカン料理に出てくる薄いトルティーヤ生地のブレッドで、野菜やベーコンなどをロールしたもの。ベーコンやソースなどの塩気と、野菜の甘みがたまらない一品です。こちらの商品を食べるときは、フォークやナイフなど使用しなくてもOK!手で持って食べられるようになっているのでお手軽ですね。ライトな見た目ですが、意外とボリュームがあるので朝食なら1人2~3個あればおなか一杯になりますよ。

・コストコのハイローラーの商品概要

出典:筆者撮影

商品名に入っている「B.L.T」という英語表記。それはハイローラーに使われている「B(ベーコン)」、「L(レタス)」、「T(トマト)」の頭文字なんです。他にも、コクのあるナチュラルチーズが入っていますよ。まろやかなマヨネーズ味で、サラダ感覚で食べられるようになっています。
コストコが近くにない人は、通販で販売しているところもあるので、ぜひ探してみて。

ダイエット中の人は、ハイローラーのカロリーや糖質が気になりますよね。とうもろこしの粉から作られるトルティーヤ生地の糖質は、100g当たり約2.8g。対して炊いたお米の糖質は、100g当たり36.8g。野菜たっぷりなコストコハイローラーは、噛み応えがあり少ない量でおなかいっぱいになれるので、比較的ヘルシーに食べられる食品なんです♡

・子どももおいしく食べられる?

出典:筆者撮影

子どもを持つママたちは、「小さい子も食べられる味つけになっているか」が気になりますよね。ハイローラーの味つけは、上記でも紹介した通りまろやかなマヨネーズがベース。からしやブラックペッパーなどは使用されていないので、子どもでも食べやすいですよ。
また、ハイローラーは野菜たっぷりで、ビタミンや食物繊維などの体にいい栄養成分も含まれているので、子どもにもおすすめです。

・ホリデーシーズンには限定味の販売も!

2018年の12月には、ベーコンの代わりにローストビーフが使われた「ローストビーフハイローラー」が販売されていました。トマトの量が減った代わりに薄くスライスされたローストビーフがたっぷり詰まっているので、肉のうまみをダイレクトに感じられる一品です♡食べ損ねた人は、今シーズンの再販売を期待したいですね!
だだし、妊娠中はローストビーフなど完全に火が通ってない食材を食べると、食中毒になる危険性があるので食べないほうが安心かもしれません。

■コストコのハイローラーが値上がりしたって本当?

出典:筆者撮影

コストコのハイローラーは2019年、14個入りから21個入りに増量し、価格も998円(税込)から1,380円(税込)に値上げして新商品となり販売されました。
14個入りのときは、1個当たり約71円でしたが、21個入りでは1個当たり約65円なので、量が増えてお値段もお得になっています。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]