出典:@maimai.007 さん

Beauty

オペラのグロスならひと塗りで最新顔、間違いなし♡人気色をピックアップ!

『OPERA(オペラ)』のグロスは「オペラ シアーリップカラー RN」というネーミングで、ルージュみたいにスティック状になっている珍しいタイプのグロスです。保湿成分がたっぷり配合されいるので、リップクリームを下地として塗る必要がありません。シアーリップカラー1本でルージュとグロスのリップメイクが完了する、画期的な固形状グロスです!

オペラのグロスは、見た目もかわいくてキレイに発色。人気色をチェックしていきましょう!

■オペラのグロスは抜け感があってかわいい!

出典:@pcpcpinさん

オペラのグロスは、口紅よりも透明感があって、ひと塗りで旬のメイクが完成します。優しい発色で、リップベースを塗らなくても簡単にキレイなリップが完成。その上、保湿力抜群で塗り心地も良く、プチプラとは思えない仕上がりになります!

・スティック状になっているのが特徴!シアーリップカラー

出典:@pcpcpinさん

グロスと言えば、先がチップになっているタイプのものを思い浮かべる人も多いでしょう。オペラのグロスはスティック状になっており、使いやすさも抜群です。オペラ独自の方法でカラーグロスを固め、スティック状を実現。
グロスをつけたあとのベタつきが気になる人も、オペラのグロスならベタベタを気にせずいつでも好きなときに使うことができます。

・オペラのグロスとリップティントとの違いは?

出典:@pcpcpinさん

オペラと言えば「オペラ リップティント N」も人気がありますが、グロスとティントでは発色に違いが見られます。ティントの方が高発色で、グロスはほんのりかわいく色づくのが特徴です。
発色の違いによってリップの雰囲気が変わるので、シャキッと決めたいときはティントを、優しい印象にしたいときはグロスをと使い分けてもOK!
ティントとグロスを組み合わせて、オリジナリティあふれるカラーを作ってみるのもおすすめです。

・グロスを使えば抜け感のあるリップに仕上がる

出典:@msk.n__さん

オペラのグロスは、ルージュの良さとグロスの良さを、足して合わせたような使用感です。ルージュみたいな厚塗り感はなく、グロスのようなベタつきは抑えて透明感はプラスできる…。オペラのグロスは、そんな夢のような次世代型のリップなのです。
しっくりくるルージュorグロスに出会えていないという人にも、ぜひ試してもらいたいアイテムだと言えます。

・グロスはベーシックと色づきタイプの2種類!

オペラのグロスには、「ベーシックタイプ」と「色づきの良いタイプ」の2種類があります。ベーシックタイプは、グロスのツヤと透明感が前面にあふれるのが特徴。
色づきタイプは、唇を程良いカラーに染めてくれます。ナチュラルな雰囲気に仕上げたい場合はベーシックタイプを、リップの存在感を上げたいときには色づきの良いタイプをと、その日の気分に合わせて使い分けてみてください☆

■どれにする?オペラのグロスカラーは全部で10種類

オペラのグロスは、全部で10種類の定番カラーがあります。赤とピンク系の色が中心となって展開されており、どの色もかわいらしいフェミニンカラーです。
シアーなのでいやらしさが出ず、程良い抜け感のある魅力的な唇にしてくれますよ。ラメ入りのものなどもあり、さまざまなシーンで使えるのもオペラのグロスの魅力。青みと黄みのバランスが取れたカラーバリエーションなので、幅広い世代の女性が活用できるグロスです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]