出典:photoAC

Beauty

ネイルの気泡を防ぐコツ!修正テク&ごまかしテクも学んでお悩み解決

セルフネイル初心者という方も、ベテランです!という方も、セルフネイルでこれが困る…という悩みってありますよね?そんな悩みのひとつが「気泡」。せっかくきれいに仕上がりそうだったのに気泡が入ってしまってやり直し…そんな経験あるのではないでしょうか。
そこで今回はネイル検定1級・ジェルネイル検定上級を持つ私が、なぜ気泡ができてしまうのか、気泡が入らない方法や修正の仕方、ごまかし方などもご紹介します。

目指すはサロン級の仕上がり♡ぜひチェックしてみてくださいね。

◆ネイルに気泡が…それには原因がある!

ネイルに気泡が入ってしまうのは、原因があります。この原因を知れば、気泡を防ぐこともできますよね。まずは気泡が入ってしまう原因をご紹介します。

・塗る前にマニキュアのボトルを振っている

出典:インテグレートのグレイシィネイルで指先から色気漂う女性に@ sowelu.pvさん

マニキュアを塗る前に、瓶の中で均一に混ざるようにと瓶を振っていませんか?
瓶を振ってしまうと、空気を含んで気泡の原因になります。瓶は振るのではなく、ボトルを横に寝かせて両手で挟み、コロコロと手のひらの中でゆっくり転がせば大丈夫です。

・爪との温度差が気泡の原因になっていることも

出典:photoAC

特に体温が高い人は注意をした方がよいことがあります。それは、ネイルと体温の温度差。
体温が高いと、ネイルとの温度差があり気泡ができやすくなるそう。ネイル前に手を洗うときに水で洗うようにしたり、わざと爪を冷やしておくとよいですよ。

・爪の表面に凸凹があると気泡が入りやすい

出典:photoAC

爪の表面が凸凹していると気泡ができる原因に。ネイル前にはしっかりとケアし、爪の表面を滑らかにするよう心掛けましょう。

◆気泡が入らないコツやポイントは?

それでは、そもそも気泡が入らないようにネイルを塗るにはどうしたらよいでしょうか。
気をつけたいポイントをご紹介します。

・ネイルケアをきちんとする

出典:photoAC

気泡が入らないように塗るには、まずネイルを塗る前の準備段階も大切です。
エメリーボード(爪やすり)を使い、一定方向に動かして爪の長さ・形を整えます。そして、爪の表面を整えるため、スポンジバッファーを使って凸凹をなくします。その後シャイナーを使って爪をツルツルの状態になるように磨きます。
爪の表面はとてもデリケートなので削り過ぎに注意してやさしく整えましょう。ジェルネイルのオフの際にも、アクリルファイルなどを使って丁寧にジェルを削ります。この工程を大切にすることが、気泡だらけ…なんて失敗を防ぐコツです。

・ベースコートを塗る

出典:photoAC

爪の形や表面を整えたら、次はベースコートを塗りましょう。いきなりマニキュアやジェルを塗るのではなく、ベースコートをきちんと塗ることでより爪の表面が滑らかになります。滑らかな表面には気泡も入りにくいですよ。

・強い風を当てない

出典:photoAC

ネイルを早く乾かしたいからと思い、ドライヤーの冷風を当てていませんか?自然乾燥よりネイルが早く乾くというメリットがありますが、ドライヤーの強い風を当てるることで気泡ができてしまうこともあります。早く乾かしたい場合は、やさしい送風でネイルを乾かす「ネイル乾燥機」などを利用するのがおすすめですよ。

◆気泡が入らないようにするネイルの塗り方は?

それでは、ネイルを塗るときはどんなポイントに注意したらいいのでしょうか。

・塗るたびにハケをしごく

出典:筆者撮影

ベースコート・マニキュア・トップコートは、塗る度にボトルのふちでハケをしっかり押しつけ開くようにしごいて余分な空気を取り除いてから塗りましょう。また、ハケをおもいきりボトルに突っ込んで出し入れするのもハケの間に空気を入れてしまう原因になるので、ハケはそっとボトルに出し入れするように注意してくださいね。

・薄く重ねるように塗る

出典:photoAC

色に惚れ込んで購入したマニキュアは、ついついその色を求めて一気に厚く塗りがちです。
けれど、これも気泡が入る原因に。発色を良くしたい場合も、丁寧に薄く重ねるように塗るのがポイント!

・トップコートを塗るときにはハケの使い方に注意!


カラーマニキュアはきれいに仕上がったのに、トップコートを塗ったら気泡ができた!という失敗が多くあるようです。それは、トップコートを同じ場所に何度もベタベタと塗ってしまうことが気泡の原因に。トップコートは一気にサッと一定方向に塗りましょう。トップコートは二度塗りすると、しっかりきれいにツヤがでますよ。

◆気泡ができたときに修正する方法はあるの?

気泡ができないよう気をつけていても、できてしまうこともあります。
そんなときはどうすればよいでしょうか?気にしないという選択肢もありますが、気泡だらけだとそうはいかないもの。できてしまった気泡の直し方を紹介しますね。

・気泡をはじいてなかったことにしてしまう!


気泡だらけ…けれどマニキュアはまだ乾いていない。それなら、ハケで気泡を先の方に押し出してみましょう。この方法は塗りむらになることがあるので、そのときはさらに重ね塗りを。
すでに乾き始めているなら、つまようじやウッドスティックで気泡をつぶすという方法もあります。このときも、上から重ね塗りをするときれいに仕上がりますよ。

・除光液を使ってなじませる


気泡ができてしまったときには、指先に除光液を少量取り、気泡の部分をポンポンと軽く叩いてなじませます。そうするとネイルが溶けて平らになります。ネイルがはげてしまった場合はその上から塗り重ねましょう。

◆気泡ができてしまった!ごまかす方法は?

できてしまった気泡にネイルアイテムをプラスして、おしゃれにごまかすこともできますよ!

・ラメやアートシールで目立たないようにする

出典:いまマネしたいさくらネイル♡上品・華やかデザイン2タイプを紹介 @ nailroomarudyさん

できてしまった気泡をごまかすには、ラメやアートシールが大活躍!ラメを上から重ねれば、気泡もなかったことに。画像のようにシェルを使うのもおすすめです。
ラメやシェルの配置次第で、気泡をごまかしたどころかよりおしゃれなデザインに仕上がる可能性もありますよ♡また、ネイルパーツを置くときに浮きがあるままトップコートを塗ってしまうとパーツのまわりに気泡ができてしまうで、しっかりとネイルパーツを貼りつけてからトップコートを塗りましょう。

出典:全部100均のネイルシール♡ぶきっちょさんでもできるデザイン集@selfnail.maimai さん

こちらは100均のアートシールを使ったネイルデザインです。100均にもおしゃれなアートシールがたくさんあるので、普段から常備しておくとよいですね。

シンプルなネイルほど、気泡ができてしまうと目立つもの。ラメやアートシールを使うのが難しいオフィスネイルには、気泡ができにくいマニキュアを使うのもおすすめです。「パラドゥのお直しネイルは気泡が入りにくい!」など、実際にアイテムを使った人の口コミをチェックしてみてもいいですね。

◆気泡にがっかり…そんな悩みから解放されよう!

出典:photoAC

サロンのようなきれいな仕上がりにしたいのに、気泡のせいで…。塗り直しするのも面倒…。なんて悩みからは、ご紹介した方法を試して解放されましょう!
気泡ができにくい塗り方は、ちょっとしたことがポイントとなっています。これくらい、と手を抜かずに、ポイントをしっかりと押さえて素敵なネイルに仕上げてみてくださいね。

MACHA

1歳の女の子の子育て奮闘中!ネイル検定1級・ジェルネイル検定上級・衛生管理士取得し、執筆にも生かしつつセルフでネイルを楽しんでいます!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!