Facebook Twitter Instagram

出典:photoAC

Beauty

ネイルに気泡が入ってしまう!そんな悩みはこれで解決☆

セルフネイル初心者という方も、ベテランです!という方も、セルフネイルでこれが困る…という悩みがありませんか?
そんな悩みのひとつである“気泡”。せっかくきれいに仕上がりそうだったのに、気泡が入ってしまってやり直し、そんな経験ありますよね。
今回は気泡に注目し、なぜ気泡ができてしまうのか、気泡が入らない方法やごまかし方などもご紹介します。目指すはサロン級の仕上がりです♡

◆ネイルに気泡が…それには理由がある!

ネイルに気泡が入ってしまうのは、理由があります。この理由を知れば、気泡を防ぐこともできますよね。
まずは気泡が入ってしまう理由をご紹介します。

・塗る前にマニキュアのボトルを振っている

出典:インテグレートのグレイシィネイルで指先から色気漂う女性に @yukayoucafeさん

瓶の中で均一に混ざるようにと、塗る前に瓶を振っていませんか?
瓶を振ってしまうと、空気を含んで気泡の原因になります。瓶は振るのではなく、手のひらの中で転がせば大丈夫です。

・爪との温度差が気泡の原因になっていることも

出典:photoAC

特に体温が高い人は注意をした方がよいことがあります。それは、ネイルと体温の温度差。
体温が高いと、ネイルとの温度差があり気泡ができやすくなるそう。ネイル前に手を洗うときに水で洗うようにしたり、わざと爪を冷やしておくとよいですよ。

・爪の表面に凸凹があると気泡が入りやすい


爪の表面が凸凹していると気泡ができる原因に。ネイル前にはしっかりとケアし、爪の表面を滑らかにするよう心掛けましょう。

◆気泡ができてしまった!ごまかす&修正する方法は?

気泡ができないよう気をつけていても、できてしまうこともあります。
そんなときはどうすればよいでしょうか?気にしないという選択肢もありますが、気泡だらけだとそうはいかないもの。
できてしまった気泡を後からごまかす方法と、修正する方法をご紹介しますね。

・ラメやアートシールで目立たないようにする

出典:いまマネしたいさくらネイル♡上品・華やかデザイン2タイプを紹介  @ nailroomarudyさん

できてしまった気泡をごまかすには、ラメやアートシールが大活躍!
ラメを上から重ねれば、気泡もなかったことに。画像のようにシェルを使うのもおすすめです。ラメやシェルの配置次第で、気泡をごまかしたどころかよりおしゃれなデザインに仕上がる可能性もありますよ♡

出典:全部100均のネイルシール♡ぶきっちょさんでもできるデザイン集 @ maimai_shufunail さん

こちらは100均のアートシールを使ったネイルデザインです。100均にもおしゃれなアートシールがたくさんあるので、普段から常備しておくとよいですね。
シンプルなネイルほど、気泡ができてしまうと目立つもの。ラメやアートシールを使うのが難しいオフィスネイルには、気泡ができにくいという口コミのマニキュアを使うのもおすすめです。例えば、“パラドゥのお直しネイルは気泡が入りにくい!”という口コミもありましたよ。

・気泡をはじいてなかったことにしてしまう!


気泡だらけ…けれどマニキュアはまだ乾いていない。それなら、ハケで気泡を先の方に押し出してみましょう。この方法は塗りむらになることがあるので、そのときはさらに重ね塗りを。
すでに乾き始めているなら、つまようじやウッドスティックで気泡をつぶすという方法もあります。このときも、上から重ね塗りをするときれいに仕上がりますよ。

◆気泡が入らないようにするネイルの塗り方

それでは、そもそも気泡が入らないようにネイルを塗るにはどうしたらよいでしょうか。
気をつけたいポイントをご紹介します。

・【ポイント1】ネイルケアをきちんとする

出典:photoAC

気泡が入らないように塗るには、まずネイルを塗る前の準備段階も大切です。
やすりを使い、なでるように形を整えます。そして、もちろん爪の表面も。凸凹が気泡の原因になることもあると伝えましたね。
爪の表面はバッファーなどを使って整えておきましょう。ジェルネイルのオフの際にも、アクリルファイルなどを使って丁寧にジェルを削ります。この工程を大切にすることで、気泡だらけ…なんて失敗を防ぐことができます。

・【ポイント2】ベースコートを塗る

出典:photoAC

爪の形や表面を整えたら、次はベースコートを塗りましょう。いきなりマニキュアやジェルを塗るのではなく、ベースコートをきちんと塗ることでより爪の表面が滑らかになります。
滑らかな表面には気泡も入りにくいですよ。

・【ポイント3】薄く重ねるように塗る

出典:photoAC

色に惚れ込んで購入したマニキュアは、ついついその色を求めて一気に厚く塗りがちです。
けれど、これも気泡が入る原因に。発色を良くしたい場合も、丁寧に薄く重ねるように塗るように心がけましょう。

◆気泡にがっかり…そんな悩みから解放されよう!

サロンのようなきれいな仕上がりにしたいのに、気泡のせいで…なんて悩みからは、ご紹介した方法を試して解放されましょう!
気泡ができにくい塗り方は、ちょっとしたことがポイントとなっています。これくらい、と手を抜かずに、ポイントをしっかりと押さえてみてくださいね。

しろ

雑貨屋勤務の経験もある雑貨好き♡時間を見つけてはインスタでおしゃれなインテリアを見るのが楽しい時間。いったん落ち着いていた我が家のインテリアを、北欧風に変えようと試行錯誤中です。
【Instagram】_shiro9

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp