出典:@ kiitos___homeさん

Lifestyle

突っ張り棒がクローゼットでも大活躍!収納力がアップする使い方とは?

クローゼットの収納って、みなさん悩みどころではないでしょうか?決められたスペースにいかに上手に物を収めるか…まるでパズルのようにも思えてきますよね。そんなときに活用したいのが、突っ張り棒。突っ張り棒をクローゼットに使う方法は、目隠しカーテンのためだけではないのです。突っ張り棒を使うと、ちょっとしたデッドスペースに収納場所をつくることができます。

今回は、突っ張り棒を駆使したクローゼット収納のアイデアをお伝えしたいと思います。

■突っ張り棒でクローゼットを大改造されたアイデア集

突っ張り棒をクローゼットに使用してDIYをされている実例を、インスタグラムからご紹介します。

・突っ張り棒をクローゼットに使った活用法


<棒タイプ>

出典:@ nico_niicooooさん

クローゼットの手前のデッドスペースを活用されているのは@nico_niicooooさんです。クローゼットの柱と奥の壁に突っ張り棒を渡すことで、カバンやベルト、小物を収納する場所ができています。使っていなかった空間に、突っ張り棒を使うことで収納スペースが増やすことも可能ですね。

出典:@ m.m_2009さん

突っ張り棒は突っ張って使用するという概念を覆す、新しいアイデアを実践しているのは@m.m_2009さんです。

出典:@ m.m_2009さん

備えつけのハンガーポールだと、お子さんが自分で服をかけるには高さが高すぎるため、ひもで突っ張り棒をつるして、子どもの手の届く高さに突っ張り棒を調整されています。これなら子どもが自分で支度をすることができるので、ママの負担も減らせそう!すばらしい活用法ですね。

<棚タイプ>

出典:@ shirokuma311さん

こちらは縦につっぱって棚をつけられた@shirokuma311さんの例です。パーツが多く組み立てが大変だったそうですが、物が取り出しやすくなり、壁面収納によってスペースが広がったようにも感じられるようですよ!
また、棚ができたことで、帽子やカバンなどを置くスペースにも使えるようになりますね。

<支えがあるタイプ>

出典:@ kozue._.picさん

@kozue._.picさんのクローゼットの中段に使われている突っ張り棒。中央に支えがついています。長めの突っ張り棒はどうしても中央付近がたわんでくるものですが、こちらは、中央の支えによって、たわみを防ぐ優れもの。幅のあるクローゼットにはおすすめの突っ張り棒ですよ。

■クローゼットで使うなら、どこの突っ張り棒がおすすめ?

出典:mamagirl2017夏号

突っ張り棒をクローゼットに使う場合、どこでどんなものを購入するのが良いのか悩みますよね。そこで、用途別におすすめの商品を紹介します。

・楽天で購入できる縦横伸縮押入れハンガー

出典:@ kiitos___homeさん

突っ張り棒をクローゼットで使うのに人気を集めている商品が『Rakuten(楽天)』で販売されている「縦横伸縮押入れハンガー」です。通常のハンガーラックだと、万が一倒れたときが心配ですが、こちらの商品は縦に突っ張れるので倒れる心配もなく安心して使えます。また、縦タイプなので、横に突っ張ることが難しい場所にも使えるところもポイントです。
サイズがさまざまあるので、使用する場所の長さを計って、合うものを見つけてくださいね。

・ニトリの強力つっぱりポール


突っ張り棒をクローゼットで使う場合には、ある程度の耐荷重が必要になってきますが、『NITORI(ニトリ)』にある「強力つっぱりポール」は、強力なバネが中に入っていて落ちにくい構造になっていますよ。
・110cm~190cm 694円(税抜)耐荷重15kg~26kg
・170cm~280cm 879円(税抜)耐荷重8kg~15kg
などがあるので、気になった方は店頭で見てみてくださいね。

■100均の突っ張り棒は落ちる?落ちない工夫と取りつけ方

出典:photoAC ※写真はイメージです

100均の突っ張り棒をクローゼットに使うと、落ちる可能性があるから心配…と思われている方がいるかもしれませんね。100均で売られている突っ張り棒は、ホームセンターなどで売られているものよりも、中に入っているスプリングが弱い可能性もありますが、突っ張り棒の耐荷重を守ることと、突っ張り棒の正しいつけ方をすることで、落ちにくくなります。
また、『Daiso(ダイソー)』の突っ張り棒の中には、耐荷重が40kgの「強力ツッパリポール」があるので、クローゼットの中でも安心して使えます。

・突っ張り棒の正しい取りつけ方


突っ張り棒をつけるときには、みなさんどのように設置されていますか?突っ張り棒を縮めておいて、伸ばしながら突っ張っているという方もいるのではないでしょうか。実は、それでは突っ張り棒の特性が生かしきれておらず、残念ながら突っ張り棒が落ちてしまうことにもなってしまうんです。
突っ張り棒の正しい取りつけ方は、突っ張り棒をあらかじめ取りつける場所の長さよりも少しだけ長めに設定しておきます。突っ張り棒の中にスプリングが入っているので、スプリングの力を利用して、押し込んで離すように取りつけると、100均の突っ張り棒でも比較的落ちにくくなりますので試してみてくださいね。

・落ちない工夫をしてさらに万全に☆

出典:@ sayaka_j89さん

正しい取りつけ方をしていても、落ちてしまう可能性がなくなったわけではありません。そこで耐震マットを利用して落ちにくくする方法もあります。耐震マットを壁と突っ張り棒の間に挟むことで、耐震マットの摩擦力により、100均の突っ張り棒でも落ちにくくなります。
@sayaka_j89さんはトイレの突っ張り棒に使用されていますが、家中の突っ張り棒に利用できるアイデアですね。耐震マットは100均でも購入でき、切って使うことも可能ですよ。

クローゼットの中で突っ張り棒を使うときにも実践したいアイデアです!

■突っ張り棒を上手に使って収納力アップ

出典:クローゼット収納のお悩み解決!便利アイテムにも注目 @ sayaka_j89さん

突っ張り棒を使うと、少しのすき間にも収納スペースを作れますね。限られた空間であるクローゼットにこそ使ってほしいアイテムです。突っ張り棒をクローゼットに設置する簡単DIY、ぜひトライして、ステキな収納を目指してみてはいかがでしょうか。

はるか

小学生男子のママで、休日はドライブを楽しんでいます。子供の影響で星空に興味を持ち始め、神秘的な世界に引き込まれています。手芸が趣味で時間があればチクチクするのが楽しみです。

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!