出典:@ mari_ppe____さん

Lifestyle

突っ張り棒の支えで役立ち度アップ!落下防止に役立つ工夫のあれこれ

収納場所を作ったり、目隠しカーテンやのれんのつりさげになったりと、出番の多い突っ張り棒。100均にも種類が多く、便利で役に立つアイテムにもかかわらず、突っ張り棒の弱点は落ちやすいところです。みなさんも、一度は経験がありませんか?きちんと設置したはずなのに、朝起きたら、また外出から帰ったら、ガッシャン…なんて。

そこで、突っ張り棒の落ちる原因を探ってみました。原因究明と対策で突っ張り棒が落ちてしまう問題を解決しましょう!

■突っ張り棒が落ちるのはどうして?原因はひとつじゃない!

出典:photoAC

突っ張り棒が落ちる原因は、取りつけ方や突っ張り棒自体に理由があったり、突っ張る壁側の問題などがあげられます。詳しく見てみましょう。

・突っ張り棒が斜めになってとりつけられている


突っ張り棒が壁に対して垂直になっていない場合、突っ張る力が壁に対して均等に伝わりません。壁に均等に力が伝わらないと、力の強いところと弱いところができてしまいます。すると、力の伝わりの弱い所から、少しずつ突っ張り棒がずれていき落ちてしまうことになるのです。

・耐荷重の問題は、突っ張り棒をのばす長さにも関係あり!

出典:photoAC

突っ張り棒のパッケージには、突っ張り棒の許容範囲の長さと耐荷重が明記されています。長さについては取りつける場所の長さがその突っ張り棒で対応しているかを確認します。耐荷重は突っ張り棒が支えるのに耐えられる重量のこと。突っ張り棒が一番短いときの耐荷重が記載されているので、突っ張り棒を伸ばしていくとそれよりも耐荷重は減っていくと考えておくと良いでしょう。突っ張り棒はパイプ2本でできていて、2本のパイプが重なっている長さが多いほど強度が上がり、重さにも耐えられるというわけです。
突っ張り棒を取りつけたら、ついついたくさんの物を置いたり、つり下げたりしてしまいがちですが、耐荷重をオーバーしてしまうと、突っ張り棒が重さに耐えられなくなり落ちてしまいます。

・取りつけている壁の強度や材質も関係する


突っ張り棒を設置するときには、突っ張り棒を支えてくれる壁の存在も大切なのです。壁の材質によっては、突っ張り棒の突っ張る力に壁が負けてしまい、壁に穴があいてしまう可能性があります。
取りつける壁がタイルのようなツルツルした素材だと、摩擦力がないので、突っ張り棒がすべってしまい落ちてしまう原因にもなります。

■突っ張り棒の落下防止策は?意外に知られていない正しい設置方法

出典:mamagirl2018秋号

突っ張り棒の落下を防ぐためには、突っ張り棒の正しい設置方法を知ることが必要です。ポイントを確認してみましょう!

・突っ張り棒を正しく設置するために大切なこと

出典:@ yagigigi1234さん

突っ張り棒を正しく設置するために、気をつけたほうが良いポイントがあります。

<設置場所と突っ張り棒の長さは大切!>
設置場所の長さは、突っ張り棒の許容範囲以内か確認しましょう。突っ張り棒の中にはスプリングが入っていて、スプリングの力が突っ張る力になるので、突っ張り棒を最大に伸ばしきっていては力が発揮できないのです。

<突っ張り棒は壁に対して垂直になっている?>
突っ張り棒が壁に対して斜めに設置されていると、落下の原因になります。垂直になっているか確かめましょう。水平器はスマホのアプリなどにもあるので活用されてみることをおすすめします。

<突っ張り棒を設置する場所の壁は大丈夫?>
壁が薄かったり、柱のない場所だったりすると、壁に穴の開く可能性も否めません。押し入れやクローゼットなど見えにくい場所の場合は、プレイマットなどを使って壁を補強することで、壁に穴が開くのを防ぐことができますよ。

・突っ張り棒の正しい設置の仕方


それでは、突っ張り棒の正しい設置方法について見てみましょう。

1.設置する前に、突っ張り棒を設置する壁の長さより1~2cm伸ばしておきましょう。
2.突っ張り棒の左側を壁に当てて、右側の先を押し込むようにしながら、スライドさせて設置位置まで持っていきましょう。
(左利きの方は、左右逆で、作業されることをおすすめします)

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]