出典:@ amoria______さん

Fashion

ジーンズの種類まとめ!形、色別などに人気16種類を徹底紹介

レディース・メンズ問わず、ジーンズはファッションアイテムの定番です。たくさんの種類があり、どれが自分に似合うのかわからず迷ってしまうこともありますよね。なんとなく買ってみたけど上手く着こなせない、どんなコーデと相性が良いのかわからないなど、ジーンズに関する悩みがある人も少なくありません。そこで今回はジーンズの種類や着こなしポイントなどをまとめてみました。

いろんな種類のジーンズを知ってデニムコーデのバリエーションを増やせば、おしゃれがもっと楽しくなりますよ!

■ジーンズの種類!選び方&着こなし方も

ジーンズにはどんな種類があるのでしょう。あわせて、どう着こなせば良いのかもチェックしていきましょう!

・【ストレート】もたつきに注意してハンサムな着こなしを

出典:@ mgm______2427さん

太ももから裾までの太さが均一になっているのがストレートジーンズです。ブランドによっては、レギュラーフィットと表現されることもあります。
また、細めのものは「スリムストレート」、太めのものは「ルーズストレートデニム」と、さらに細かく分類されることも。
ストレートジーンズは、ふくらはぎも太ももも同じ太さ。そのため、太ももに合わせると裾がもたついてしまいます。ストレートジーンズを選ぶときは、ふくらはぎのシワがあまり出ないかどうかチェックしましょう。
靴をジーンズと同系色で合わせると、ふくらはぎのもたつきが強調されにくくなりますよ。メンズっぽくカジュアルに着こなせるジーンズタイプのため、フィット感のあるTシャツと相性抜群!どこかに女っぽさを加えるのが、おしゃれさを出すコツです。

・【スリムフィット】太すぎず細すぎないちょうどよさ

出典:mamagirlLABO@ 223.ceさん

裾にかけて細身になったシルエットが、スリムフィットジーンズです。足をきれいに見せてくれるうえ、腰回りにゆとりがありストレスなくはけるのがスリムフィットの魅力。ストレートよりもすっきり着こなせ、スキニーのように細すぎないちょうどよさが、人気の理由です。
選ぶときのポイントは、適度なゆとりがあるかどうか。特に太もも部分がぴったりしすぎてしまうと、スリムフィットの良さが半減してしまいます。
上品にもカジュアルにも着こなせるジーンズのため、トップスを選ばないのもスリムフィットならでは。定番デニムとして1つ持っておくと重宝します。

・【スキニー】太ももと足首に注意して上品に着こなしを

出典:mamagirlLABO@_______mikki.nさん

スキニーとは、太ももから足首まで肌にぴったりとフィットした細身パンツのことです。スリムタイプのストレートジーンズと同じだと思われがちなスキニージーンズですが、違いは太ももからつま先までの幅。先細りのシルエットになっているのがスキニーの特徴です。
選ぶときのポイントは、フィット感。太ももにゆとりが出てしまうと、太って見えてしまう原因にもなります。ちょっとキツいくらいのものを選ぶのがおすすめ!体のラインを拾いやすいため、スタイルアップのために足首を出してヒールのある靴をはくといいでしょう。上品なブラウスやオーバーサイズのシャツなど、キレイめにもカジュアルにも着こなせる着回し力のあるジーンズタイプです。細身のトップスより揺れ感のあるトップスや大きめサイズのトップスを合わせて、Yラインを意識したコーデをしてみてくださいね。

・【テーパード】ウエスト位置に気をつけてこなれた着こなしに

出典:@ ko.wearさん

テーパードとは、「段々細くなっていく」という意味で、その名前のとおり裾に向かっていくほど細くなっているのが特徴です。お尻や太もも回りはゆったりとしていて足首部分は細いので、スタイルアップできる形としても人気を集めています。
選ぶときのポイントは、ウエストの高さです。ウエストと足首は締まっている数字の「0」のようなシルエットのため、ウエストの位置が低いと0の形がつぶれ、脚が短く見えてしまうことも…。ウエスト位置を高くすることで脚長効果も期待できますよ。
そのためテーバードジーンズは、トップスをウエストインして着こなすのが◎。ウエストを隠してコーディネートすると、せっかくのテーパードの形がもったいない!フロントだけでもトップスをインしてしっかり形を見せましょう♡

・【ルーズフィット】ゆとりに気をつけて女っぽく着こなして

出典:@ amoria______さん

ルーズフィットとは、足の形を拾わないゆったりシルエットのジーンズのこと。ボーイフレンドデニムという名前で呼ばれることもある、メンズライクな着こなしを叶える人気の形です。
選ぶときに気をつけたいのが、ダボっとしすぎないかどうか。ゆったりとしたシルエットだからこそ、女性ならではの華奢さを出すのがおしゃれ見せのポイントです。ロールアップしたりタック入りを選んだりして、キレイ見えするものを選びましょう♡
メンズライクに寄せすぎると少年っぽくなりすぎてしまうため、コーデを組むときは女性らしくまとめると◎。華奢パンプスやアクセサリー、ブラウスといった女っぽアイテムを投入して、バランス良く着こなしてみてくださいね。

・【ワイドデニム】着太りに注意してコンパクトな着こなしを

出典:@ strawberrychakoさん

ワイドデニムのジーンズとは、名前の通りお尻から裾までワイドに広がったもの。大人っぽいカジュアルスタイルにぴったりのジーンズです。全体的にゆったりとしたシルエットで、下半身の体型に悩む人の救世主になることも。
選ぶときは裾の長さがポイントに。足首が見える丈のものだと、子どもっぽく見える場合や脚が短く見えてしまうこともあるため、しっかり長めを選ぶのがおすすめです。
ヒール合わせでキレイめに、スニーカー合わせで定番カジュアルにと、足元次第でイメージを変えられますよ。また、ウエストラインはしっかり出したコーデが相性抜群!太めのレングスと相まって、よりウエストの細さが強調できます。それに合わせてトップスはコンパクトにまとめると、ワイドパンツ初心者さんでも簡単におしゃれに着こなせますよ。

・【フレア】長さ&太さを意識してトレンドの着こなしを

出典:mamagirlLABO@ 223.ceさん

過去にトレンドになったブーツカットパンツが、数年前からフレアパンツと呼び名を変え、人気が再燃しています。ひざ下から裾に向かって広がるシルエットが、フレアパンツの特徴。裾がフリンジになったものや縦にカットされたものなど、裾のデザインで個性を出すこともできます。
全体的に細身のシルエットを選ぶのが、今っぽさを出すポイントです。スキニー以上ワイド未満のものを選びましょう。長すぎると時代遅れ感が出てしまうため、足首くらいの裾丈がおすすめです。
また、フレアパンツコーデは合わせる靴選びが重要!足首が見える裾丈ならすっきり見せるフラットシューズ、少し長めの裾丈なら下重心を軽減するヒールのある靴を合わせるのが良いでしょう。

・ジーンズの裾デザインで古着のような味わいに<カットオフ>

出典:mamagirlLABO@ 223.ceさん

カットオフジーンズとは裾をラフにカットし、切りっぱなしになったデザインのこと。どんな種類のジーンズであっても、カットオフなだけで古着のような味わいを出せますよ。クラッシュデニム×カットオフなら、さらに古着感が高まります。
カジュアルさを出せるのが、カットオフジーンズの魅力!思い切りメンズライクに寄せるもよし、女っぽさを加えるもよし♡自宅のデニムをカットして、カットオフジーンズを自作してみるのも良いでしょう。

・ジーンズの股上の種類にも注目<ハイライズ/ローライズ/ミッドライズ>

出典:mamagirlLABO@ 223.ceさん

ジーンズのシルエットだけでなく、股上にもトレンドがあります。

<ジーンズの股上の種類>
ローライズ…股上が浅い
ハイライズ…股上が深い
ミッドライズ(レギュラーライズ)…普通の股上

今のトレンドは、ハイライズジーンズ。ウエスト部分が高くなるため、スタイルアップ効果が期待できます。ただし、トップスをインして股上部分を見せないと意味がありません。ハイライズを強調したいなら、トップスをふんわりインしてすっきり着こなすのがおすすめです。
ただし、ハイライズは腰高になる分どうしても骨盤周りがあらわになってしまうため、腰やお尻のサイズが気になる人には不向きです。腰回りが気になるなら、スタンダードでトレンドを問わないミッドライズのジーンズがベター。

■ジーンズの色別の印象!おすすめコーデも

ジーンズの色によって、与える印象も変わってくるんです。

・美しい濃い色が特徴のインディゴブルー

出典:mamagirlLABO@_aym1208w_さん

黒に近い濃いブルーをインディゴブルーといいます。デニムと言えばカジュアルなイメージですが、インディゴブルーはカジュアル感がやや低めな印象。シャツやブラウスなど、かっちりしたアイテムがよく合います。
スキニーのような細身のタイプであれば、オフィス向けのきれいめコーデがしやすいカラーです。ダークカラーなので引き締まったスマートな雰囲気も出せます。

・定番カラーのブルーデニム

出典:@strawberrychakoさん

ブルーは、デニムの定番カラー。どんな色やトップスにも合わせやすく、着回し力を重視したい人におすすめ♡白や黒と合わせて大人っぽく、ラベンダーやピンクと合わせてガーリーに、ベージュやカーキでカジュアルに…。と、幅広く楽しめるカラーです。
また、ブラウスやシャツなどの上品な装いや、Tシャツやトレーナーでメンズライクなど、ジャンル問わず着こなすことも。ジーンズに苦手意識のある人や、初めて挑戦する人はブルーから取り入れると良いですよ。

・カジュアル感の強いさわやかなライトブルー

出典:@ amoria______さん

デニムカラーの中でもカジュアル感が特に強いのが、ライトブルーです。さわやかな色合いなので春夏コーデとの相性は抜群。色自体はカジュアルですが、細身のシルエットのジーンズにトップスはキレイめなブラウス、シューズは少しヒールの高いパンプスを合わせれば、キレイめコーデも可能です。

・清潔感あふれるホワイトジーンズ

出典:mamagirlLABO@_______mikki.nさん

清潔感あふれるホワイトは、年中使えるおすすめアイテム。軽やかな印象なので春夏コーデはもちろん、ダークカラーで重たくなりがちな冬のコーデにも最適。
今季なら同じようなトーンのトップスと合わせて、ワントーンコーデを意識しても◎。

・クールでかっこいいブラック

出典:@ayapurimiさん

大人っぽくクールな印象のブラックジーンズ。カジュアルからキレイめまで幅広い着こなしができますよ。おもいっきりカジュアルを楽しみたいならロングTシャツやスニーカーと合わせるのがおすすめです。
キレイめコーデにしたいときはブラウスを、リラックスした雰囲気に仕上げたいときは、ワンピースに仕込んでもかわいいですよ。
 

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]