出典:@ maab_hatさん

Fashion

帽子はハンドメイドできる?作り方や必要なもの、みんなの作品を紹介☆

ハンドメイドの洋服や小物はよく目にしますが、実は帽子もハンドメイドできるんです!一見難しそうに見える帽子ですが、種類によっては簡単に作ることも可能。手作りの帽子は頭のサイズにぴったりと合い自分好みのものにできますよ。この記事では帽子を作る際必要なものや、種類別の作り方、みんなが作った帽子を紹介します。それでは早速チェックしましょう。

■初めての帽子作りに挑戦!必要なものは?

出典:@photoAC

帽子の種類によっては必要なものが変わってきますが、ここでは布タイプの帽子作りに必要なものを紹介します。

<必要なもの>
・布(リバーシブルや裏地をつける場合は別でもう一枚用意する)
・裁縫セット
・裁ちばさみ
・ミシン(手縫いの場合は不要)
・型紙
・画用紙(型紙を写してカットすると使いやすい)
・接着芯
・あごひも用ゴム(子ども用などで必要な場合のみ)

一般的には上記のものがあれば作成可能ですが、種類によっては必要なアイテムが増える場合もあります。作りたい帽子の種類をチェックして、必要なものをそろえてから作りましょう。

■帽子の作り方を種類別に紹介

出典:@photoAC

ここでは帽子の作り方を種類別に紹介します。気になる形の帽子があればチェックしてみてください。

・キャップ型の帽子

出典:@photoAC

<作り方>
キャップ型の帽子を作る際には6角形にカットした布を2枚用意します。2枚の布を重ね合わせ、布の際ギリギリを縫いつけましょう。縫った布を頭の大きさに合わせて織り込み、かぶれるサイズに仮縫いします。サイズ調整ができたら仮縫いの部分をしっかりと縫いつけましょう。
その後、キルト芯をつばの深さにカットし周りに布を縫いつけます。布のついたキルト芯をつばにしたい部分の頭囲に縫いつけ、キルト芯を固定するための内側にベルトをつけたら完成です。

・チューリップハット型の帽子

出典:@ maab_hatさん

こちらは@maab_hatさんが作ったチューリップハット。とってもかわいいデザインですよね。ハンドメイドに慣れてきたらこんなデザインに挑戦してみてもよさそうです☆
ここでは基本的なチューリップハットの作り方を紹介します。

<作り方>
型紙をカットした布を6枚×2種類用意しましょう。柄の違う布同士を縫いつけ6枚の布にします。その後それぞれの縁を縫いつけハットの形にします。形ができ上がったら縁を丁寧に縫いつけましょう。頭囲部分にリボンを入れる通し口を用意し、リボンを通せばサイズの変えられるチューリップハットができますよ!

通し穴にゴムを通せば脱げにくい帽子ができます。チューリップハットは初心者でも作りやすくおすすめです。

・クロッシェ型の帽子

出典:@ negaiboshi1221さん

こちらのクロッシェ型の帽子は@negaiboshi1221さんのハンドメイド。生地の色や組み合わせで、帽子の印象もだいぶ変わりますよね!
ここでも基本的なクロッシェ型防帽子の作り方を紹介します。

<作り方>
クロッシェを作る際には専用の型紙が必要になります。まず型紙をカットし、クラウン部分を立体的に作りましょう。その後、プリム部分の布を型紙通りカットし、円形になるよう縫いつけます。このときまっすぐゆがみがない状態に縫いましょう。
クラウン部分とプリム部分が完成したらクラウンを頭囲が上になるように向けて置き、プリムが八の字の向きで重ねて待ち針で止めます。縫いつけ終わったらプリムを返して完成です!
しわが寄らないように丁寧に縫いつけることで完成度の高いクロッシェが作れますよ。

・リバーシブルタイプの帽子

リバーシブルタイプは、チューリプハットやクロッシェを応用すると作れます。縫い目が内側にくるように縫いつけましょう!柄の差があった方がより楽しめますよ。帽子づくりになれて来たらチャレンジしてみてくださいね。

帽子はそれぞれ違った型紙が必要になります。ネットで無料ダウンロードできるサイトもあるので便利!ぜひチェックしてみてくださいね。

■帽子作りにおすすめの本ってあるの?

出典:@ ellen_and_twinsさん

帽子作りのための本はたくさん出版されています。初心者のための基礎から学べる本や、簡単に作れる帽子を紹介したもの、上級者向けのこだわりの帽子が作れるものなどさまざまな種類があります。型紙がついているタイプの本はすぐに帽子づくりに取り掛かれるため便利ですよ!本によって特色が違うため自分に合ったタイプのものを探してみてくださいね。
本屋さんはもちろん、「amazon」などのネットサイトで探してみても◎

■かわいいハンドメイド帽子を紹介!

帽子を作っているハンドメイド作家さんは多数います。ここでは作家さんの作ったかわいい作品を2点紹介します。

<こだわりがたっぷり詰まったクロッシェ>

出典:@ negaiboshi1221さん

こちらはパッと目を引くイエローのキッズ用クロッシェです。カッパのフードを嫌がる息子さんが雨の日でもかぶれるように作ったものなんだそう。撥水の生地を表面にし、裏地は汗を吸うようにダブルガーゼを使用。帽子の後ろ側にはかけ置き用のフックや、落とすのを防止するクリップをつけられように輪がついています。使う人の用途に合わせたこだわりの作品ですね♡

<女の子におすすめのガーリーハット>

出典:@ maab_hatさん

こちらの作品はかわいい動物がプリントされたリバティの生地を使用しています。帽子を落としてしまいやすい子どもでも安心して使えるあごひもつき。頭囲もリボンで調節できるため、頭のサイズが変わりやすいベビーでも長く使えますね♡

■帽子作りにチャレンジしよう!

帽子作りはコツが必要ですが、慣れれば簡単に作ることができます。自分の頭にピッタリ合った好みのデザインのものが作れるためおすすめです。今回紹介した作り方を参考に、帽子作りにチャレンジしてみてくださいね。

coco

2歳と4歳の姉妹のママです。子ども服が大好きで、日々ネットでかわいいお店を探しています♡海外のものが好きなので個人輸入も経験あり。これからはハンドメイドに挑戦したいと思っています!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]