出典:@ tekutekuaosan1219さん

Lifestyle

酉の市2019年の日程は?その由来やお祭りが行われる神社をご紹介

酉の市をご存知ですか?毎年11月の酉の日に開催されている、主に関東の神社で盛んに行われている年中行事。たくさんの屋台など賑やかな市が立ち並び、大勢の参拝客が訪れ年の瀬を感じるお祭りです。
なぜ酉の市というのか?由来は?熊手の意味は?など酉の市に関するあれこれを調べてみました。2019年の酉の市、ちょっとのぞいてみましょう!

今回は、酉の市についてご紹介します。屋台や威勢のいい掛け声など、普通のお祭りとして散策するのはもちろんですが、どんなお祭りか知ればより楽しめますよ。

■2019年の酉の市についてご紹介

酉の市のお祭りに関すること、そして2019年の日程についてご紹介していきます。

出典:@ tekutekuaosan1219さん

・酉の市ってなに?どんなお祭りなの?


酉の市は、11月の酉の日に、鷲神社(おおとりじんじゃ)など鳥にゆかりのある各地の寺社や神社で行われるお祭りです。神社によっては、大小さまざまな縁起熊手を飾る露店を始めとした屋台も立ち並び、多くの参拝客で賑わいます。主に関東の神社で盛んに行われている年中行事です。

・酉の市はいつ開催されるの?

出典:@ d.r.a_masaさん

酉の市は例年11月の酉の日に行われます。酉の日とは、十二支を当てはめる古い暦の数え方。十二支なので12日に一度まわってくるため、年によって2回か3回の酉の市が開催されています。
2019年の酉の市は8日と20日の2回。それぞれ「一の酉」「二の酉」と呼ばれます。

・酉の市の由来は?

出典:@ d.r.a_masaさん

酉の市の起源は、鶯神社の祭神である日本武尊(やまとたけるのみこと)が亡くなった日を由来とする説や、鶯妙見大菩薩の出開帳が行われた酉の日を由来とする説など、諸説あります。
また、農民が収穫祭で鶏を奉納し人々が集まるようになったことから、しだいに大きな市が立つようになり、現在のような酉の市の発端となったいう説もあるようです。

・どんなことをするお祭りなの?

出典:@ ryokoryoko27さん

酉の市には、神社では小さな熊手にお札などの飾りをつけた「かっこめ」と呼ばれる「熊手守り」が授与されています。また、参道には飾りつけた「縁起熊手」を並べた露店が立ち並び、商売繁盛の守りとして熊手を求める人々で賑わいます。

熊手は「掃きこむ」ものとのことから「運をかきこむ」という意味となる縁起物。小判や七福神などで飾りつけることでさらに「金をかきこむ」「福をかきこむ」とされ、商売繁盛のお守りとして酉の市にはかかせないものです。

また、縁起物として「八頭」と呼ばれる大きな芋や「切山椒」という餅菓子の屋台が立っている神社もあります。

■酉の市をやっている神社やお寺をご紹介

出典:@ tekutekuaosan1219さん

酉の市は日本各地にある鷲神社(大鳥神社)で行われている行事ですが、大規模なお祭りとして開催されているのは主に関東地方の神社です。中でも台東区浅草の鷲神社、府中市の大國魂神社、花園神社は「関東三大酉の市」と呼ばれ、多くの参拝客が訪れます。

関東を中心に、酉の市を開催している神社や寺社をピックアップしてみました。

・大鷲神社(足立区花畑)

出典:@ ryokoryoko27さん

足立区花畑の大鷲神社は、江戸酉の市発祥の神社と言われています。縁起熊手の屋台はもちろんですが、それ以外にも数多くの屋台が立ち並び、深夜までお祭りが開催されます。

・鷲神社(台東区浅草)

出典:photoAC

浅草の鷲神社の酉の市は、関東三大酉の市のひとつです。浅草酉の市発祥の神社と言われています。ここで開催される浅草酉の市は日本一の規模を誇り、毎年大勢の参拝客で混雑しています。

・大國魂神社(東京都府中市)

出典:@ tekutekuaosan1219さん

大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)の境内には大鷲神社があり、酉の市が開催されています。神楽殿でのお囃子が見られるのも魅力のひとつ。多くの文化財を所有し、参道のケヤキ並木は国の天然記念物にもなっている神社です。参拝客は多いですが他の神社よりも比較的落ち着いています。

・花園神社(新宿)

出典:@ yukaday27さん

花園神社の酉の市は、当日に加え前日に前夜祭が行われます。境内から靖国通りまで数多く並ぶ屋台には、少々怪しげで不気味な日本最後の「見世物小屋」があることで知られて、他にはない独特な雰囲気が魅力です。新宿の真ん中のためアクセスも良く、多くの参拝客で賑わう関東三大酉の市のひとつです。

・練馬大鳥神社(練馬区)


練馬駅近くの小さな神社です。酉の市の当日には、屋台が立ち並び多数の奉納提灯が掲げられ、多くの参拝客で賑わいます。

・金刀比羅大鷲神社(横浜市)


横浜の金刀比羅大鷲神社(ことひらおおとりじんじゃ)でも酉の市が開催されています。たくさんの屋台が立ち並び多くの参拝客で賑わう、横浜の大きなお祭りとなっています。

・長福寺(名古屋市)


名古屋市にある長福寺は七寺とも呼ばれています。関東ほど大規模ではありませんが、酉の市には縁起熊手の屋台や露店が立っています。

・大鳥神社(大阪府堺市)


鎮守の森に囲まれた広い境内の堺市にある大鳥神社は、全国の大鳥神社の総本社です。本殿の造りも美しく、島根の出雲大社についで古いのだそう。広い境内をゆっくりと散策するのもおすすめです。

■酉の市に行ってお祭りを楽しもう

出典:@ tekutekuaosan1219さん

酉の市についてご紹介しました。酉の市の当日は、日が変わったばかりの夜中から深夜まで24時間近く開催されている神社がほとんどです。大きな熊手を見てまわったり屋台を楽しんだりと、散策してみてくださいね。

まあち

小学生の娘のママです。大好きなコーヒーと共に過ごすカフェタイムが至福のひと時♡雑貨やインテリアが好きで北欧へお買い物ツアーに行くのが夢です。
【Instagram】march.jp
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!