出典:筆者撮影

Fashion

ダウンジャケットは洗濯できる?失敗しないための方法をチェック

寒い冬に大活躍のダウンジャケット。汚れが目立たなくても、シーズン終わりにはきれいに洗って収納しておきたいですよね。
クリーニングにまかせがちなダウンジャケットですが、実は自宅で洗濯できるタイプが多いのは知っていますか?
失敗しないためには、タグ表示や素材、洗剤、洗い方を知っておくことが大切です。

毎回のクリーニング代節約のためにも、自宅での洗濯方法をチェックしてみましょう!

■ダウンジャケットは自宅で洗濯できる?

大切なダウンジャケットを自宅で洗濯するために、まずはタグで素材チェック!

・ポリエステルやナイロン製品なら自宅でもできる

出典:筆者撮影

こちらのタグの表地では、表地がナイロンとなっています。

出典:筆者撮影

こちらのタグはナイロンとポリエステル製で、ドライで洗濯するよう表示されています。
表地素材が水洗いできれば洗濯可能なので、必ずタグで確認するようにしてくださいね。
多くのダウンが表地にナイロンやポリエステルを使用しており、この2種類なら自宅で洗濯が可能です。
自宅で洗濯をしないほうが良いのは、シルクやウールなどのデリケートな素材を使っている製品。
デザイン重視のダウンジャケットの場合には、シルクやウール製のことがあるので注意しておきたいポイントです。

・水洗いが難しい素材ならクリーニングへ


シルクやウールなどデリケートな表地の場合には無理せずクリーニングに任せましょう。
洗濯できることもありますが、大切なダウンジャケットの場合は特に失敗できないのでプロの任せるのが無難です。

■洗う前にしておくことは?手早く洗うためには準備が肝心

手早く洗うコツも知っておきたいポイントです!

・ダウンジャケットが入る大きさの洗濯ネットを用意

出典:筆者撮影

まずは、ダウンを傷めないために洗濯ネットを用意しておきましょう。すっぽり入るサイズか確認しておくことが大切です。
洗濯ネットに入れることで洗う際の摩擦が減り、シワや傷みを軽減してくれます。大切な衣類のときには、1枚ずつネットに入れてケアしてくださいね。

・汚れが気になる箇所に洗浄液を塗布し形を整える


襟や袖などの皮脂がつきやすい部分や、目立つ汚れがついてしまった部分は念入りに洗いたいですよね。「こすりすぎると生地を傷めてしまうけど、念入りに洗いたい。」
そんなときには、気になる部分にはあらかじめ洗浄液を原液のまま塗布させておくことで、しつこい汚れも落ちやすくなります。
洗剤を塗布したら、形を整えネットに入れて洗うようにしてくださいね。

・時短のために!洗濯洗剤や柔軟剤の量を測っておく

出典:筆者撮影

出来るだけ短時間で洗濯を終えるために、洗剤と柔軟剤の量を測って準備しておきましょう!
洗面台や大きい洗面器、洗濯槽を使う方もいると思うので、入る水量に合わせて洗剤と柔軟剤の量を調整してくださいね。
手早く洗濯を終えるためには、必要なものを全部そろえておくことが大切です。

■ダウンジャケットは基本的に手洗い

水洗いできるということは洗濯機でも洗えるのでしょうか?

・洗濯機洗いは基本NG!手洗いで大切に洗って

出典:photoAC

手洗いモードがあれば素材によってはできることもあります。しかし、手洗いのほうが素材への負担がより少ないので手洗いのほうがおすすめ。
しかし、ナイロンやポリエステルの表地で、洗濯機マークの表示がある場合なら無理せず手洗いモードに頼るのも◎脱水のときには洗濯機を使いましょう!

・水量も調整できる!洗濯機を使って手洗いするのがおすすめ

出典:筆者撮影

「ボリュームのあるダウンジャケットだと、洗面台があふれそう…。とはいえバスタブだと大きすぎるし…。」という悩みもありますよね。
そんなときには、洗濯機の洗濯槽を使って手洗いするという方法もあります。水量の調整がしやすく深さもあるので洗いやすいですよ!

■どうやって洗うの?ダウンジャケットの洗濯方法

ダウンジャケットの手洗い方法を見ていきましょう。

・こすらずやさしく!押し洗いが基本

出典:筆者撮影

記事前半で紹介した準備ができたら、ファスナーやボタンを閉めてたたみ、ネットに入れてさっそく洗ってみましょう。
水をはった洗濯槽の中に洗剤を入れ、やさしく押し洗いしていきます。全体が洗えたら押すように絞り、きれいな水に換えて軽く押しながらすすいでください。
柔軟剤は、2回目のすすぎのときに入れましょう。ダウン専用洗剤の場合には適度な油分になるよう調整してあるので柔軟剤は不要です。

・脱水は洗濯機で手早くするのが大切◎

出典:筆者撮影

すすぎの後は再度押すように絞り、形を整えてから洗濯機で1分程度脱水をします。
脱水後はすぐに取り出し、ダウンの偏りや全体にシワがつかないように形を整えてくださいね。乾いてからだと形が整わなくなってしまうので“脱水後すぐ”が肝心です!

・生乾きはNG!ムラなくしっかり乾かすための干し方

出典:photoAC

乾燥機に入れてしまうと、ダウンがダマになった状態で乾いてしまい、ふんわり感を取り戻せなくなるので要注意です!
濡れている間に形を整えないとふんわり感が出ないので、時間はかかりますが自然乾燥で形を整えながら乾かしてくださいね。
脱水後はすぐにハンガーにかけて陰干ししましょう。ハンガーは厚みがある方が型崩れしにくくておすすめ。
ダウンが偏っていないか再度チェックしながら、両手で挟むように生地を軽く叩いて整えます。
内側に湿気が残っているとカビの原因になってしまうので、完全に乾かすために2~3日干してくださいね。

■ダウンジャケットにおすすめの洗濯洗剤は?

ダウンジャケットはどのような洗剤で洗えるのでしょうか?

・市販のおしゃれ着洗剤がおすすめ

出典:筆者撮影

普段使いの一般的な洗剤だと、汚れは落ちやすいですがダウン生地を傷めてしまう可能性があります。
大切に洗うために、ダメージの少ない「エマール」や「アクロン」などのおしゃれ着用中性洗剤を選んでくださいね。

・こだわる方はダウン専用洗剤をチェック!


また、最近はダウン専用の洗剤も販売されています。
『mont-bell(モンベル)』の「ダウンクリーナー」や『Grangers(グランジャーズ)』の「ダウンウォッシュ」などは1,000円台の商品で、店舗ではあまり見かけないですが通販で購入できます。
ダウンに必要な油分をキープしてくれて、ふんわり感も失いにくいので、こだわりたい方にはダウン専用洗剤がおすすめですよ!

■ポイントを押さえて、自宅でダウンジャケットを洗おう!

タグ表示のチェックや洗剤選び、乾かし方などのポイントを押さえておけば、失敗なく自宅でダウンジャケットを洗うことができます。
きれいに洗って保管しておくことで、お気に入りのジャケットが長く着られますよ!

isaco

お散歩大好きな1歳男の子のママです。親子遊びネタを増やしながら毎日楽しんでいます。看護師・保健師の資格や経験も活かしながらいろいろな記事を執筆中!

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!