Comic

ロバート山本が息子の行動に感動!「親の背を見て子は育つ」実感した出来事

 

2017年に第一子を授かり、パパとなった、お笑いトリオ・ロバートの山本博さん。息子くんとの生活の中で感じた「?」や「!」をマンガに描き、昨年7月からインスタグラムで発信。そのイラストをもとに、山本さんがパパ芸人ならではの気づきを綴る本連載。

第38回は、「親の背を見て子は育つ」を実感した出来事について。息子くんの成長と、山本さんご自身の経験から思ったこととは?

■令和初日、近所の氏神さまに家族3人で参拝

令和初日の5月1日、家族3人で、家の近所にある神社にお詣りに行ってきました。

その神社では、息子のお宮参りをしたり、初詣のお祓いをうけたり、普段は散歩でも寄らせてもらいます。今年、僕と奥さんは本厄なので厄払いにも行くなど、我が家にとっては「馴染み」の神社になっています。

最初は息子を抱っこしてお詣りに行っていましたが、ベビーカーに乗るようになり、いまでは手をつないで歩いて行く。息子がぐんぐん成長していることを、神様に報告するような気持ちで、いつも鳥居をくぐっています。
受付の方も息子の顔を覚えてくれていて、見かけるたびに「あら、大きくなりましたね」と声をかけてくれるのも嬉しい。

うちには小さな神棚があって、僕は毎日、その神棚の前で柏手を打って礼をし、「今日も家族みんなが、無事に過ごせました」と報告しています。

それを見ていた息子が、いつの間にか、二礼二拍手一礼をマネするようになりました。これはいいぞと思って、「こうやってやるんだよ」と、令和になる前にお詣りの流れをひと通り教えたんです。

令和のお詣りのときはあえて何も言わずに、小銭を渡して様子を見ていました。そうしたら、ちゃんとお賽銭を入れて、鈴(本坪鈴)を鳴らして、二礼二拍手一礼できたんです。息子の完璧なお詣りを見届けて、奥さんと2人でわーっと盛り上がりました。

二礼のときは、地面に頭がつきそうなくらい、深々とお辞儀をしていましたけど(笑)。

令和初日に、家族3人で氏神様へお詣りにいきました。(インスタグラム絵日記5月1日より)

■歴史を教えてくれたおばあちゃんとの思い出

僕が神社によく行くようになったのは、お笑いの仕事を始めてから。
小さい頃は、父方のおばあちゃんがよく神社に連れて行ってくれました。

おばあちゃんの家の近所に、小さな神社があって「祠の中に神様がいるんだよ」って教えてもらったことを覚えています。
「えー!?」ってすき間からのぞきこんだけど、おばあちゃんは「人間には見えないんだよ」って。

その神社の祠の中には、鏡が置いてありました。おばあちゃんはそれを指差しながら、「あれには神様が宿ってるんだよ。人間には誰しも我があって、我があるうちは鏡にしか見えない。我がなくなった時に『かがみ』から『が』がとれて、『かみ』となるんだよ。人間であるうちは鏡にしか見えないよ」って言っていましたね。

その時はまだ、話の真偽はわからなかったのですが、今はそういう考え方の大事さも気づくようになりました。そういった小さい頃の思い出のおかげで、なんとなく神秘的なイメージがあって、今でも神社が好きなんです。


おばあちゃんは歴史に詳しくて、遊びに行くと縁側でお茶を飲みながらいろいろな話をしてくれました。親戚が集まったときに、おばあちゃんが歴史の話を始めると、いとこたちは「ジュース持ってくるね」とか言いながら、1人ずつどこかに行っちゃうんです(笑)。

せっかく話しているのにかわいそうだな……。と思って、おばあちゃんの隣に座ってお菓子を食べながら聞いているうちに、僕もだんだんと歴史に興味を持つようになりました。

今年の春に、お城を巡る番組に出演しましたが、僕が歴史好き、お城好きになったのは、明らかにおばあちゃんの影響。もう亡くなっちゃったんですけど、いまおばあちゃんと話したら、きっと止まらないだろうなと思います。

自宅で練習した甲斐がありました!(インスタグラム絵日記5月1日より)

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]