Beauty

ウェットヘアの正しいやり方は?レングス別でスタイリングのコツも公開☆

大人っぽくかつ、モードな雰囲気が出るウェットヘア。ショート・ボブ・ミディアム・ロングと、長さに関係なくできるヘアアレンジ方法なので、どんな人でもウェットヘアにトライすることができます。
そこで今回は、美容師資格を持つライターmimiがサロンワークの経験を活かして、ウェットヘアの正しいやり方と、長さ別のイメージを紹介!テクニックをマスターして、イメチェンしてみませんか?

ウェットヘアで、大人っぽくクールな印象にチェンジしよう!
 

■ウェットヘアを作る方法は?正しいやり方をマスターしよう

出典:@ tt_kk_mm_ttさん

まずは、ウェットヘアの作り方をチェック。おしゃれ度の高いウェットヘアは、正しい作り方をマスターすることが大切です。

・ウェットヘアってどんな髪型?

出典:@ tt_kk_mm_ttさん

こなれた雰囲気の出るウェットヘアは、ここ数年の間人気の絶えないヘアスタイル。ウェットヘアと言っても、髪を濡らしたままというわけではなく、ウェット系スタイリング剤を使用して“髪が濡れている風にスタイリングする”のが特徴です。
ウェットヘアに仕上げることで、モードな印象の強いヘアスタイルから、大人っぽさの漂う女性らしいスタイルまで、幅広く活用できるのが魅力。シャンプー後の濡れた髪に色気を感じる人が多いように、ウェットヘアは適度なセクシーさも漂うスタイルです。
レングスにとらわれることなく試せるので、どんなヘアスタイルとも相性抜群☆

・ウェットヘアのかわいいポイントとは

出典:@ tt_kk_mm_ttさん

ウェットヘアの魅力は、なんといってもそのおしゃれさ。同じヘアスタイルでも、ウェットな質感を与えるだけで、スタイリッシュな印象へとチェンジします。
つやっぽさと色っぽさが出るので、女性らしい雰囲気がグンとアップ!メンズのウェットヘアにジェンダーレスな雰囲気を感じるのも、色っぽさが出るからなのです。
ウェットヘアは、おしゃれさと色っぽさと上品さが同時に手に入る欲張りヘアスタイル。普段と少し印象を変えたいときなどにも、使えるスタイリング方法です。
 

■ウェットヘアを作る基本のやり方が知りたい!

出典:@ tt_kk_mm_ttさん

ウェットヘアを作るときは、髪が軽く湿った状態でスタイリングするのがベスト。

<ウェットヘアの基本スタイリング>
1.しっかりと髪を濡らした状態からタオルドライを行い、ドライヤーを使って7割ほど乾いたところでスタイリングを始めましょう。
2.髪の長さに合った量のスタイリング剤を手に取り、毛先を中心に塗布。髪が長い場合は、根本と毛先の中間くらいから、スタイリング剤をつけるといいでしょう。
3.髪にスタイリング剤がなじんだら、もう一度ドライヤーを使って髪を乾かします。

<POINT>
前髪や根元に多くスタイリング剤をつけてしまうと、「髪を洗ってない人」のようになってしまうので要注意。前髪や根本には、手に残ったスタイリング剤を少しなじませる程度がおすすめですよ。

 

・ウェットヘア作りにおすすめのアイテムは?


ウェットヘアを作るときには、油分の多いスタイリング剤を使うのがおすすめ!なじみやすいだけでなく、スタイリング剤に含まれる油分が髪にウェットな質感を与えてくれます。ウェットヘアを作るときのスタイリング剤として鉄板となっているのが、ヘアオイルやベビーオイルです。

<Johnson & Johnsonのベビーオイル>

出典:mamagirl2019秋号

画像の商品は、『Johnson & Johnson(ジョンソン・エンド・ジョンソン)』の「ベビーオイル」。赤ちゃんでも使える低刺激タイプなので、ウェットヘアの他に保湿ケアなどマルチに使えます。
価格は、各通販サイトで300mlが800円前後で販売されていて、プチプラで手に入りやすいのも人気の理由。
 

<NANACOSTARのヌレツヤワックス>

出典:@ tt_kk_mm_ttさん

他には、天然成分がメインとなったワックスも人気です。
人気美容師の@ tt_kk_mm_ttさんが紹介するのは、『NANACOSTAR(ナナコスター)』の「【 WAX 】NURETUYA (ワックス ヌレツヤ)」90g・1,650円(税込)。
天然のミツロウが主成分で、手に残ったワックスをそのままハンドクリームとして使えます。

紹介した他にも、ジェル・グリース・ポマードなどもウェットヘアの仕上げに使われていますよ。

 

■ウェットヘアを作るコツをチェック☆

出典:@asuka_wakitaさん

ここでは、おしゃれなウェットヘアを作るコツと長持ちさせる秘訣もを見ていきましょう。
 

・スタイリング剤の使い方が重要

ウェットヘアは、スタイリングの方法を間違えるとダサくてベタついた印象になってしまう可能性も否めません。

おしゃれなウェットヘアを作るには、“適度な濡れ感”を重視すること。
スタイリング剤は、つけすぎても少なすぎてもダメなのです。ギトギトな印象にしないためには、髪の根本を避けてスタイリング剤をつけるのがコツ!
毛先に濡れ感を与える印象でスタイリングをすると、きれいなウェットヘアを作ることができますよ。
 

・濡れツヤ感を長持ちさせるコツは?

出典:@_0_3_1_1_さん

特にダメージ毛の場合は、1種類のスタイリング剤だけでは、半日も経つと髪が乾燥してパサついてきてしまうこともあるでしょう。そんな「ウェットヘアが長持ちしない…」という方には、複数のスタイリング剤を組み合わせて使用する方法がおすすめです。
例えば、ベースはヘアオイルで毛先はワックス、はたまたベースはヘアオイルで毛先はジェル、など、特に乾燥しやすい“毛先を中心”にスタイリング剤をプラスしてみましょう。
画像の人気美容師@_0_3_1_1_さん投稿では、マッシュウルフスタイルにヘアオイルをつけて乾かした後に、ジェルでスタイリングをしているそうですよ。

 

■髪型別のおすすめウェットヘアアレンジをチェック

ここからは、ウェットヘアのヘアスタイルをチェック!自分の長さに似たスタイルをチェックして、さっそくマネしてみましょう。
 

・【ボブ】女性らしい雰囲気とトレンド感が出る

出典:@ tt_kk_mm_ttさん

ボブは、ウェットヘアの定番ともいえる長さ。毛先の束感を表現しやすいので、サッとヘアオイルやワックスをもみ込んでウェットヘアのアレンジを加えることで透明感が出るのも、ボブスタイルの特徴。
「ボブが好きだけどいつも同じ印象になってしまう…」とお悩みのかたは、ぜひウェットヘアアレンジにトライしてみてください☆

・【外ハネボブ】こなれ感抜群のラフスタイルに

出典:@ tt_kk_mm_ttさん

外ハネアレンジを加えたスタイルは、ウェットヘアの定番スタイリングとも言えるほどの王道スタイルです。こちらは、オイル配合のワックスを使用してスタイリングしているそうです。
外ハネ感を強くしたい場合は、先にコテで巻いてからワックスを使用。ナチュラルな外ハネにしたい場合は、ワックスを手につけた後に手ぐしをする感覚で外ハネに仕上げるといいですよ。

・【ショートパーマ】女性らしい印象がアップするスタイル

出典:@ _0_3_1_1_さん

ボーイッシュでクールな印象が強いショートスタイルは、ウェットヘアアレンジを加えることで女性らしい雰囲気がグンとアップします。おすすめは、ショート×パーマ×ウェットスタイル。
パーマで女性らしさがアップしたところへさらにウェットヘアアレンジを加えることで、ショートのかっこよさとパーマのやわらかさを同時に引き立たせることができます。
ヘアオイルやワックスを少量つければ画像のようなセミウェットスタイルに!より濡れ感をUPさせたい場合は、ジェルを仕上げにプラスしてもいいでしょう。

・【ミディアム】モードでスタイリッシュさが強く出る

出典:@ _0_3_1_1_さん

適度な長さのあるレイヤーミディアムスタイルも、ウェットヘアアレンジと相性抜群。ミディアムスタイルのおしゃれさを引き立たせるには、カラーヘアではなくあえての黒髪がおすすめです。
ヘアオイルやウェット系のワックスをつけるだけで、上品さとこなれ感を存分に表現することができます。このように、レイヤーの入ったスタイルは、毛先に軽やかな動きをつけるのがトレンドのスタイリングです。

・【ミディアムパーマ】人とはかぶらないおしゃれヘアに

出典:@_0_3_1_1_さん

こちらは、個性的なクリクリパーマ×ミディアムウルフウェットスタイル!柔らかなタイプのジェルをつけて自然乾燥した後に、ほぐしてスタイリングしているそうですよ。
強めのパーマは本来ボリューム感が出やすく、ふわふわに仕上げるのもかわいいですが、このようにウェットに仕上げることで大人っぽさとおしゃれ感が演出できますね。

・【ロング】どの長さよりも色っぽさが出る

出典:@ _0_3_1_1_さん

そのままでも女性っぽさが強く出るロングスタイルも、実はウェットヘアアレンジと相性のいい髪型。スタイリング剤をベタっとつけてしまうのではなく、軽くヘアオイルやワックスなどを馴染ませる程度にスタイリングして、セミウェット程度でとどめるのがロングのおしゃれなウェットヘアを作るポイントです。
細かく束感を作るように意識してスタイリングをすると、独特の色っぽさが出ます。ロングヘアのアレンジといえば、編み込みをしたり結んだりする人が多いもの。
ウェットな質感を与えてもガラッと印象が変わるので、ぜひ試してみてください。

■ウェットヘアの作り方をマスターしておしゃれ度をアップさせよう

出典:@_0_3_1_1_さん

ウェットヘアの作り方は、スタイリング剤の量とつける部分がカギとなります。特に、根元や前髪につけすぎてベタついてしまうと、せっかくのウェットヘアも台無しに。
髪の長さに合うスタイリング剤の量を知って、毛先を中心にほど良く濡れ感をプラスするのがおしゃれスタイルを作るポイントです。
まだウェットヘアアレンジをしたことがないという人は、さっそく試してみてくださいね。

mimi

美容師資格を持つ元ヘアカラーリスト・アイリストの2男児子育て中のママです♪
アクセサリーメーカーに務めたこともあり、アクセ企画・制作・バイヤーの経験もあり◎
旅・アート・音楽も大好きです♡
【Instagram】zonemiho
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!