出典:@saaaki_noteさん

Fashion

巻きスカートでコーデの幅を広げよう!おすすめアイテムも

1枚の布を腰に巻きつけて、クリップやリボンなどで留める「巻きスカート」。英語ではラップスカートと呼ばれ、正式名称は「ラップ・アラウンド・スカート」といいます。
巻き方や履き方しだいでさまざまな表情を見せてくれるので、巻きスカートはコーデの幅がさらに広がる優秀アイテム!今回は、巻きスカートのメリットやおすすめアイテム、巻きスカートを取り入れたおすすめコーデなどを紹介します。

さぁ、巻きスカートをはいてお出かけしましょう☆

■巻きスカート・ラップスカートってどんなスカート?

出典:photoAC ※写真はイメージです

巻きスカート未経験の人は、「巻きスカートってどんな感じで履いたらいいの?」「巻き方が分からない…」と思うかもしれませんね。でも安心してください!履き方・巻き方は簡単です☆詳しく解説していきましょう。

・巻きスカート・ラップスカートのメリットはココ!

出典:photoAC

普通のスカートとは少し違ったつくりになっていて、その履き方にも違いがある巻きスカート。特徴として以下のようなメリットがあります。

◆長細い(長方形)1枚の布でできているため、サイズ調整が簡単で自由。おなかが大きくなってきたプレママさんにもおすすめ。
◆巻きたい部分に巻きやすく、スリットが入っているためロングタイプでも動きやすい。
◆好きな巻き方や合わせ方ができるので、1枚持っているだけでいくつものパターンが楽しめる。
◆型紙を取るときも容易なため、ハンドメイドで手作りもしやすい&アレンジしやすい。

このように、巻きスカートは実はメリットだらけなんですよ。ちなみに、巻きスカートにより履き方(巻き方)は異なりますが、1枚の布をくるくるっと腰に巻くだけでOKなので、便利に使えるアイテムでもあります。

・どんな種類のアイテムがあるのか知りたい!

出典:@liberty0210さん

巻きスカートにはさまざまな種類があります。長さはロング・ミニともにあり、ロングはキレイなラインが出せ、ミニタイプならキュートな感じが演出できちゃうスグレモノ。ボタンやリボンで留める位置が前、後ろ、サイドなど選べるものも。1枚の布を安全ピンで留めて簡易的なスカートにするのも、実はアリ☆
エスニック気分を味わいたいときは巻きスカートがピッタリなんですよ。ゆるめのカジュアルがお好きな人はぜひトライを。また、最近ではメンズの巻きスカートアイテムも…!
甘辛ミックスコーデにおすすめです。そのほか、クラシックバレエでは、レオタードの上からシフォン素材の巻きスカートをはいたりもします。いつもと違うアレンジがしたいなと思ったら、お手持ちのスカートを巻きスカートにしてみるといいかもしれません。

■おすすめの巻きスカート・ラップスカートを紹介

出典:@fukumori_manseiさん

コーデにヘビロテできる!おすすめの巻きスカート・ラップスカートを紹介します。

・コーデに取り入れやすいのはフレア素材

出典:トレンドのラップスカートでシンプルコーデをワンランクアップ☆ @sayumikikunoさん

フレア素材の巻きスカートはコーデに取り入れやすく、合わせる服も選ばないため、初心者さんには特におすすめしたいアイテム。履くだけでふわっと広がるので、女子力高めのコーディネートがすぐ完成しますよ☆サイドの大きめリボンもかわいいアイテムです。

・プチプラ&機能性で選ぶならユニクロ☆

出典:@happy_acoacoさん

こちら@happy_acoacoさんが着用している『UNIQLO(ユニクロ)』の巻きスカート。あったか素材の巻きスカートで、これから迎える冬にぜひ真似したいコーデとなっています。プチプラなのに機能性が高く、シンプルなアイテムが多いので、どんなコーデにもフィットしますよ。おすすめです!

・巻きスカート風ならビギナーさんにもやさしい

出典:@yonnieinsさん

@yonnieinsさんがコーデに取り入れたのは、実は巻きスカートに見えるようなデザインの巻きスカート風なスカートです。ブラックデニムでコーデ全体を引き締めています。ハイウエストでベルトを巻いてウエストマークにするのもいいかも!
まだ迷い中の巻きスカート初心者さんも、これならトライしやすいアイテムかもしれませんね。

Recommend

【監修記事】がんばるママたちが、自分自身の体を知る場所。 “W Femina Clinic”って?

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]