出典:@juri1104 さん

Fashion

海外旅行の服装どう選べばいいの?チェックポイントをご紹介

日常から解放される海外旅行ですが、行くまでの荷物準備で気になるのが服装ではないでしょうか。それぞれの国の気候にあった服選びが必要です。例えばオーストラリアなど、日本と逆の季節の場合、今とは全く違う服を用意しなければなりません。
準備が楽しい反面、どんな格好をすればいいのか悩みますよね。今回は海外旅行の服装選びのポイントをご紹介しましょう。

それぞれの国の気候にあわせつつ、おしゃれを楽しめたらより最高な旅行になること間違いなし♡各国のコーデ例を参考にしつつ服選びを楽しみましょう。

■ココに注意!海外旅行の服装選びのポイント

海外旅行の服装を選ぶ際のポイントをいくつかご紹介します。

・意外!デニムはデメリットが多い


男性、女性関係なく着られて、どんなトップスにも合わせやすいデニムでは旅行にはぴったりと思われがちですが、実はデメリットも多いんです。例えばちょっと上品なお店に入るときに雰囲気に合わなくては入れないなんてことも。
ほかにも旅行の荷物はできるだけコンパクトにしたいのに、デニムはかさばって幅を取るだけでなく重さもあります。意外とデメリットも多いんですよね。

・薄手の上着は重宝する


カーディガンやパーカーなど、薄手の上着は旅行では重宝するので、常に携帯しておくことをおすすめします。エアコンが効いていたり、朝夕の寒暖差で少し肌寒くなったりと、海外の気候に合わせて羽織れるので便利。
また、紫外線予防として着ることもできるので、一枚持っておくととても重宝するでしょう。

・靴は歩きやすいものがベスト


海外に限らず旅行は歩き回るもの。せっかく旅行に来ているのに、ずっとホテルにいるなんてことはまずありませんよね。いろんな観光地に出かけて、思う存分満喫するためには、できるだけ足に負担を掛けない歩きやすい靴を選びましょう。

・現地調達で自分好みをゲットしても

出典:@ addone_eyelash さん

日本にあるもので全てまかなえればいいですが、荷物が多くなって困る…といった場合は、現地調達も頭に入れておくといいでしょう。現地に売っているものは、現地の人々が求めているものなので、よりその国に合ったものがゲットできるはず。旅のいい思い出にもなります♡

・サブバッグを持っていくと◎


大きな荷物を持っての移動は大変なので、現地で出かけるとき用のサブバッグは必須。海外の中には治安が少し不安な国もあるので、防犯にも適していているものを選びましょう。

■要チェック!海外旅行で使えるアイテム

海外旅行には欠かせないアイテムたちをご紹介しましょう。

・薄手の上着 はマスト!

出典:@ ayayayarkさん

シャツワンピはそのまま着るだけでなく、薄手の上着としても使えるので一石二鳥アイテムとしておすすめ。白だとどんな服にも合わせやすいので、20代~40代、50代と年齢関係なく取り入れやすいですよ。

出典:@ saaaay_kさん

サブバッグに上着を入れるのはなかなか厳しいかも…といった場合は、カーディガンがおすすめ。腰に巻いたり、肩に掛けたりすれば、ファッションアイテムとして楽しむこともできますよ。
『UNIQLO(ユニクロ)』なら豊富なデザインがお手頃価格で手に入るので、旅行用にゲットしてもいいですよね♡

・歩きやすくておしゃれな靴

出典:@ ayayayarkさん

歩きやすい=スニーカーと連想する人も多いはず。シンプルなデザインから、個性的なデザインまで、各メーカー幅広く展開しているので好みのスニーカーで足元からテンション上げて旅行に行っちゃいましょう。

出典:@ hieriraさん

豊富なサンダルを展開している『Teva(テバ)』は、スポーツサンダルがメインとなってるので、動きやすく機能性のあるサンダル。マジックテープなので、脱着もしやすいところもおすすめのサンダルです。

・安全安心なサブバッグ

出典:@ rococo39さん

旅行中のカバンとして、サブバッグは必須アイテム。大きなスーツケースを何か取るたびに開いていては大変です。パスポートや財布などの貴重品を持ち歩くためにサブバッグはゲットしておきましょう。

■あの国におすすめの服装はコレ!

それぞれの国によって気候が異なるので、エリアごとのおすすめの服装をご紹介。旅行準備の参考にしてみてください。

・ヨーロッパは季節によって調整を

出典:@ juri1104さん

ヨーロッパ旅行のシーズンは、初夏から秋ごろまでと言われています。夏は比較的短いですが、日本のようにジメジメしていないので過ごしやすいとの意見も。
メンズライクな格好もいいですが、海外だからこそ大胆な格好をしてみてもいいでしょう。反対にヨーロッパの冬場はとても気温が低くなり冷え込みます。しかしながら本場のサッカーを観戦するのはベストシーズン。
日本の雪国を想定して、あったかいダウンは手放せないでしょう。

・カラッとした暑さの東南アジア

出典:帽子は1年中活躍するおしゃれアイテム!自分と相性◎なデザインを探そう  @ miho.a.nicoさん

シンガポールなどの東南アジアの気候は、基本的に一年中が夏の気候。サラッと着られるワンピースは、風通しもよく暑い地域でも過ごしやすいでしょう、日差しも強いので、つばの広い帽子を持っておくと、おしゃれをしつつ日差しからも守れますよ。

・ビーチリゾートでは日焼け対策を忘れずに

出典:ZARAのバッグはコスパ最強!2019年のトレンドデザインをチェック  @ cozue_nさん

海で遊びつつ観光もするビーチリゾートなら、服の下に水着を着つつ過ごせる服がおすすめ。日差しが強い地域も多いので薄手の袖があるタイプだと、直射日光は避けられるので過ごしやすいかも。

・台湾は日差し対策必須

出典:@sayumikikunoさん

日本より南にある台湾の夏は、高いときには40℃を超える日もあるほど。夏は日差し対策のキャップなどの帽子は必須アイテムでしょう。日本同様に四季のある台湾ですが、冬場は日本より比較的暖かい気候です。ダウンとまでいかずとも、コートを持っておくと使えますよ。

・日本と近く比較的過ごしやすい韓国

出典:ショルダーバッグのおしゃれコーデ!2019年のトレンドは?  @emi0830emiさん

飛行機で九州からだと一時間半ほどで行けてしまう身近な海外旅行先といえば“韓国”。夏の気温自体は日本と変わらないものの、湿度が低いので比較的過ごしやすいでしょう。気をつけなければいけないのが、秋から冬。
秋は朝晩の温度差があるので、パーカーが役立つアイテム。冬になるとマイナスまで温度が下がるので、ダウンなどの防寒対策をしておきましょう。

■ せっかくの海外旅行だからおしゃれもめいっぱい楽しもう!

それぞれの地域にあった服装の準備は、慣れない土地だからこそなかなか大変ですよね。できるだけリサーチを重ねて、おしゃれを楽しみつつ旅行を満喫しちゃいましょう♡

sharu

4歳のおしゃれ大好き女子と1歳のやんちゃ坊主を育てる、関西出身の転勤族ママ。子どもたちを寝かせてから、インスタ内のオシャレ、イケメン、グルメを検索するのが毎日の日課♪どれだけ効率的に家事、育児をこなせるか日々研究中。最近は相棒のHBと作るパンにはまっています!!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!