Comic

今だから言える…ロバート山本が限定ユニット「悲愴感」結成秘話を明かす

  

2017年に第一子を授かり、パパとなった、お笑いトリオ・ロバートの山本博さん。息子くんとの生活の中で感じた「?」や「!」をマンガに描き、昨年7月からインスタグラムで発信。そのイラストをもとに、山本さんがパパ芸人ならではの気づきを綴る本連載。

第45回は、ユニークなメンバーで結成された「山本会」と、あの伝説のユニット誕生秘話について。

■ロバート山本×アンガ田中×ドランク鈴木の「悲愴感」

前回、「タナちゃん」ことアンガールズの田中卓志くんについて、「親目線で今後が心配だ」とお節介だと思いながら書かせていただきました。それってやっぱり、付き合いが長くて腐れ縁だから、というのも大きいんです。

僕とタナちゃん、それと、ドランクドラゴンの鈴木拓さんの3人で組んだ音楽ユニット「悲愴感」のことを覚えてる人はどのくらいいるのでしょうか?
今回は、タナちゃんとの出会いそして、そして「悲愴感」結成の過程を振り返りたいと思います。

そもそもは、僕と鈴木さんがフジテレビの『はねるのトびら』で共演していたのですが、番組ではずっと僕と鈴木さんのことを、「すみっこ芸人」とか「窓際芸人」みたいに呼んでいたわけです。

主要メンバーであるキングコングの2人(西野亮廣、梶原雄太)なんかはいつも出番があるのに、僕らは毎回のように出番ゼロ。で、鈴木さんと「またキングコングだよ。いいなぁ」としゃべっているうちに、だんだん仲良くなったんですよ。鈴木さんも、常に自然体でいる平和人間ですし。

ちょうどそんな頃、日本テレビの『ウリナリ』(ウッチャンナンチャンのウリナリ!!)の「芸能人社交ダンス部」という企画で共演するようになったのがアンガールズだったんです。

■まるでドリフのような合コンでの奇跡的結末

僕らロバートとアンガールズって、年齢は違えども芸能界デビュー的にはほとんど一緒で、同期みたいなもの。それもあって『ウリナリ』でしゃべるようになったら、「あれ? この人も平和的な人間だな」と(笑)。

もう、すぐに鈴木さんに電話ですよ。「同じ匂いの芸人を見つけましたよ!」って。鈴木さんも「じゃあ、会わせてよ」となって、3人で会ってみたらすぐに意気投合しました。

芸人って、基本はやっぱりガツガツした人が多い世界。でも、僕らはどうにもそれが苦手で、芸人のなかでは少数派だと思います。そんな珍しいタイプの人間がいたことが嬉しくって、地味な3人で集まることが多くなったんです。

そうしたら、それを誰かが「山本会」って言い出したんです。別に僕がリーダーってわけじゃなく、その会を開催したってだけなんですけどね。でも、確かに一緒に遊ぶことは多かったです。僕も鈴木さんも独身だった頃は3対3の合コンをしたこともあります(笑)。

まあでも、御察しの通り全員惨敗でした……。普通に飲んで、電話番号は誰も聞き出せず、女の子3人が先に帰っちゃって、「あ〜ぁ」と横一列に並んでうなだれていたら、僕らの後ろのふすまがナゼかバーンって倒れてきて、3人の頭にゴツーン。

あれには驚きましたね。「これもうドリフターズさんのコントでしょ!」みたいな。カメラも回ってないところで俺ら何やってんだ!?と。「こんなの悲しすぎるよー」と言っていた3人が、いつの間にか『悲愴感』を組まされることになるわけです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]