出典:@yuruyira_interiorさん

Lifestyle

クリスマスのオーナメントの意味は?アイテムと簡単DIY方法をご紹介

クリスマスシーズンに欠かせない、オーナメント。今年はおしゃれでかわいいオーナメントで飾って、素敵なクリスマスを過ごしませんか?クリスマスツリーのオーナメントの意味とともに、おしゃれな飾りやDIY方法をご紹介。今年のクリスマスにおすすめしたい、おしゃれなオーナメントと簡単な作り方をご紹介します。

クリスマスツリーといえば、オーナメント。クリスマスに使うオーナメントの意味から、DIY方法までまとめました。

■クリスマスにマスト♡クリスマスオーナメントとは?

出典:@kakihomeさん

まずは、オーナメントの基本知識についてまとめました。

出典:photoAC

オーナメントとは、クリスマスツリーの飾りのこと。
また、クリスマスにお部屋に置く飾りもクリスマスオーナメントに含まれます。クリスマスツリーそのものも、オーナメントと呼ぶこともあるようです。
オーナメントの種類は豊富で、球状のオーナメントボールやベルモチーフ・スターなど、それぞれに意味があるといわれています。

・オーナメントに込められた意味とは?

出典:@maimelemonさん

クリスマスオーナメントといえば、ボール型のデザインを思い浮かべる人も多いはず。
ボールやリンゴの飾りは、アダムのイヴの知恵の実を表しており、幸福を願う意味が込められています。
また、クリスマスのイルミネーションは、キリスト自身の象徴とされているそうです。そのほかにもベル=魔除けなど、それぞれが意味を持っています。

・バリエーション豊富!オーナメントの種類について

出典:Pixabay

オーナメントといえば、ボール型のデザインを思い浮かべる人も多いはず。最近では、ハート型などカラーやデザインも多岐にわたります。

出典:Pixabay

また、天使の形をした人形やガラス製のボールなど、素材やカラーのバリエーションも豊富。
従来のように赤や緑などのカラフルなアイテムも人気ですが、近年では、ホワイトカラーで統一したおしゃれなホワイトツリーや、ゴールドカラーのオーナメントのツリーも人気です。

■手作りしたい!簡単オーナメントアレンジまとめ

どうせなら、子どもや友だちと手作りしたい!そんな方におすすめしたい、オーナメントの作り方やアレンジ方法をまとめました。

・オーナメントの材料はどこで買える?

クリスマスのオーナメント自体は、クリスマスが近づくと、インテリアショップや雑貨店などで購入できます。
また、最近では100円ショップでもおしゃれなオーナメントを購入できます。手作りに必要な折り紙や毛糸など基本的な素材は、100円ショップでそろいますよ。
こだわって作りたいという方は、ホームセンターや手芸ショップもチェックして。100円ショップで購入したオーナメントに色を塗ったり、アレンジするのもおすすめです。

・簡単かわいい!手作りオーナメント集
(1)子どもと作れる!靴下オーナメント

出典:photoAC

こちらは、厚紙や折り紙を切って作った靴下オーナメント。
靴下型にカットした紙にメッセージやシールを貼って、糸をつける簡単手作りオーナメントです。とても簡単ですので、小さな子どもたちとつくれる手軽なアイテムです。

(2)バリエが豊富♡折り紙オーナメント

折り紙で作るオーナメントは、小学生くらいのお子さん作りたいアイテムです。リースやトナカイなど、難易度もさまざま。
インターネットやSNSなどで作り方を見ることができます。
ベルやスターなど、種類も豊富。自立できる折り紙のツリーは、お部屋の飾り棚や玄関に飾るのもおすすめ。リーズナブルなお値段でたくさん作れるのもうれしいですね。

(3)折り紙+ライトで電飾を素敵に飾って

出典:材料は全部100均でクリスマス照明をDIY!

ツリーに飾るライトは、折り紙で作った星をつけるだけで、素敵にアレンジできます。
カラフルな折り紙で飾れば、ツリーもにぎやかに飾れます。折り紙はもちろん、LEDの電飾も100円ショップで購入できますよ。
星だけでなく、他の形やモチーフのオーナメントを取りつけて、自分だけのオリジナルライトを作ってみるのもおすすめです。

(4)100円ショップのオーナメントボールを手作りアレンジ!

出典:@aimii_houseさん

100円ショップのオーナメントは、カラーを変えたり、毛糸をまいたりすることでアレンジが楽しめます(こちらはセリアの既成品です)。
毛糸をまけば、ふわふわとしたかわいらしいオーナメントボールに。
また、ペンでイラストを入れたり、文字やメッセージを書いて、オリジナリティあふれるオーナメントボールを楽しむのもおすすめです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]