Lifestyle

【パパメンズBar】バツイチパパに学ぶ、離婚に向かう妻の禁断の言動

パパたちの本音が聞ける、パパ座談会。今回は、バツイチのパパと別居中のパパ3人に集まっていただきました。離婚にいたる過程や離婚して見て気づいたこと、別居の理由や利点など、本音トークをたっぷりお楽しみください。重めの話もありますが、学びも多い貴重な座談会。最終回の今週は、セックスレス問題や、いまだから言えるママへのアドバイスについて。男性の気持ちがよくわかる、目から鱗の話も!


⬛️2019年9月の回に集まっていただいたのは、こちらのパパ!

Aさん
53歳。27歳のときに当時24歳だった奥さんと結婚。20代の2人の息子さんのパパ。現在、奥さんとは円満に別居中。

Bさん
39歳。26歳のときに当時21歳の元奥さんと結婚し、7年ほど前に離婚。子どもは小学生の男の子と女の子が2人。

Cさん
29歳。4年前に同い年の元奥さんと結婚。昨年離婚。4歳の男の子のパパ。

⬛️離婚直前まで元奥さんとセックスしてました!

ーーさて、今回はママたちも興味津々のセックスレス問題についてなんですが。Bさん、Cさんは結婚している時は、レス問題に悩んだりしましたか?

Cさん
元奥さんが産後8カ月ぐらいまでは、セックスを拒否られることがありましたね。僕も仕事が忙しかったから、そもそも時間帯も違ったのもあってそれほど求めてなくて。
自慰行為ですませちゃうというか、1人で満足しちゃってた。それで、子どもが1人歩きできるようになってから、産後初めて営みをしたんです。

Aさん
それって、約2年ぐらいしてなかったってこと?

Cさん
そうですね、妊娠中期から、子どもが1歳8カ月ぐらいまでの約2年半ぐらいはカラダの関係がなくて。

Aさん
それって変な話、外でもしてなかったの?

Cさん
はい。仕事の付き合いでキャバクラとかも行くんだけど、とにかく自分の子どもがかわいくて、誰に対してもその話がしたくて。うちの子見てよ、って写真見せたり。
セックス再開するときは、誘ったのは僕でした。子どもが1人歩きしてるときは首すわってるから、少し放っておいても1人で大丈夫かなってことで。奥さんは子どもと2人で寝てたんだけど、ある時、久々に夫婦のベッドにちょっと寝ることがあって、じゃあ久しぶりにって。

ーー奥さんはすんなり受け入れてくれたんですか?

Cさん
拒否はなかったけど、ただ奥さんが「乳飲み子いるからおっぱい垂れてるよ」って気にしてました。でも僕はそんなの全然平気。

Aさん
奥さん的に身体が変わっちゃってたのを気にしてたのね。

Cさん
そうなんです。でもそこまで気にすることないと僕は思う。カラダで結婚したわけじゃないから。

Aさん
崩れてしまった理由も、自分の子どもを産んでくれたからだしね。Cさんは離婚を後悔していて、できればよりを戻したいわけじゃん?いま、元奥さんとセックスしたいって気持ちは?

Cさん
いまは奥さんとしたいのかっていうとわからない。性欲なのか夫婦の愛なのかわからない。ただセックスしたいなら風俗行けばいいけど、そこに愛があるのかって聞かれたらね・・・。

Bさん
僕は 離婚直前までセックスしてました。奥さんも拒否らなかったし。

ーーえ?でも離婚ってだいぶモメて調停までいったやつですよね?それなのにカラダの関係はあったんですか?

Bさん
関係が悪化していても、こっちが手を出したらのってきた。なんでしょうね。

ーー不思議な関係ですね(笑)。Aさんのところは?いま別居中だということですが、そういえば、浮気がバレたことがあったっておっしゃってましたが。

Aさん
そうそう、僕、若いころは結構ね・・・(笑)。

Cさん
踏みこんだこと聞いてもいいですか?なぜ浮気しようと思ったんですか?

Aさん
女が母になった時、ベクトルが息子に行っちゃうわけだけど、それって俺の息子でもあるから息子に対して体力と知力を全力で使ってくれるのはありがたいことなんですよね・・・ってそれが浮気の理由じゃないな。そこに山があるから・・・って感じかな(笑)。

⬛️察することができない男性と、言語化が苦手な女性。うまくやるためには

ーー離婚や別居を経験された3人ですが、経験を踏まえて、世の中のママたちに何かアドバイスがあったらぜひ教えてください。

Bさん
あ、前の回で、言っちゃいけない言葉があるって言ったんですが、思い出したのが「離婚する」って安易に言うこと。元奥さんは、喧嘩のたびにそれを発してきたんです。
でも僕からすれば「離婚する」って言葉は、離婚が決まった時に発する言葉で、だから僕はすごい傷ついたし怒ったんです。でもなにかと、その言葉が立て板に水のようにでてくる。それって本当にやめたほうがいい。

ーーどうしてですか?

Bさん
スピリチュアルじゃないけど、口から出た言葉は実現に向かうんです。離婚離婚、って言われつづけると、そのつもりはなくても心もそっちの方向に向かっちゃうんです。
だから、危機感を煽るために使っているとしても、本当に離婚しちゃうよ。絶対にやめた方がいい。そういう、伝家の宝刀をぽんぽん抜きまくれるとそうなっちゃうから。

Aさん
解決に向かってないもんね。

Bさん
そうそう、喧嘩は喧嘩でどこかでポジティブに捉えているところがあって。つまり結果としてお互いの立ち位置を見極められたり、関係性をうまく回せたりする糧になれば良いという風に思ったりすることもあるわけですから。
離婚ってことばは結構強い力を持っているんですよ。たとえば「死ぬ死ぬ」って言われ続けると、言われた方は最初は止めるけど、最後の方は「死ね」って思うようになるんですよ。
だから、「離婚する」って言葉も言われ続けると精神的な抵抗がずっと削られて、いずれ抵抗がなくなる。気持ちはわかるけどやめたほうがいい。

Cさん
そうですね。

Bさん
あと一度言って相手が激昂した言葉を味をしめて繰り返さない方がいい。1度なら水に流すけど繰り返すと人間性を疑うようになって、この人とはむりだってなっちゃう。

ーー決定的な言葉を日頃から口にしないほうがいいってことですね。

Bさん
女性は感性が高くて顔色見て言ったり言わなかったりできるんですよね。だから、相手の男性もそうだろうと思ってるかもしれないけど、基本的に男は察しが悪いと思った方がいい。
察してくれることで気持ちを理解してくれるだろうって思えるのは女性だけで、男性は同じようにはできないんです。

ーーじゃあ、わかって欲しいことはどう伝えたらいいのでしょう。

Bさん
こうして欲しいって具体的に最初に言って欲しい。男性って責任感が強い人も多いから、なるべく実現してあげたいんですよ、要求を。
だから、ここをこうして欲しいとはっきり言って、それにむけて動く方がよっぽど近道で体力もコストもムダに使わずに解決に向かう。それなのに、怒っている原因も言わない、私を察してっていうのは傲慢だと思った方がいい。
男性は悪意でやっているわけではないんです。察せられないのではなく、できないんですよね。でもちゃんと説明してくれれば、理解した瞬間に、一気に怒りが冷めるんです。
これも、いろいろ終わったあとに気づいたんですけどね。

Cさん
夫婦間というか男女の喧嘩って、最後はあいまいですよね。どうしてこうなったの?って聞いても奥さんは感情が昂っているからあやふやで。
それでも僕は、チリが積もってこうなっているのかもしれないから「ごめんね」って謝るんだけど、その謝罪が何に対してかわからないから気持ち悪いままなんですよ。

Aさん
2人とも、研究者肌だから特にね。でもBさんが言ったように、女性は、自分がどうしたいかをもっとちゃんと言えばいい。夫婦なんだから遠慮しあってちゃダメ。
お互いの要求を出し合って、受け入れられないなら我慢するんじゃなくて、お互い納得する方法を見出すべき。

Cさん
うんうん。

Aさん
俺と奥さんとのそれぞれの人生があって、たとえばそれが丸だったとしたら、昔の考えでは、結婚したら奥さんは俺の丸にすっぽり収まるべき考えだったけど、いまの時代は、結婚してお互いの丸をちょっと重ねたところが2人の人生とか家庭。
お互いリスペクトできるか、信頼できるかって話だと思うんです夫婦関係って。だから、ちょっと重なっている部分を亭主、女房、父、母って共有しつつ、そうじゃない重なっていない部分も持つべき。

Bさん
そこで言う、重なってない部分で、一番好奇心を持てたのがお互いのパートナーだったというのが理想っちゃ理想ですね。

Aさん
そうそう。さらに言うと、重なっている部分が手のひらで、彼女がどうしたいかってところにのっかること。それが、いわゆる“女性の手のひらで転がされる”ってやつなんだけど。
それから、奥さんの話に耳を傾けることかな。認められないこともあるけど、意見はちゃんと聞く耳持っていようって。

Bさん
察するってことが男性は苦手なら、女性は言語化が苦手。そこがうまく回るといいんだけどね。自分のやり方ではなく相手のやり方で理解してあげようっていう努力は、お互いに必要。

Aさん
一般的に男には逃げ道があるんですよね、仕事の仲間とか会社とか。でも、専業主婦は逃げ場が少ない。
仕事してる奥さんだとしても、夫婦2人ときはまだいいけど、子どもできたら母性が強くなって、本人的には犠牲を払ってるとは思わないけど、母親になって365日続いて、どこかで息抜きしたい時があるんですよ。ちょっと逃げたい時って、絶対あるはず。
そういう時は、旦那さんにはっきり言っていいんじゃないかな。なんか、話の結論にはなってないですね(笑)。

Bさん
いやいや。でも、歴史を勉強してきた人間から言わせてもらうと、人類の歴史が始まってまだ、いまは壮大な実験中。失敗して当たり前ですよ。

……………
…………
………
……



【次回予告】別のパパグループが登場予定!

以上、5回にわたってお送りしたパパ座談会いかがでしたか?次回は12月に配信する予定です。お楽しみに!

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!