出典:@ gemaruさん

Beauty

液体歯磨き粉でお口のオーラルケアをしよう!電動歯ブラシとの相性も◎

液体歯磨き粉とは簡単に説明すると、チューブハミガキが液体になった歯磨き粉のことです。液体歯磨き粉は、研磨剤不使用なので歯の表面を傷つけにくいというメリットがあります。そのため、電動歯ブラシとの相性も良いです。当然ながら液体歯磨き粉には使用期限があり、製造メーカーによって多少異なりますが、製造から3年ほどは品質を保つように作られています。似ている洗口液との違いやおすすめ商品を紹介していきます。

美容意識の高い韓国で流行っている液体歯磨き粉を徹底調査!

■練り歯磨き粉にはない液体歯磨き粉の効果やメリットは?

出典:photoAC

歯と歯の間や奥歯など歯ブラシが届きづらい場所には歯磨き粉の効果が行き渡らない練り歯磨き粉に対して、液体歯磨きは歯の隅々にまで行き届いてくれるため、細かいところまで薬用成分が浸透し、最大限に効果を発揮します。練り歯磨き粉とほぼ同じ成分が入っていますが、液体歯磨き粉の効果は練り歯磨き粉よりも高いといわれています。

■普通の練り歯磨き粉と液体歯磨き粉の違いは?

練り歯磨き粉と液体歯磨き粉の大きな違いは、練り歯磨き粉に含まれる”発泡剤”や”研磨剤”が液体歯磨き粉には含まれてないことです。さらに、それぞれのメリット・デメリットを紹介していきます。

*練り歯磨き粉のメリット・デメリット

出典:photoAC

<メリット>
研磨剤が入っているものが多いので、着色汚れを落としやすい
コストが安い
<デメリット>
歯ブラシが届く場所には限度があるので、液体歯磨きのように歯と歯の間や奥歯まで薬用成分が浸透しずらい
泡立ちやすいことできちんと歯磨きをした気持ちになって、汚れを磨き残してしまうことがある

*液体歯磨き粉のメリット・デメリット

出典:photoAC

<メリット>
研磨剤が含まれていないので、歯や歯茎を傷つけずに磨ける
うがいが不要のため、薬用成分が口内に残りやすい
歯と歯の間や奥歯までしっかりとケアできる
災害時、断水になっても安心してオーラルケアできる
<デメリット>
研磨剤不使用なので、着色汚れは落としにくい
練り歯磨き粉と比べると、コストが高くなりやすい

■似ているけど違う!液体歯磨きと洗口液との違いは?

出典:photoAC

液体歯磨きは、口の中に行き渡らせてからブラッシングをします。一方、洗口液はブラッシングする必要がありません。また、液体歯磨きと洗口液はボトルの見た目がとてもよく似ています。間違えないよう、購入時はボトルの表示や使用方法をよく確認しましょう。

■液体歯磨き粉でおすすめの商品はどれ?

液体歯磨き粉の人気ランキングからいくつかピックアップ!

・歯ブラシ用におすすめの液体歯磨き粉


*「クリニカアドバンテージデンタルリンス」

出典:@ gemaruさん

練り歯磨き粉でもお馴染みのクリニカの液体歯磨き粉です。ノンアルコールで刺激が少ないので、子どもからお年寄りまで幅広い年齢層の方にお使いいただけます。実は、寝ている間にも虫歯の原因菌は急激に増殖していきます。クリニカアドバンテージデンタルリンスは「新・長時間殺菌処方」で寝ている間も虫歯の原因菌の増殖をしっかり抑え、虫歯だけでなく、口臭や歯肉炎を予防してくれる液体歯磨き粉です。

*「ガム・デンタルリンス」

出典:筆者撮影

ノンアルコールタイプのガム・デンタルリンスは、歯周病菌を殺菌し、炎症を防ぐ効果があり、歯周病と口臭予防になります。液体タイプのため、お口のすみずみまで薬用成分がひろがります。練り歯磨き粉と併用することでより積極的な歯周病予防が可能です。

*「プロポデンタルリンスR&C」

韓国で人気に火がついたこちらの商品。ミツバチが作る天然成分のプロポリスにはさまざまな有用成分が含まれてるので、歯周病や歯肉炎を予防します。また、歯についた黄ばみやヤニ汚れを、落とすホワイトニング効果もあります。「口内エステ」毎日の日課にして、健康で美しい白い歯を守りましょう。すっきりと気持ちいい爽快感を味わえますよ。

・電動歯ブラシ用におすすめの液体歯磨き粉


*「バトラーデンタルリキッドジェル」

出典:@ yskmyk.0607さん

バトラーデンタルリキッドジェルは、ジェル状の液体歯磨き粉で電動歯ブラシとの相性がとても良いです。
@yskmyk.0607さんは歯医者で購入したそうです。フタをあけると長いノズルがついていて、細い歯間ブラシにもつけやすい設計になっています。香りが特徴的なので、歯医者さんのにおいが苦手…という方でなければ、問題なく使えそうです。

*「リステリン トータルケアゼロ プラス」

出典:@ yagigigi1234さん

リステリン史上最高峰「リステリン トータルケアゼロ プラス」の高い消臭力が魅力。 湿布のようなツーンとしたインパクトのある香りで、気になる口の消臭が期待できます。ただし、独特の強い刺激や口内のピリピリ感が気になる方は、ノンアルコールタイプをおすすめします。

■歯磨きに液体歯磨き粉を導入して、オーラルケアしよう

最近、電動歯ブラシに変える人たちが増えていますが、電動歯ブラシと相性が良い液体歯磨き粉がおすすめです!なかには、電動歯ブラシで歯磨き粉をつけない人もいますが、”虫歯予防”という観点からはフッ素を含む液体歯磨き粉を使用することをおすすめします。

harubo

一歳の食欲旺盛な男の子ママです。初めての育児に日々奮闘中。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!