出典:photoAC

Lifestyle

正しいアイロンのかけ方は?コツをおさえてシワ知らず

さっぱりと洗い上げた洗濯物にぴしっとアイロンをかけるのはとても気持ちがいいものですよね。とはいってもなかなか手間のかかる作業だし、アイロンがけは苦手…なんて人も多いのではないでしょうか。実はアイロンがけは、正しいかけ方のコツを知るだけで誰でも手早く美しく仕上げることができるんですよ。今回はそんなアイロンのかけ方について豆知識をご紹介!

まずはアイロンがけの基本のおさらいからチェック!

■基本的なアイロンのかけ方とは?

ここではアイロンがけについての基本情報をご紹介。

・適切な温度は?

出典:photoAC

なんだか早くシワが伸びそうだからアイロンの温度はいつも「高」を選ぶ!なんてこと、していませんか?一般的なアイロンの温度設定にはそれぞれ「低=80~120℃」「中=140~160℃」「高=180~210℃」があり、かける衣類によって温度を変えていく必要があります。衣類にはたいていの場合、洗濯表示のタグがついているので、そちらに表記されている適切な温度をチェックしてから生地を傷めない温度を設定するようにしましょう。
天然の動物繊維(シルクなど)やデリケートな合成繊維(アクリルなど)は低温で、一般的な合成繊維(レーヨンやポリエステルなど)は中温。シワが伸びにくい天然の植物繊維(コットンやリネンなど)は高温でアイロンをかけることが適しているとされています。

・アイロンをかけてはいけない衣類ってあるの?

出典:photoAC

衣類の中には普通にアイロンをかけてはいけない、熱に弱い素材が存在します。知らずにお気に入りの服をダメにしてしまった!なんてことのないようチェックしておきましょう。

*ベルベット
ベルベットは表からアイロンをかけると変色やテカリに繋がります。必ず裏面から軽くかけましょう。

*リアルファー
リアルファーに直接アイロンをあてると、毛が傷みます。ファーから離して軽くスチームをかけ、ブラッシングするなどのお手入れ方法を試してみてください。

*楊柳生地
とても熱に弱いため、離して軽くスチームをかける程度に留めましょう。

*着物生地
着物は正絹や麻など、素材はさまざまですが高級なものほどデリケートなため、安易に自宅でアイロンをかけるよりは専門店などへクリーニングに出すほうが無難。今どきはアイロンOKと表示のある着物も多いため、事前に確認してみてくださいね。

そのほかにも特殊加工がしてあるものなど、洗濯表示タグのアイロンマークに「×」がついている場合は基本的にアイロンはNGということになります。

・基本的なアイロンがけのコツ

出典:photoAC

アイロンがけをする際には、基本となるコツがあります。

*平らな場所でしっかりとスペースをとって行う
通常のアイロンがけの場合はアイロン台などしっかり生地を伸ばせるスペースを確保して行いましょう。アイロンをかける前に、衣類をしっかり広げて形を整えておくことが大切です。

*生乾きの状態でかける
アイロンのスチーム機能や、霧吹きなどを利用して生地全体を少し湿らせましょう。衣類に水分が含まれているほうがシワは伸びやすくなります。

*しっかりとプレスして
アイロンはただ表面を滑らせるだけでなく、しっかりと上からプレスするように動かしましょう。

*当て布を利用する
テカリやすい生地やデリケートな生地は、木綿のハンカチなど当て布をした上からアイロンがけをすると失敗が減ります。

*細かい部分や縫い目からはじめる
袖先や襟の部分など、細かい部分からシワを伸ばして広い面に移ると、新たなシワをつくりにくく効率の良いアイロンがけができます。アイロンを持つ手と反対の手で衣類を引っ張るようにして作業すると上手にシワが伸びますよ。

・シワが伸びないときはどうしたらいい?

出典:photoAC

衣類についているシワが頑固でなかなかキレイにならない!という場合は、洗濯して短めに脱水をした直後、水分を多く含んだ状態のままでアイロンをかけてみてください。それからハンガーでピシッと干すようにすると、よりシワが伸びやすくなります。または、洗濯のりを使用するとクリーニングに出したような仕上がりに。

■衣類別、アイロンがけの方法

ここでは衣類別のアイロンのかけ方についてご紹介。

・ビジネスシーンなどの必須アイテム、シャツ

出典:photoAC

スーツなどビジネスファッションに必須のシャツ類は、シワが目立ちやすいためいつもキレイにしておきたいですよね。襟→肩→袖口→袖→右前身頃→後ろ見頃→左前身頃の順にアイロンがけをしましょう。人目にふれる襟や袖は特に念入りに。

・きっちりセンタープレスをキープしたい!ズボン

出典:photoAC

ズボンもメンズレディース問わずさまざまな種類がありますが、センタープレスされたズボンは正しいラインが乱れないようにまずぴっちり整えてからアイロンをかけるようにしてください。腰回り→膝→裾→折り目→全体という順序です。

・毎日持ち歩く小物の代表、ハンカチ

出典:photoAC

まずキレイな四角になるよう広げ、四隅のうち一点を起点として2方向に向かってアイロンがけ。起点の対角線上の点に向けて、進めます。最後に中心から四隅に向けて丁寧にシワをとりましょう。

・清潔感のシンボル、白衣

出典:photoAC

医療関係の人が着る白衣や、小学生の子どもの給食着などの白衣は清潔感が大切。まずは袖からアイロンをあてます。背中にタックが入っている場合、先にタックにアイロンがけをすると後が楽です。ボタン部分はアイロンの先端を使って丁寧に仕上げましょう。

■アイロンは正しいかけ方でもっとキレイに仕上がる!

出典:photoAC

アイロンの基本のコツや、アイテム別のかけ方をご紹介しました。いつもシワひとつない衣類を身につければ、清潔感がアップして人からの印象も格段に良くなるはず!生地の特性や、ちょっとした注意点を知るだけでも日々のアイロンがけの効率は上がるので、ぜひ試してみてくださいね。

musubi

車と音楽を愛する2歳男子を育児中。アート鑑賞が趣味で、観たい展示の為なら国内どこにでも飛んでいきます!いかにストレスフリーで過ごせるかが人生のテーマ。

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!