出典:@stcm.homeさん

Lifestyle

結露防止スプレーで冬のお悩み解決!窓辺のカビ対策にも☆

冬から春先にかけて、窓辺のイヤな結露に毎年悩まされている人も少なくないでしょう。毎日拭くのは大変だし、かといってそのままにしておくと、窓まわりやカーテンのカビの原因にも!そこで役に立つのが、結露防止スプレーです。手軽にできる結露防止対策やおすすめ結露防止スプレーについてご紹介するので、冬のお悩み解決の参考にしてくださいね☆

結露を防ぐにはどのような方法があるのでしょうか?おすすめの結露防止スプレーとあわせて、さっそく見てみましょう!

■まずは結露のメカニズムを知っておこう☆

結露にはどんな影響があるのか、そもそもなぜ発生するのか、まずはそのメカニズムをご説明します。

・結露とは?なにか悪影響はあるの?

出典:photoAC

結露とは、寒い日などに窓ガラスやサッシにびっしりとつく水滴のこと。結露を放置しておくと、下に垂れてそこからカビが発生してしまいます。掃除が大変になるばかりか、そのままにしておくとアレルギーや肺炎などの原因にもなりかねないのだとか。また、家が腐るいちばんの原因も、実は結露だと言われています。

・結露ができるのは部屋の中と外の温度差が原因

出典:photoAC

結露には、部屋の中と外の温度差が影響しています。冬場、湿度が高いうえに暖房などで暖められた室内の空気が、外の冷たい空気で冷やされた窓ガラスなどにふれて液体になり、水滴として付着するのです。寒いところで金属の表面が湿ったり、冬に車のヒーターをつけると窓の内側が白く曇るのもこれと同じメカニズム☆

■結露を防止する手軽な方法は?

結露から家を守るには、窓の素材を変えたり二重窓にしたりといった方法もあります。けれど賃貸住まいなどで、簡単に窓をリフォームできないケースも多いですよね。そこで、手軽にできる代表的な結露防止策が次のふたつです。

・市販の結露防止スプレーを使う

出典:photoAC

ひとつめは、市販の結露防止スプレーを使う方法。結露防止スプレーには、結露の発生を抑えるものや、結露の水だれを防ぐものなどがあります。冬場になると『CAINZ(カインズ)』などのホームセンターや大きな薬局でも販売されているので、気軽に試してみることが可能です。

・結露防止シートや断熱シートを窓ガラスに貼る

出典:@______ri_0214さん

結露防止用のシートも販売されています。梱包などで使う“プチプチ”に似たタイプのものが多く、窓ガラスに貼ることで断熱効果が得られ、冷えによる結露の発生を抑えられるのが特徴です。

出典:@______ri_0214さん

また、“断熱シート”として販売されている商品も、これと似た効果が期待できます。断熱シートは『ニトリ』や『DAISO(ダイソー)』などでも購入可能です。

■いちばんお手軽!おすすめの結露防止スプレー

続いて、おすすめの結露防止スプレーをいくつか見てみましょう。

・布拭き不要で手軽な結露キーパー

出典:@____fizz.03さん

『国際科学工業』から出ている「結露キーパー」定価1,760円(税込)は、窓ガラスにスプレーするだけで布拭きいらずの手軽さが特徴☆高分子ポリマーがガラスの表面に膜を作り、結露の水だれを防ぎます。除菌・防カビ剤入りで、カビの発生を抑えてくれるのもポイント。

・業務用にも使われる結露ブロッカー3S

出典:@gugood0702さん

『システム・シャイン・サービス』から出ている「結露3Sブロッカー」は、「楽天市場」などで100ml入り1,650円(税込)程度から購入可能。もともと旅館などで使われる業務用として作られた商品で、スプレーしたあと拭き取ることで、結露の発生を抑える効果が期待できます☆

・アサヒペンから出ている結露の水だれ防止スプレー

出典:@stcm.homeさん

『アサヒペン』から出ている「結露の水だれ防止スプレー」638円(税込)は、ネットショップのほかホームセンターなどでも購入できます。ガラス面にスプレーし、拭いて均一に広げることで、ガラス面に撥水効果をプラス。結露自体を抑えるというよりは、結露した水滴が水だれするのを防ぐ効果が期待できます。

・断熱効果も期待できるイグザス結露防止スプレー


『イクザス 』の「結露防止スプレー」も1,000円以内で購入でき、ガラスにスプレーするだけと使い方は簡単☆吸水性ポリマーの膜により、水滴防止や曇り止めの効果が期待できます。さらに、断熱効果があるのも特徴です。

・口コミでも評判のトドマール プラス


『プラネットカンパニー』から出ている「トドマール プラス」も、成分である吸水性ポリマーが結露を吸収して水垂れを防止するうえ、断熱効果も期待できます。防カビ剤入りなのでカビ対策にも◎。「これを使うと結露がなくなった」など、口コミの評価も高い商品です。通販サイトなどでは1,500円前後で販売されています。

■結露防止スプレーがないときは代用品を使うのもアリ

結露防止スプレーが近くで売っていなかったり、ネット購入で届くまで時間がかかったりするときは、身近にあるアイテムで代用することもできます☆

・台所用洗剤を薄めたものをスプレーして拭く

出典:photoAC

台所洗剤を10倍の水で薄めたものをスプレーし、布拭きして窓やサッシに広げると、洗剤に含まれる界面活性剤の作用で、結露の発生を抑える効果が期待できます。ちなみに窓枠に使われることが多いアルミサッシなどは、アルカリ性や酸性に弱いので、できれば中性洗剤を使うようにしましょう。

・ウタマロクリーナーで拭くと結露しないという声も

出典:筆者撮影

ネット上では、「ウタマロクリーナーで窓を拭いたら結露ができなかった」という意見も見られます。実はウタマロクリーナーも、台所用洗剤と同じ界面活性剤が入った製品。そのうえ家中のいろんなところに対応できるので、気軽に使いやすいのもメリットです!

■放置しないできちんと結露対策をしよう!

結露を放置しておくと、カビの温床にもなりかねません。結露防止スプレーなどを取り入れて、きちんと結露対策を行うことが大切です。結露を防ぐには、専用スプレーとあわせて、除湿器を使ったり換気扇をこまめに回したりするのもおすすめ。「毎年のことだから」と諦めないで、結露しにくい環境作りを目指しましょう☆

くらら

小学生男子と幼稚園児女子を子育て中。ファッション・美容・収納系の話題が好きです☆最近はホットヨガにもハマっています。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!