出典:@min_manaminさん

Fashion

パンプスの人気ブランドをチェック!足が痛くならない選び方も

カジュアルスタイルや結婚式スタイルなど、どんなコーデもぐんと女性らしくしてくれるパンプス。パンプスといってもシンプルからゴージャスまでタイプもさまざま。パンプスをはいて足元のおしゃれを楽しみたいけど、足が痛くなるからと避けている人も多いのでは?
そんな人はパンプスの選び方を間違っているかも。今回はパンプスの正しい選び方や、プチプラから憧れブランドまで人気のデザインもご紹介します!

足が痛くならないパンプスが見つかると、パンプスへのイメージも変わるかも?!

■パンプスってどんなもの?いろいろなタイプがあるの?

パンプスとは、足の甲部分が大きく開いた女性用の靴のこと。基本的にはストラップや留め具がなく、シンプルなものを指すようですが、近年はデザインの幅も広がっており、ストラップがついたストラップパンプスやつま先の開いたオープントゥパンプスなど多くの種類がパンプスとして販売されています。
甲部分がVカットになっているタイプは美脚効果が高く、つま先が丸いタイプはかわいらしい印象になるなど、デザインによってイメージをがらりと変えることもできます。

■痛くないパンプスの選びかた(1)サイズ

出典:アシックスのパンプスは疲れない!足計測でフィットする1足を@ ayazzzzzzzzz さん

サイズ選びが少し難しいパンプス。仕事終わりの夕方に試着をして購入したけど、朝はいてみるとブカブカ…なんてことも。夕方は足がむくみやすいといわれているので、普段パンプスをはく時間帯に試着をして購入するのがベター。
パンプスをはくと足が痛くなるのは、サイズが合っていないだけでなく、ワイズ(足囲)が合ってない可能性も。サイズとともに「E」という表記がされているワイズは、Eの数が増えるほど幅が広く作られています。
パンプスの素材が革などの天然素材の場合は、はいていくうちに素材がのびていくので少し小さめのサイズを選んでみて。合皮の場合は、1cm~1.5cmほど余裕のあるサイズを選んでおくと、外反母趾などの足指トラブルを避けられそうです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE