出典:photoAC

Lifestyle

毛玉取りのおすすめは?スポンジで代用するならこのタイプを選ぼう

毛玉取りはあると便利そう…と思っていても、なかなか購入まで時間がかかるアイテムです。しかし、2020年は思い切って毛玉取り機を購入してみませんか?毛玉取り機があれば、毛玉のついたニットやスウェット、毛布、靴下など見て見ぬふりをしてきたアイテムたちが新品のように生まれ変わるはず!

今回は自分が思うおすすめ度が高い毛玉取り機について調べてみました。種類やおすすめの毛玉取り機を紹介するので、購入を考えている人は参考にしてみてくださいね。

■毛玉取りってどれがいいの?毛玉取りの種類とメリットデメリット

毛玉取りには大きく分けて2種類あります。その特徴とメリットデメリットを紹介するので、知らない人は要チェックですよ!

・大切な衣類を守るなら手動の毛玉取り

出典:photoAC

手動の毛玉取りは衣類の状態を見つつ自分で力加減ができるので衣類を傷めにくいのがメリットです。電源を必要としないので使用場所に縛りがなく、どこでも毛玉取りができます。しかし、衣類の素材によっては毛玉を取り除ききれないことが…。特に化学繊維系の衣類にできる小さくて硬い毛玉は取り除きにくいでしょう。

・大量の毛玉を短時間で取り除くなら電動の毛玉取り

出典:photoAC

電動式の毛玉取りのメリットは何といっても毛玉を取り除きやすいということ!電動モーターが毛玉をカットして取り除くので、短時間でキレイな状態に整えられます。ただ、モーターの力が強いばかりに衣類を傷めたり、穴を開けたりという可能性があるので、電動式を使う場合は刃の深さを調整できるタイプが安心でしょう。

■電動式の毛玉取りをさらに種類分け!

手動式と違い、電動式にはさらに3つのタイプに分けられます。その違いを知っておけば、購入するときの参考になるはずですよ。

・長時間作業なら交流式

出典:photoAC

交流式とはコンセントに繋いで動かすタイプのことです。広い面の毛玉取りやパワー重視の人におすすめ☆モーターの回転速度が遅くならないので、複数枚の洋服を一気に処理できます。しかし、作業のときにコードが邪魔になることも…。
常に高回転しているため、力加減が難しく衣類に穴が開く可能性もあるので使い方には注意が必要です。

・コードレスにもなる2WAY使用の充電式

出典:photoAC

コードがない分、使う場所を選ばないのが充電式の特徴です。コードを繋いで交流式としても使えるので使用場所や衣類の量によって使い分けができるでしょう。ただ、充電時間が長く、使用時間は短めというのが充電式のマイナスポイント。基本は交流式で使用するのが無難かもしれません。

・電池を入れれば即使える!電気式

出典:photoAC

『DAISO(ダイソー)』などの100均でも人気商品としてランクインする電池式の毛玉取り。小ぶりなサイズのものが多く、ポーチやバッグなどに携帯しておくこともできます。特にダイソーの毛玉取りはお昼のテレビ番組「ヒルナンデス!!」でも紹介された秀逸アイテム☆放送以降ロングセラー商品として人気を博しています。電池式は電池の交換が必要になるので、使用頻度が高い場合はコスパが気になるところですが、旅行や出張先での毛玉問題には十分威力を発揮してくれることでしょう。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]