出典:@ uemura_aさん

Fashion

気温と天気を毎日チェックしよう!服装選びが簡単&楽しくなる

「毎日どんな洋服を着よう?」子どもがいる家庭では「一日中、薄着で大丈夫?上着があったほうが良い?」そんなとき天気や気温を参考に服装を選んでいる人も多いですよね。特に昼と夜の寒暖差がある季節や「10度が最高気温?最低気温?」によっても服装選び、アウターの準備など変わってきますよね。気温で決めれば失敗しない選び方を知っておくと参考になるようです。おすすめアプリなどについても紹介していきます。

まずは気温にあわせた選び方「服装指数」について見ていきましょう。

■服装指数を目安にしたら洋服選びが楽に!

服装を選ぶときに「天気予報は参考しているけど…」という人は多いと思います。服装指数を参考にするともっと洋服選びが簡単になるようですよ。そんな服装指数について見ていきましょう。

・洋服選びの目安になる服装指数って?

出典:photoAC

日本気象協会が毎日発表している、気温にあわせた服装選びを「服装指数」と言います。東京だけでなく全国の情報が見れて「15くらいならこれを着よう」と服装選びの基準が分かるので、とても参考になりますよ。

・服装指数70以上で半袖、30以下で冬服に

服装指数は10~100まであります。10~20は冬の一番寒い時期で厚手のダウンジャケットが必要、90~100は夏の暑い時期でタンクトップや薄手のTシャツ、という目安で、服装選びの基準になるようです。
例えば80だと初夏~夏の時期で半袖がベスト、30は冬物コートやセーターなどが必要な時期になります。

■気温別に適した服装選びのポイント!

気温に適した服装はレディースもメンズも共通することが多いですよね。それぞれの気温に適した服装を見ていきましょう。

・10度以下は防寒対策

10度以下は冬真っ只中の気温ですよね。レディース&メンズともに、冬服やタートルネック、スーツの上にはダウンジャケットやコートなどのアウターが必要です。重ね着しながらおしゃれも楽しみたいですよね。手袋やマフラーなどの小物もプラスし、女性はブーツや厚手のタイツをはく人も増える時期です。

出典:@ mikiaobaさん

こちらは温かいワイドなシルエットのダウンジャケットとホワイトカラーのタートルネックが首周りをしっかりと防寒できる着こなしです。

出典:@ jo_reeさん

ロングコートは防寒にとてもおすすめです。@jo_reeさんのチェックコートは冬の寒い季節に暖かい雰囲気にしてくれます。スキニーパンツにもぴったりな着こなしですね。

・11~15度までは冬間近の寒さ

秋から冬に変わって寒いと感じてくる頃です。コート、ダウンはまだ早いけど、少し薄いアウターやベストタイプのダウン、セーターを用意しておきたい気温です。

出典:@ mikiaobaさん

タートルネックのニットベストはこの温度にぴったりな服装です。首周りを暖かくしてくれて、肌寒い時期にも大活躍してくれます。

出典:@ pulochibiさん

秋から冬に大活躍の@pulochibiさんのアウターは少し厚手でカジュアルなタイプ。ちょっと寒いと感じる頃に出番が多くなりますね。

・16~20度までは少し寒い

少し寒い日もあったり暖かい日もあったり平均して過ごしやすい気温の頃。重ね着で温度調節しやすい時期でもあります。薄手のカーディガンやコートなどのアイテムを用意しておくと安心ですよね。またストールなども活用しやすいのでおすすめです。

出典:@ cozue_nさん

春や秋口に活用しやすい薄手の羽織りコートがおすすめ。少し暖かい日は、足首を出した着こなしもしたいですね。

出典:@ jo_reeさん

@jo_reeさんのステンカラーコートは春先に活躍間違いなしです。インナーシャツとコートの色組み合わせも参考にしたい服装ですね。

・21~25度までは過ごしやすい時期

晴れて暖かい時期なら半袖、曇りや日差しが少ないと長袖にすると良い時期です。どちらか迷ったら薄めの素材や、羽織ができるカーディガンなど持って外出するのがおすすめ。また移動時間の電車内やオフィスなどでは冷房が効いている場合も多く、上着を持っておくと安心です。

出典:@ uemura_aさん

インナーはTシャツ、ちょっと肌寒いときにはUVカットクルーネックカーディガンを羽織れば、紫外線対策と温度調節がしっかりとできる服装です。

出典:@ pulochibiさん

@pulochibiさんのパーカー&ジーンズのカジュアルな着こなしは、この気温に大活躍する服装。温度調節しやすいパーカーは安心なアイテムです。

・30度以上☆暑い夏到来!

30度以上は汗をよくかき半袖で過ごす夏の気温ですよね。レディース&メンズ両方、日中外に出ることがある場合は、帽子や日傘などもプラスするのがおすすめ。足をだしてサンダルをはく人も多くなりますよね。帰宅が夜遅くなる場合は夏用のカーディガンなども用意しておくと安心です。

出典:@ cozue_nさん

こちらはトップスのロングキャミソールと太めのジーパン。見た目にも涼しい服装ですよね。帽子が紫外線対策になり、サンダルでさらに夏らしい着こなしです。

出典:@ jo_reeさん

@jo_reeさんのハーフパンツ&ミニタリーシャツ、サンダルは、涼しい&夏らしい着こなし。参考になりますね。

■天気でコーデを紹介してくれるアプリが活用できる

出典:photoAC

最近は天気アプリでコーデの参考になる情報が簡単に調べられます。その中から気になるアプリを見ていきましょう。

・便利な天気予報アプリ

毎日の洋服選びにおすすめなのは天気予報の「キナリノ」アプリ。天気予報と気温を自分が住んでいる地区単位に合わせて細かく見ることができます。その日のコーデをイラストで見られるのもあって、毎日の洋服選びが楽しくなりそうです。

・服装指数は日本気象協会でチェック

日本気象協会の服装指数は、「tenki.jp」アプリやサイトで見ている人も多いようです。‎一週間先までの服装を確認できる点がとても便利。旅行先や出張中の地域など、情報を事前に把握しておけるのでビジネスマンにも人気です。

・今日の重ね着はたくさんの情報が見れる

自分の住んでいる地域を設定すると、その日おすすめの服装が出るのがとても便利な「今日の重ね着」サイト。季節の変わり目や、最低気温&最高気温の目安を把握したいとき、朝早く出て夜遅く帰ってくるときなど、「どんな重ね着が良い?」か知りたい人、一度でたくさんの情報を知りたい人に必見です。

■気温で服装を選んで毎日のコーデが楽に!

天気予報はもちろん、気温や気候も調べておくと服装選びがスムーズになりそうです。最近は市区町単位まで細かく調べることができるので、ますます便利で快適に、家族みんなのコーデも一気に決めることもできますよね。
友達とランチ、家族で旅行など、それぞれの予定にも気温情報を取り入れた服装選び楽しみになります。ぜひ参考にしてみて下さいね。

manii

2歳おてんば女子のママです。美容やアロマの事が大好きです。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!