出典:@cecil0930_inoueさん

Beauty

正しいシェーディングの入れ方!初心者も簡単にできる【顔型別】小顔テク

シェーディングとは、輪郭のコンプレックスを削るという骨格メイクのひとつ。最近はハイライトと合わせ使いで立体感をつくる「コントゥアリング」も話題ですね。輪郭コンプレックスはあるけれど、“シェーディングの入れ方が分からない”と思う方もいるのでは?そこで今回は、美容師としてヘアメイクの経験をもつライターsayacoが輪郭タイプ別にシェーディングの入れ方やおすすめの商品などをご紹介していきます!

正しいシェーディングの入れ方を知っておけば誰でも簡単にマスターできますよ☆骨格メイクを習得していつもと違う自分を発見したい方は、ぜひ挑戦してみましょう。

Recommend

「かわいくて子どもが乗りやすい♡」 ファースト自転車ってどう選ぶ?

■シェーディングを入れる効果とは?

人には輪郭のタイプがあります。面長さんやベース顔さんたちが少しでも理想のフェイスに近づくために、シェーディングという“小顔に見える”テクニックを用います。また、顔に立体感をもたせる効果もあるのでメイクにメリハリが生まれます。

■シェーディングを入れるタイミングは?

出典:photoAC

メイクをする中でどのタイミングで使えば良いか迷うシェーディング。これはベースメイクが完了したときに使うのがベストです。輪郭や鼻筋などにシェーディングを入れたらハイライトを使って顔に凹凸を作ってあげましょう。ここまでの工程が終わったらポイントメイクに。メイクのバランスが取りやすくなりますよ◎

次からは輪郭別でシェーディングの入れ方について解説していきます。シェーディングの入れ方は、自分の顔の形を知るだけでほぼマスターしたようなもの。ご自身の輪郭を想像しながらチェックしてみてくださいね◎

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE