Comic

【ママ友ができません!】#3 勧誘に暴露…本当にあった怖いママ友の話

今回は筆者の体験を元に、ネットでママ友を作る時に気をつけるべきポイントと、実際にこんな怖いことがあるらしいよ...というお話を紹介します!

ママ友がいない筆者ですが、身近に出会いが無いなら、インターネットでママ友探せばいいじゃない!とも思います。しかし、過去にネットで知り合った友人との間にトラブルがあり、少し怖いと思っているところがあります。

ネットでママ友を作るのが怖い理由

Webの知識があまり無かった頃に、インターネットで共通の趣味(オタク趣味)を通じて仲良くなった方がいました。(※2007年頃の話です)

(↑コアな趣味を通じて知り合うと一気に仲良くなりますよね)

一緒にコミックマーケットや同人誌即売会などに出かけたりして仲良くやっていたのですが、他の友人と仲良くすると怒ったり
夜中のメール(当時はLINEがなかった)に返事をしないと「私のこと嫌いになった?」と言ってきたりと、ちょっと変わった子でした。

徐々にフェードアウトしようとすると、本名(ちょっと珍しい名前)と誹謗中傷と連絡先、当時働いていた会社の電話番号などを某巨大掲示板に書かれてしまい、私の名前で凄い誹謗中傷がヒットするようになり、会社にもいたずら電話がかかってきて、更には就職で苦労するので、名前を裁判所で変更しなければならない...という大ダメージを負ったことがありました。

当時は若かったので、まさかこんなことになるなんて思いもしませんでした。
どんな人かあんまり解らない人には自分の個人情報を与えてはいけないな、と身をもって学びました。

怖いと言って諦めたら出会いの幅は狭まる

しかしながら、昨今ではSNSの普及により以前よりは気軽にネットで出会うことが普通になってきていると思います。
「変な人に出会うかもしれないから、ネットで出会うのはこわい」というのは「飛行機が落ちるかもしれないから、旅行にいくのがこわい」というくらい勿体ないことです。

「ネットで出会うことは完全に安心ですよ」というつもりでもなく、気を付けるべきところは気をつけて出会いの幅を広げるのは良いことだと思います。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]