出典:@ ____hus.2さん

Lifestyle

洗濯機おしゃれなの7選!【2021最新】映えにもこだわる人必見です

生活空間にある洗濯機、圧倒的な存在感を放っていませんか?存在感が大きいからこそ生活感がでてしまいがちですが、洗濯機をおしゃれなものにすれば、生活空間を魅力的に変身させられますよ。最近では、機能性はもちろんデザイン性にもこだわった洗濯機が豊富に出ているんです。

今回は、スタイリッシュなものからレトロなものまで、インテリアとしても楽しめるおしゃれ洗濯機をご紹介します。

■【洗濯機の種類】縦型とドラム式、それぞれの特徴とは?

洗濯機の種類は大きく分けて縦型、ドラム式の2種類あります。それぞれの特徴を確認していきましょう。

・縦型洗濯機はもみ洗いで汚れを落とす

出典:photoAC

縦型洗濯機は、洗濯槽の底にある羽根を高速回転させ、洗濯物同士をこすり合わせて洗う“もみ洗い(かくはん洗い)”で汚れを落とすのが特徴。水流と遠心力を利用してもみ洗いをするため、洗濯物についた汚れをしっかり落とせることがメリットです。
浄力重視の方は、縦型をおすすめします。また、ドラム式より安い値段で買えるのも魅力のひとつ。しかし、乾燥機能つきの縦型洗濯機で乾燥した場合、ドラム式よりもシワになりやすいというデメリットもあるそう。

・ドラム式洗濯機は叩き洗いで汚れを落とす

出典:photoAC

ドラム式洗濯機は、洗濯槽がななめor横の状態で回転し、洗濯物が上に持ち上げられては落下するという動きを繰り返します。つまり、洗濯物が下に落ちる動きで“たたき洗い”をして汚れを落とすのがドラム式洗濯機の特徴です。
また縦型洗濯機に比べ必要とする水の量が少なく、節水できることがメリットです。また、乾燥機能を使うとふわっとした仕上がりになるのもポイント。
縦型洗濯機に比べ、価格が高価で洗濯機本体が大きく設置場所を選ぶことなどがデメリットとしてあげられますが、最近ではコンパクトタイプもありますよ。

■おしゃれな洗濯機の選び方!注意したいポイント3つ

おしゃれなデザインの洗濯機といっても種類はさまざま。洗濯機を選ぶ際に気をつけたいポイントを3つご紹介します。

・家族の人数に見合ってる?容量はしっかりチェック! 

おしゃれな洗濯機を選ぶ際、デザイン性に注力しすぎて容量確認を見落としていた…なんて失敗もあるようです。世帯人数に合った容量の洗濯機を選びましょう。

一般的に1人の1日分の洗濯物の量は約1.5kgといわれています。洗濯機の容量の目安は以下のとおり。
1人世帯:~5kg
2〜3人世帯:5〜7kg
4〜5人世帯:7〜9kg
5人以上世帯:9kg以上

・設置場所と洗濯機のサイズ確認も忘れずに!

洗濯機を設置する場所、いわゆる防水パンに入るサイズを選ぶ必要があります。
容量の大きいものを買って、入らなかったということにならないように購入前に防水パンのサイズをしっかり測ってお店にいきましょう。
また、縦型よりドラム式のほうが場所を取るので注意してくださいね。

・どんな機能があるのかもチェックしてみて!

最近の洗濯機には、家事の手間を省いてくれるさまざまな機能がついています。

例えば…
洗濯乾燥機能:洗濯から乾燥まで自動で行ってくれる機能
温水洗浄機能:温水で洗って皮脂汚れやニオイを落とす機能
洗剤・柔軟剤自動投入機能:専用タンクから自動で洗剤や柔軟剤を投入してくれる機能

デザイン性とともに自分が希望する機能がついているかどうかも考慮して選びましょう。

Recommend

五感を刺激!お風呂のおもちゃが好奇心を育てる【Sassy】の新作が登場!

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]