出典:photoAC

Fashion

財布の寿命はどれくらい?買い替えのタイミングや修理方法を知っておこう

■長持ちさせるためにすることは?財布の選び方と注意点

お気に入りの財布は長く使いたいですよね。長く使い続けられる財布の選び方や財布のお手入れ方法などを紹介します。

・財布の素材に注目!天然のレザーは寿命が長い

出典:photoAC

天然物のレザーは耐久性に優れていて、寿命が長いのが特徴です。中でも牛革を使用したレザーが特におすすめ。使い馴染みが良い素材で、品質に安全性もあります。風水的にも、牛革は豊かさの象徴とされており、お金がたまりやすいといわれているそうです。
またブライドルレザーは馬具に使われている素材で、かなりの強度があるうえに水にも強いため寿命が長い財布といえるでしょう。一生ものの財布として適したアイテムです。

・二つ折りは傷みがはやい?長持ちする財布の形とは

財布は長財布か二つ折りの財布が定番ですよね。二つ折りの財布はコンパクトなので、持ち歩くときは便利ですが、折りたたむときの革への負担やポケットに入れることで傷みが早くなります。長財布の場合は革への負担も少ないので、比較的長持ちしやすいでしょう。ただし、長財布でもポケットに入れたり、カードをたくさん入れたりすると傷みやすくなるので注意が必要です。

・保湿が寿命をのばす!革専用製品で定期的なケアを

出典:photoAC

革財布は人間の肌と同じで、保湿することが大切です。革専用のクリームでしっかり油分を与えることで、傷みにくくなりますよ。
しっかりツヤも出せるので、キレイな状態を長くキープできます。合皮革の場合は油分が浸透する素材ではないため、クリームを塗る必要はありません。

・よくやりがち!お尻のポケットなどには入れない

出典:photoAC

財布をポケットに入れて持ち歩くと、歩くたびにポケットの生地と擦れるので、革製品を傷めやすくしてしまいます。またポケットに財布を入れたまま座ることで、型崩れも起こすことも。財布を長持ちさせるためには、カバンの中に入れるように心がけましょう。

・カードなどを入れすぎは型崩れの原因に!

財布の中がカードでパンパンになっている人は意外と多いのでは?カードはなるべく最小限にして、あまり使わないものはカードケースに入れるようにしましょう。財布がパンパンだと型崩れしやすく、風水的にはお金も貯まりにくいそうですよ。

・湿気や水は革財布の天敵! 水分から財布を守ろう

出典:photoAC

本革の財布は耐久性に優れてはいるものの、水に弱いという弱点があります。本革が水に濡れてしまうと、水ぶくれやしみ、変形の原因になることも。
湿度が高いのもあまり良くないので注意しましょう。予防法として、防水スプレーをしておくのも良いかもしれません。

■気に入っている財布は捨てられない…修理できる?

「大切な人からプレゼントされた財布」や「使いやすくてお気に入り」などと気に入っている財布はなかなか捨てられないものです。どんな素材の財布なら修理できるのでしょうか。修理できる箇所も含めて紹介します。

・表面の汚れは専用クリーナーがおすすめ

汚れの修理は、基本的にどんな素材でも可能でしょう。ただどれも程度によります。少しの汚れや手あかによる黒ずみであれば、革財布は革専用のクリーナーを使ってきれいにしましょう。
合皮革の財布は、水をしっかりしぼったタオルで拭き、やわらかい乾いた布で拭いてください。布製の財布の場合も専用のクリーナーを使ってきれいにしましょう。
布製の場合は中性洗剤を水にといて布にしめらせ、財布の汚れた部分をその布でたたくようにして汚れを落とす方法もあります。

・糸のほつれは修理可能かも

財布の周りをステッチしている糸などは、簡単なものであれば自分で縫い直すこともできるでしょう。ただ革財布の場合、布を縫うのとは違う技術が必要となるので、個人では難しいかもしれません。そういった場合は、修理専門店や革類を扱うお店に問い合わせましょう。

・ファスナーは意外と簡単

ファスナーは意外と簡単なパーツで、外して新しいものを取りつけるだけです。縫うときも財布の裏から縫うので、比較的裁縫が苦手な人も仕上がりが気にならないかもしれません。
ただ、糸のほつれのときと同じように、革財布のときは注意が必要なので、専門家にお願いするのがおおすすめです。

■財布の使い始めは縁起が良い日を選ぼう!

春財布という言葉は「春=財布が張る」という意味があり、春に財布を変えるのは縁起が良く、金運もアップされるといわれています。
また春に財布を買い損なったという人は「寅の日」や「大安」の日などに使い始めることで、お金が貯まりやすいといわれています。これからの時期に財布を買い替えるときは、 暦を見て使いはじめの日を決めると良いかもしれませんね。

Recommend

【医師監修】尿漏れ、骨盤のゆるみetc… 相談しにくい産後の悩みの解決法!

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]