出典:@ _0_3_1_1_さん

Beauty

ヘアバンドのおしゃれなつけ方!長さ別や年代別におすすめのアレンジも!

伸びかけのヘアやいつものヘアスタイルにマンネリ化したときに気分を変えてくれるヘアバンド!お家スタイルにも使えて、寝ぐせも隠してくれる万能なヘアバンドは20代~40代・50代までの幅広い年齢層から支持されています。うまくアレンジする自信がない方でも大丈夫!今回は元美容師のライターsayacoが、この記事を読めばヘアバンドマスターになれるように分かりやすく伝授しますよ! 

適当なのにこなれ感を出せるテクニックや、真似したくなるヘアバンドのアレンジもご紹介しますので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね♡

■ヘアバンドがズレてくるときの対策は?

一度は試したことがあるヘアバンドアレンジ!でも、後ろ髪が浮いたり、ヘアバンドがずり上がってきたり…。簡単そうにみえて、意外とイメージ通りにできずに悩んでいた方も多いのでは。ここではその対処方法をお伝えします。
 

・後ろ髪が浮くとき(髪を下したスタイルの場合)

幅広のヘアバンドを使うときに気になるのが、後ろ髪の襟足がヘアバンドに持ち上げられ浮いてくること。そんなときは、襟足の髪を少し逃がしてあげると良いでしょう。いつも通りヘアバンドをつけたら、襟足から5cmくらいの髪の毛を引き抜くようにおろして上からヘアバンドで押さえつけます。うまくいかない場合は、あとで引き抜く用の襟足を残した髪の毛を、ゴムで結んで最初から分けておくと、髪が絡まずヘアバンドもつけやすいですよ◎
 

・ヘアバンドがずり上がってくるとき

出典: @ _.irodori._さん

ヘアバンドを長時間つけていると、だんだんずり上がってくるなんてことありませんか。
そんなときは、ヘアバンドを耳にかけずに、耳の上からつけてみてください。また、髪の長い方や結んでヘアバンドをつける場合は、ローポニー(髪を下の方で結ぶ)や低めの位置でお団子を作ってひっかけるようにすると、安定します。

■ヘアバンドの太さによって雰囲気が変わる!

出典: @ _.irodori._さん

ヘアバンドは太さを変えることによって、カジュアルやオフィススタイル・エレガント系など雰囲気が変わってきます。

・細めスタイルはオフィスやエレガントな雰囲気に

細めのヘアバンドはオフィスやエレガントコーデにぴったり。顔まわりをすっきり見せてくれるので、知的で上品な印象になります。カラーも、ネイビーやブラックを選べば派手にならず、オフィスにもおすすめです!

・太目のヘアバンドはカジュアルな印象に

出典:mamagirlLABO@ serina1031さん

太目のヘアバンドは大人カジュアルコーデにぴったり。洋服のコーデに合わせた同系色を選ぶワントーンコーデや、さし色でアクセントカラーにしてもオシャレですよね。つけるだけで注目度の高いコーデが簡単にできるので、初心者にもおすすめです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]