出典:photoAC

Lifestyle

クッションの正しい洗い方やお手入れ方法総まとめ!乾かし方にも注意せよ

毎日のくつろぎタイムに活躍してくれるクッション。枕にしたり、肘を置いたりしてリラックスしている人もいると思います。毎日使うからこそクッションは意外と汚れており、クッションを清潔に保つためにも定期的に洗濯やお手入れが必要です。今回はクッションの正しい洗い方やお手入れの方法を紹介します。

クッションには洗える素材と洗えない素材があります。それぞれ見てみましょう。

■クッションの洗える素材と洗えない素材

出典:photoAC

クッションには洗える素材と洗えない素材があります。同じ素材でも洗えるものと洗えないものがある場合もあるので、洗濯前に必ず洗濯表示を確認しましょう。

・洗える素材のクッション


<ポリエステルの綿>

ポリエステルの綿が使用されたクッションは、基本的には洗濯機で洗うことができます。しかし中の綿が偏りやすくなるため、脱水のときに形を整えたり平らな場所で乾かしたりしましょう。

<パウダービーズ>


ビーズの入ったクッションは、洗濯機で洗うことができます。ただし生地が破れる恐れがあるため気をつけましょう!生地が劣化してきている場合には手洗いで洗うことをおすすめします。

<羽毛>


羽毛が使われているフェザーやダウンなどのクッションは、洗濯機・手洗いの両方可能です。洗濯機の手洗いモードやソフトモードを使って優しく洗うのがポイント。

・洗えない素材のクッション


<低反発>

出典:photoAC

ふわふわのマシュマロクッションに使われるような低反発素材のクッションには、低反発ウレタンやポリウレタンなどのウレタン素材が使われています。これらは水を通さず乾燥できない特殊な素材なため洗うことはできません。

■クッションを洗濯する前に確認すること

洗濯する前にいくつかの確認事項があります。

・カバーは外せる?外せない?

出典:photoAC

カバーが外せるか外せないかの確認が必要。洗濯表示を確認し、カバーが外せて洗濯できるものは、カバーを裏返して四隅のごみを取り除いてから洗濯ネットに入れて洗濯すると良いでしょう。柔軟剤を合わせて使用すると、肌触り良く仕上がりますよ!

・洗濯表示の確認

出典:photoAC

洗濯表示を見れば洗濯可能かどうかが一目瞭然。マークにバツがついていなければ基本的には洗えるということがわかります。洗濯機で洗えるのか、手洗い推奨なのか、おしゃれ着用洗剤が使えるかなどが示されているため、洗濯前に確認して洗濯表示に従いましょう。

・色落ちしないかの確認

せっかくのきれいな色のクッションが色落ちしてしまうと悲しいですよね。洗濯する前に目立たない部分に洗剤をつけて、色落ちしないかテストしておくと安心です。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]