出典:photoAC

Lifestyle

クッションの正しい洗い方やお手入れ方法総まとめ!乾かし方にも注意せよ

毎日のくつろぎタイムに活躍してくれるクッション。枕にしたり、肘を置いたりしてリラックスしている人もいると思います。毎日使うからこそクッションは意外と汚れており、クッションを清潔に保つためにも定期的に洗濯やお手入れが必要です。今回はクッションの正しい洗い方やお手入れの方法を紹介します。

クッションには洗える素材と洗えない素材があります。それぞれ見てみましょう。

■クッションの洗える素材と洗えない素材

出典:photoAC

クッションには洗える素材と洗えない素材があります。同じ素材でも洗えるものと洗えないものがある場合もあるので、洗濯前に必ず洗濯表示を確認しましょう。

・洗える素材のクッション


<ポリエステルの綿>

ポリエステルの綿が使用されたクッションは、基本的には洗濯機で洗うことができます。しかし中の綿が偏りやすくなるため、脱水のときに形を整えたり平らな場所で乾かしたりしましょう。

<パウダービーズ>


ビーズの入ったクッションは、洗濯機で洗うことができます。ただし生地が破れる恐れがあるため気をつけましょう!生地が劣化してきている場合には手洗いで洗うことをおすすめします。

<羽毛>


羽毛が使われているフェザーやダウンなどのクッションは、洗濯機・手洗いの両方可能です。洗濯機の手洗いモードやソフトモードを使って優しく洗うのがポイント。

・洗えない素材のクッション


<低反発>

出典:photoAC

ふわふわのマシュマロクッションに使われるような低反発素材のクッションには、低反発ウレタンやポリウレタンなどのウレタン素材が使われています。これらは水を通さず乾燥できない特殊な素材なため洗うことはできません。

■クッションを洗濯する前に確認すること

洗濯する前にいくつかの確認事項があります。

・カバーは外せる?外せない?

出典:photoAC

カバーが外せるか外せないかの確認が必要。洗濯表示を確認し、カバーが外せて洗濯できるものは、カバーを裏返して四隅のごみを取り除いてから洗濯ネットに入れて洗濯すると良いでしょう。柔軟剤を合わせて使用すると、肌触り良く仕上がりますよ!

・洗濯表示の確認

出典:photoAC

洗濯表示を見れば洗濯可能かどうかが一目瞭然。マークにバツがついていなければ基本的には洗えるということがわかります。洗濯機で洗えるのか、手洗い推奨なのか、おしゃれ着用洗剤が使えるかなどが示されているため、洗濯前に確認して洗濯表示に従いましょう。

・色落ちしないかの確認

せっかくのきれいな色のクッションが色落ちしてしまうと悲しいですよね。洗濯する前に目立たない部分に洗剤をつけて、色落ちしないかテストしておくと安心です。

■洗濯機を使ったクッションの洗い方

出典:photoAC

洗濯表示を見て手洗いマークにバツの印がなければ洗濯機を使って洗うことができます。

1.クッションのカバーを外せる場合は外して本体を洗濯機に入れる。
2.中性洗剤を投入する。
3.手洗いコースなどの優しく洗うコースを選択して洗濯機を回す。
4.脱水前に1度取り出し形を整える。(こうすることで仕上がりの形が良くなりますよ!)
5.洗ったクッションを風通しの良い日陰で平干しにして乾かす。

洗濯機でクッションのお手入れが手軽にできるため、なかなか洗う時間がないといった人におすすめです!

■手洗いでのクッションの洗い方

出典:photoAC

生地の破れや型崩れが気になる人には手洗いがおすすめです。

1.カバーが外せるものは外して洗濯機へ。洗濯ネットに入れて洗い、風通しの良い場所で乾かしましょう。
2.洗面台や桶などにぬるま湯をためる。
3.軽く泡立つくらいの量の中性洗剤をぬるま湯に溶かす。
4.クッションを押したり離したりするように押し洗いする。
5.汚れが落ちたら水を変えて、泡や洗剤がなくなるまですすぎをする。
6.クッションの水分をタオルでふき取って風通しの良い場所で平干しにして乾燥させる。

手洗いだと少し手間はかかりますが、手洗いすることで、クッションの過度な摩擦を減らすことができるためクッションの劣化を防ぐことができます。

■ロングクッションやぬいぐるみクッションの洗い方は?

抱き枕や授乳クッションのなどのロングクッションはサイズが大きいため洗濯できるのか気になりますよね。基本的には洗濯表示を確認して洗える素材であれば洗ってもOKです!ロングクッションは、洗濯機に入らないのでお風呂の浴槽で洗いましょう。では洗い方です。

・ロングクッションの場合

出典:筆者撮影

1.カバーが外せるタイプのクッションは、カバーを取り外し洗濯ネットに入れて洗濯機で洗う。洗ったら風通しの良い場所で干しましょう。
2.浴槽の底から約10cmのぬるま湯を張り、洗濯約1回分の中性洗剤を溶かして洗浄液を作る。
3.ロングクッションを液に浸し、押し洗いをして汚れを溶かしだす。このとき足で踏むことで洗いやすくなります。
4.水を入れ替えて、3回ほど泡が出なくなるまですすぐ。
5.浴槽のフチに30分ほどかけて、ある程度水分が切れるまで待つ。
6.バスタオルを押しつけて、できるだけ水分を吸い取る。
7. 水平において干す。
(完全に乾くまで数日かかることもあります。)

ロングクッションは洗濯の工程を手早く進めて、しっかり水気を切ることがきれいに仕上げるポイントです!

・ぬいぐるみクッションの場合

出典:筆者撮影

人気のディズニーや『Flying Tiger(フライングタイガー)』などのぬいぐるみクッションは、ぬいぐるみと同様で手洗いがおすすめ。洗面器にぬいぐるみクッションが浸かる程度の水と、おしゃれ着用洗剤を少々入れて押し洗いをしましょう。20~30回ほど優しく型崩れしないように押していき、洗った後は水に汚れがなくなるまでぬいぐるみクッションを丁寧に押しながら、水をきれいなものに入れ替えてすすぎを行います。
ぬいぐるみクッションを軽く押しながら脱水したら、タオルで水分を吸い取ります。最後に平干し用のネットの上などにのせて、風通しの良い日陰で乾かせば完了です!

■クッションはコインランドリーでも洗える?

出典:photoAC

クッションは縫製が弱いためコインランドリーで洗うことはあまり推奨されていません。さらに中綿が片寄って変形する可能性も。どうしても洗濯する際は必ず洗濯ネットに入れて利用しましょう。

■クッションは洗濯乾燥機を使っても大丈夫?

クッションの素材で乾燥機が使えるものは羽毛・羊毛のみ。ポリエステルの綿やパウダービーズなどは熱に弱いため変質してしまいます。さらに、綿花製のクッションは激しい回転をかけると中が偏ってしまいます。これらの素材のクッションには乾燥機は使わないようにしましょう。

■クッションの干し方

出典:photoAC

日光に当てると早く乾くと思いがちですが、クッションに日光を当てるのはNG。日光が当たることによって、黄ばみや色落ちの原因となることも。風通しの良い場所で陰干しをしてください。また、なかなか乾きづらいクッションはカビの発生を防ぐためにも何日かかけてしっかり乾かしましょう。中が偏らないように平干しするのもポイント。

■洗濯不可のクッションのお手入れ方法は?

低反発素材やウレタンが使用されているクッションは洗濯不可です。クリーニング店でも洗濯はできないため、撥水性の高いカバーを購入して使用するか、買い替える人も多いよう。
お手入れ方法としては中性洗剤を薄めに溶かして作った洗剤液でタオルを濡らし、表面を優しくなでるように吹きましょう。その後、自然干しや扇風機を利用して陰干しするとお手入れ完了です。

■定期的に洗って清潔なクッションで過ごそう!

家族みんなが使うクッション。洗濯方法も難しくないため1カ月に1度程度のペースで洗って清潔に保ちましょう。洗濯機で丸洗いできるウォッシャブルクッションも販売されているので面倒だなといった人にはこちらもおすすめです!

shoco

1歳の男の子の子育てに奮闘中!旅行が大好きです☆夢は家族でフロリダディズニーに行くこと!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]