出典:メディアでも話題!IKEAのソファーベッド「フリーヘーテン」って?@ aronekoroomさん

Lifestyle

ソファーベッドならIKEAにお任せ☆圧倒的に種類豊富でイイもの見つかる

■ソファーベッドを選ぶときのポイントは?

出典:photoAC

それでは、ソファーベッドを選ぶときのポイントを見ていきましょう!

・サイズはどれくらいのものを選べばいいの?

出典:photoAC

まず選ぶときに気をつけたいのが、サイズ選び!ソファ―ベッドを選ぶときには、使用する人数や部屋の大きさで選ぶと良いですよ。部屋に設置したら大きすぎた!なんてことにならないようにサイズチェックは忘れずにしましょう。
一人暮らしでソファーベッドを買うのなら、2人掛けやコンパクトなのものの方が、部屋を圧迫せず使い勝手が良いですよ。
広い部屋や複数人で使うなら、ダブルや3人掛け、それ以上大きい物でも◎部屋の大きさに合わせて選びましょう。

・ソファからベッドへの切り替え方法で選ぶ

出典:@ _nevvxnevv_さん

ソファーベッドを選ぶときに切り替え方法もチェックしましょう!

切替方法は、大きく分けると2つあります。

<背もたれを後ろに倒すタイプ>
背もたれを後ろに倒すことでベッドに切り替わるタイプのソファ―ベッドです。リクライニングがついたものもあるので角度が調整できます。

<座面を前に引き出すタイプ>
ソファ―ベッドのフレームを前に引き出すタイプや折りたたみタイプなどがあります。特に折りたたみタイプはコンパクトのものも多いので部屋が狭い一人暮らしの人でも使いやすいですよ。

・用途に合わせてクッションの硬さで選ぶ

出典:mamagirlLABO@ reiya_14さん

ソファーベッドを選ぶときにクッションの硬さも重要になってきます。
ソファをメインで考えて着る場合は、座り心地の良いやわらかいクッションを選ぶと◎
一方ベッドをメインに考えている場合には、やわらかすぎると体の負担となってしまうため、ある程度硬さのあるものを選ぶと良さそうです。

■IKEAソファーベッドの人気商品をご紹介

種類が豊富なIKEAの中でも人気のソファーベッドをご紹介します!

・IKEAのソファ―ベッドといえばフリーへ―テン

出典:メディアでも話題!IKEAのソファーベッド「フリーヘーテン」って?@ sakichin55さん

こちらの「FRIHETEN (フリーヘーテン)」は、IKEAのソファ―ベッドの中でも人気の高い商品です。過去には、ヒルナンデスでも紹介されたこともあり、口コミでも高い評価を得ています。下部のフレームを引き出すことでソファからベッドに変わります。寝椅子部分の座面の下には、たっぷり収納スペースもありますよ。

・カラーバリエーション豊富なヴァレントゥナ

見た目だけでは普通のソファと変わりませんが、ソファの足元を引き出すとベッドフレームを出すことができ、座面がベッドマットに早変わりするソファーベッドです。ひとつひとつが独立しているので自分の好みに合わせて動かすことができますよ。また、ソファのカラーが豊富なのも「VALLENTUNA (ヴァレントゥナ)」の魅力です。

・1台4役で狭い部屋でもぴったりなへムネス

出典:メディアでも話題!IKEAのソファーベッド「フリーヘーテン」って?@ aronekoroomさん

「HEMNES (ヘムネス)」は、そのままでソファとしてもベッドとしても使用でき、かわいらしいデザインで人気のある商品です。座面の下を引き出せばダブルベッドにすることもできますよ。ソファの下の部分は、3つに分かれた引き出しががあるので収納もばっちりです!一人暮らしや狭い部屋においても邪魔になりません。

・スタッキングができてアレンジが効くウトーケル

「UTÅKER (ウトーケル)」は、シングルサイズのベッドが重なったスタッキングタイプのソファーベッドです。単体のシングルベッドを重ねているので、使い方はその人次第!ソファにしたり、ダブルベッドとして使ったり、ひとつはソファもうひとつはベッドとして使ったり、さまざまなアレンジができるのがうれしいですね。

■IKEAのソファーベッドはおしゃれで種類が豊富

今回は、IKEAのソファーベッドについてご紹介しました。北欧家具らしくおしゃれでシンプルなデザインは、飽きが来ず長く使用することができますよ。低価格で購入できるのも魅力的ですよね。ソファーベッドの購入を検討されているなら参考にしてみてくださいね。

あわせて読みたい

冷凍庫の整理はすっきりわかりやすく!おすすめアイテムをピックアップ

Lifestyle

2022.05.13

冷凍庫の整理はすっきりわかりやすく!おすすめアイテムをピックアップ

toppi

元気いっぱいで食べることが大好きな1歳と3歳の男の子2人のママ。栄養士の経験を活かして、日々時短と節約レシピを模索中。休日は、子どもたちといろいろな公園へでかけています!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE