出典:mamagirlLABO@ hinechi_pageboyさん

Fashion

サニタリーショーツもおしゃれでなくちゃ!機能性も備えたおすすめ品は?

サニタリーショーツと言うと、普段着用する下着と比べてシンプルでデザインの選択肢が少ないイメージがあるのではないでしょうか。女性にとって、体調や気持ちにも変化が起きやすい生理期間は、ストレスなく快適に過ごしたいもの。自分好みの素敵なデザインのショーツがあれば気分も上がりますよね!実は最近は、目的に合わせてチョイスできる高機能でおしゃれなサニタリーショーツが続々と登場しているんです。

今回はサニタリーショーツの選び方と、おすすめの人気商品を各ブランド別にいくつかピックアップ!商品によって特徴はさまざまなので、ぜひあなたのお気に入りの一枚を見つけてくださいね。

■サニタリーショーツってどうやって選べばいい?

出典:photoAC

サニタリーショーツにはたくさんの種類が存在します。経血の量や体の状態に合わせて選んでみてくださいね。

・ロングクロッチタイプ

生理開始直後など、経血の量が多いときに使いたいのはロングシートタイプのナプキンに対応しているショーツ。補強を目的として着けられている、クロッチと呼ばれる股布部分が長く取られているのが特徴です。これが普段着用するショーツとの大きな違いですよね。
クロッチ部分は、防水性・通気性を備えたポリウレタンやポリエステルなどといった不織布である場合が多く、汚れがついてもすぐに洗い落とせるようになっています。商品によってはウエスト部分までクロッチがついているものや、クロッチ特有のシャカシャカ音が気にならないものなどもあります。
 

・ナイトタイプ

ナイトタイプはその名の通り、主に夜寝ている間に使用するショーツのこと。寝姿勢や寝返りによる、経血のモレや生理パッドのズレを防ぐ機能が備わっています。
寝ている間にお腹が冷えないように股上が深く取られているものや、腹巻きがついているものなどもありますよ。
 

・ローライズタイプ

おしゃれをしっかり楽しみたいときに活躍するのが、ローライズタイプのサニタリーショーツ。股上が浅いので、しゃがんでもボトムスから見えにくいのがポイントです。経血の量が少量から普通量の場合に使用すると良いでしょう。
 

・ボーイレッグタイプ

ボーイレッグタイプ、とはボクサータイプとも呼ばれる型のショーツのこと。生理中にもスポーツなどアクティブに活動したい方におすすめです。一般的なショーツと比べてフィット性も高く、ナプキンがズレにくいのが特徴です。
スポーティーなイメージがありますが、レースが全体的に施されているものなど、女性らしいおしゃれを楽しめる商品もたくさん販売されています。

・羽根つきナプキン対応タイプ

出典:photoAC

多くの女性が選ぶのが、羽根つきタイプのナプキン。羽根を折り返してショーツに固定するので、アクティブな動きにもしっかり対応してくれる上にナプキンが外れにくいというメリットがあります。
羽根つきナプキンに対応しているショーツは、クロッチ部分のふちが開いているのが特徴。ナプキンの羽根を中に折り込めるので、羽根が直接股にふれないのがメリットです。生理期間中はお肌もデリケートになりがち。少しでも負担軽減できるよう工夫したいですね。

■いつもの下着よりかわいい♡おしゃれなサニタリーショーツ5選

ここからは、デザイン性にも特化したおしゃれなサニタリーショーツブランドご紹介します。あなたはどれがタイプ?
 

・デザイン&機能が豊富!

女性用インナーやランジェリーなど幅広い商品を扱う『Wacoal(ワコール)』。特に若い女性に人気の『PEACH JOHN(ピーチ・ジョン)』は、ふだんの下着と変わらないほどデザインに特化したサニタリーショーツが豊富にそろっていますよ。
比較的安いお値段で購入できるのもうれしいポイント。デザインだけでなく形や機能もさまざまなので、まずは一度チェックして見比べてみて。

・女性らしいレースデザインが魅力♡

出典:mamagirlLABO@ miyuki.0419.karemariさん

繊細なレースが施されたエレガントなデザインが魅力のサニタリーショーツは、『POUR/W(ポール)』のもの。デザインはもちろん、消臭効果のある生地を使用しており機能性も抜群!立体的な構造のショーツは経血が漏れにくく、またヒップの形を整えてくれる効果もあります。
日常使いできそうなくらい、かわいいデザインのパッケージもうれしいですよね!

・生理用とは思えないデザインに脱帽♡

出典:mamagirlLABO@ hinechi_pageboyさん

@ hinechi_pageboyさんが愛用しているのは、『K+1%(ケープラスワンパーセント)』のサニタリーショーツ。
高級感のあるベロア素材、アシンメトリーなデザインが魅力の一枚です。汚れが目立ちにくいブラックカラーで、お手入れしやすいのもポイント。羽根つきナプキンにも対応していますよ。おそろいのブラトップとも合わせられるので、ファッション性も申し分なし!ブルーデイでも思わず気分が高まっちゃいそうですね。

・ナプキンなしでもOK!

出典: @ cgt_mayさん

『Nagi(ナギ)』は、高性能を備えた生理用品を取り扱うブランド。商品はすべて日本国内で製造されています。股布部分は独自の4枚構造になっており、ナプキンを使用せずとも一日快適に過ごすことができます。
使い捨ての紙ナプキンを使用しないことでごみの減量も実現。環境にも配慮したサステナブルな商品で、雑誌にも多数取り上げられた実績を持つ大人気商品です。

・しめつけないから快適!

出典: @ yukak0.sさん

@ yukak0.sさんが愛用しているのは、『Sheepeace(シーピース)』のふんどしショーツ。シンプルなデザインなので、お洋服の趣味や年齢問わず着用できそうですね。
そけい部にゴムが入っていないので、血流を妨げることなく快適なはき心地を実現。血流を良くすることは、生理痛の軽減にもつながるそうですよ。生理期間中の痛みがツライ…という方はぜひ試してみて!
ふだん使いできるショーツのシリーズには、オーガニックコットンを使用した柔らかな肌触りのものも。こちらは敏感肌の方におすすめです。

■機能的&プチプラ!おしゃれなサニタリーショーツ4選

次にご紹介するのはスポーツに向いたものやプチプラなど、特徴を備えたサニタリーショーツ4選です。あなたの目的に合ったタイプを選んでみてくださいね。
 

・スポーツを楽しむ女性におすすめ!

出典:photoAC ※画像はイメージです

スポーツを楽しみたい方や、生理中でもアクティブに動きたい!という方におすすめしたいのは、『Clear Beauty Active(クリアビューティ アクティブ)』から販売されているサニタリーショーツ。
激しい動きにもしっかりフィットしてくれる上に、吸汗速乾加工素材により汗をかいても快適が長続きします。スポーツのお供にぜひ常備しておきたい一枚です。
クリアビューティ アクティブは、ストッキングで有名な『ATSUGI(アツギ)』が展開しているブランドのひとつ。アツギの公式オンラインストアで購入ができますよ。

・まとめ買いにも便利!

通販でおなじみの『nissen(ニッセン)』でも、数多くのサニタリーショーツを取り扱っていますよ。
多種多様なデザインもさることながら、抗菌防臭効果があるものやポケットがついたもの、重ねばきができるものなど商品の特徴もさまざまです。2枚組や3枚組などセットで販売されている商品も多いので、まとめ買いにも便利ですよね。
ニッセンの公式オンラインストアをぜひチェックしてください!

・エアリズム素材で快適!

出典:ランジェリーブランドにこだわるなら?見た目や機能、海外製のおすすめ10@ mowmow.babyさん ※画像はイメージです

『UNIQLO(ユニクロ)』のサニタリーショーツも実は優秀とのウワサが。いかにもサニタリーショーツ、といったデザインではないのでふだんから違和感なく使えるのが魅力。年中使えるエアリズム素材ははき心地も良く、薄手なのでお洋服にも響きません。
ユニクロは値下げになるタイミングが多いので、セールになったら同タイプを複数まとめ買いしておくのもおすすめです。

・ティーンズにおすすめのプチプラタイプ!

出典:筆者撮影

『AEON(イオン)』で販売されている「おんなのこのミカタ」は、ティーンズ向けのサニタリーウェアがそろうシリーズです。小中学生の女の子を持つママは、こんなかわいいデザインのインナーを娘さんにプレゼントしてあげても良いですね。
もちろんイオンの下着売り場には、大人用のサニタリーショーツも販売されています。娘さんといっしょにお買い物、なんていうのも楽しそうですね。

■おしゃれなサニタリーショーツでブルーデイでも気分上げてこ♡

今回は、おすすめのおしゃれなサニタリーショーツ9選をご紹介しました。チェックしてみたいお気に入りの一枚は見つかったでしょうか?自分好みのかわいいデザインのショーツなら、生理期間の1週間があっという間に感じちゃうかもしれませんよ。
今回ご紹介した以外に、『Amazon(アマゾン)』や『楽天市場』などの通販サイトでもさまざまなサニタリーショーツが数多く販売されています。ふだんのお買い物とあわせて、ぜひこちらも覗いてみてくださいね。

assan

食欲・好奇心ともに旺盛な1歳男の子ママ。音楽、デザイン、アクセサリーなど目につくもの何でも創ってきました。現在もひそかにハンドメイド作品販売中です。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]