撮影:モリサキエイキ

Comic

なぜマイケル・ジャクソン?ロバートの出囃子の秘話明かす


ロバートの山本博さんが芸人として、パパとして、日常の気づきを綴る本連載。
第115回目はロバートの出囃子について。マイケル・ジャクソンのアノ名曲を起用した理由とは?

 

■こうして決まった、ロバートの出囃子『Black or White』


我々ロバートがルミネtheよしもとの舞台に立つ時、出囃子はマイケル・ジャクソンの名曲『Black or White』です。実はたった一戦だけの僕のプロボクシングの試合のときも、この『Black or White』を入場曲に使いました。
 
ルミネの劇場では、「暗転中にこの曲が流れると次はこの芸人が出る」というそれぞれ決まった出囃子が使われています。
 
以前はどこの劇場に行っても、結構メロコアとかハードコアとか、元気な感じのパンク系の曲を出囃子にする人が多かったですね。やっぱり元気な感じで「はい! ど~も~」と入るほうがやりやすいですから。
 
僕らもルミネで舞台を踏むことが決まったとき、「どんな出囃子にしようか?」と話し合いました。そこで秋山が「ロバートって名前はアメリカ的だから、アメリカの洋楽がいいかな。マイケルにしようか」と言い出したんです。秋山、大好きなんですよ、マイケル・ジャクソン。
 
そのときは正直、「えっ今マイケル・ジャクソン使うの!?」と思ったんですけど、秋山がいいなら任せるよ、ということで『Black or White』に決まりました。
 
そうしたら2009年、映画『THIS IS IT』が大ヒットしたんです。
 

撮影:モリサキエイキ

■芸人仲間も羨ましがったマイケルの影響力

映画『THIS IS IT』はかなりのブームになりましたよね。関連CDや過去のDVDもすごく売れましたし、「マイケル・ジャクソン、めちゃくちゃカッコいいじゃん!」と評価が再燃されて、『Black or White』もいろいろなところで耳にしました。
 
ちょうどその頃、ジュニアさんに連れて行っていただいたBarみたいなところで芸人5、6人集まり飲んだことがあったんです。

普通、芸人が集まったらいろんな話題で会話が盛り上がるのに、そこでたまたまマイケルのDVD映像『ライヴ・イン・ブカレスト』が店内に流れて、そこから2時間、「うわぁ…」というため息まじりの声や、「うおぉぉぉぉ!!」といった歓声以外、誰もしゃべらずにただただ映像をみんなで見る、ということがありました。
 
ダンスのキレ、歌声、演出どれをとってもパフォーマンスが異次元すぎました。時代の最先端技術やアイデアが次から次へとバンバン使われているし、感動して見入っちゃったんです。そこにいた芸人みんなです。

次の日、すぐにDVDを調べて買いに行きました。もう一度あの感動に触れたくて。そこから毎日マイケルのDVDや過去映像を観たりしてました。今までマイケルの事をそこまで話したことなかったけど、秋山はマイケルめちゃくちゃ詳しくて、たくさんおススメ教えてもらいました。
 
そんな社会現象もあって、2009年以降は周囲の芸人から「マイケルの出囃子、いいなぁ」と言われるようになり、秋山も「もう8年も前からこっちは出囃子で使ってるから」と、あの時の「今マイケル?」を一気に回収されたみたいになりました(笑)。
 
僕自身、それ以前はそこまで思い入れがあるわけでもなかったのに、2009年以降は「マイケル・ジャクソンでよかったなぁ」とよく思うようになりました。
 
他の芸人からも「マイケルの映画、見に行ったよ」と声をかけられたりして、こちらもただ曲を使わせてもらってるだけの身分なのに、「あ、観ました?いいんですよねぇ」と答えて、なんの関係者でもないのに鼻高くなってました。
 

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]