撮影/mamagirl 編集部

Entertainment

ママになっても私は変わらない! そう思っていたけれど…

モデルでありママでもあるソンイさんに直撃インタビュー。息子さんのお話やママとしての心境の変化などをたっぷり聞きました!

等身大で飾らない雰囲気と、近年はYouTubeチャンネルでも 大活躍中の人気モデル、ソンイさん。 現在32歳、3歳の男の子を子育て中のママとして、 久しぶりにmamagirlに登場してくれました!

言葉でコミュニケーションが取れるうれしさをかみしめています

ー『mamagirl』が定期刊行していた時代には、モデルとして何度も誌面に登場してくれていたソンイさん。今回はおよそ2年ぶりにwebに登場いただきました。当時は「初々しいママ」という印象でしたが、今はすっかり頼もしい印象ですね。

ソンイ ありがとうございます。『mamagirl』にモデルとして出ていた頃は生後7、8カ月だった息子も、3月に3歳になりました。1歳半を過ぎた頃にはイヤイヤ期もあって……その頃は言葉でのやり取りができずに「しんどーい!」と思うこともありました。自分に余裕もなかった時期でもありましたが、それが落ち着いたのは、昨年保育園に通うようになってから。昨年の4月から、平日は毎日保育園に通うようになり、生活リズムが整いました。本人にもお友達ができたり、私自身にもママコミュニティができて、体力的にも気持ち的にもぐんと楽になりました。

ー息子さんの最近の様子はいかがですか

 ソンイ
 2歳半くらいからたくさんの言葉をインプットして、アウトプットして、日に日に細かなコミュニケーションが取れるようになってきています。本当になんでも素直に言葉で伝えようとしてくれている姿が可愛くて、心から愛おしいなと感じています。「お爪(ネイル)のいろがちがうね」とか、「(リップを)ぬりぬりしなよ」とか、私のメイクやファッションにも敏感で、私のことを本当によく見てくれているんだなと思います。出産する前、先輩のママさんに「息子は小さい彼氏みたいだよ!」と言われていたときは、正直意味がわからなかったんですけど、今はわかります。ダンナさんには「見習ってね!」と言っています(笑)。 言葉でのコミュニケーションがしっかりできるようになってきた分、今までは「明日やろうね、明日行こうね」という言い方ではぐらかしてきたことが通じなくなってきたので(笑)、この先は軽はずみなことを言わないように注意しなきゃ!と思っています。とはいえ、言葉でコミュニケーションを取れることが本当にうれしいので、その幸せをかみしめているところです。  

ー幸せな様子が伝わってきますね。お子さんは今はどんなものが好きなのでしょうか

 ソンイ
 車のおもちゃや恐竜が好き。『THE•男の子』な感じかもしれませんね。最近は小学生が読むような図鑑で、深海生物などを見るのも好きみたい。あとは、私自身が家でYouTubeチャンネルを撮影していることもあり、YouTuberごっこみたいなことをしていることもあります。「ジャジャーン!きょうのおもちゃは!?」なんてやっているところを見ると、「これが令和の子どもか!」と私自身がびっくりさせられることもあります(笑)。4月からは「年少クラス」となりますが、少しずつ習いごとのようなものに挑戦してもいいかな、と思っています。

ー旦那さまも子育てには積極的だとか

 ソンイ
 そうですね。もう、子煩悩すぎるんじゃないかと思うくらい(笑)。コロナ禍になる前は、夫は家にいないことも多く、私がいわゆる「ワンオペ」でキツかったこともありますが、今はリモートという仕事のスタイルが増えたので、彼も家にいることが増えました。家族の時間が増え、今は彼が子どもをお風呂に入れたり、夕飯を食べさせたりしてくれるようになったので、それはいい変化だなって。子どもの成長を一緒に見守れるということもありがたいことですよね。たまに子どもに何かを注意すると、「ママ、怖いね〜!」なんて、私が悪者みたいにされることもありますけど(笑)。

「自分は自分のまま」と思っていたけれど、いい意味で大人へと変わってきた

ーソンイさんは、妊娠をきっかけに髪を切ったことも印象的でしたね

ソンイ はい。30代になったこともあって、髪型をショートスタイルに変えました。子育てで忙しくなるかも?と思ってのことだったのですが、思いがけずファッションの幅が広がったのはうれしい誤算ですね(笑)。ロングヘアだとガーリーになり過ぎてしまうロングワンピースや、ちょっとレディライクな服も、ショートヘアだとサラリと着られるんですよ。服の色も、今日着たピンクのような女らしい色を気軽に着られるようになったこともうれしいです。「子育てのために」と思ってしたことが、意外にも新しい私を発見するきっかけにもなって……そういうこともあるんだな、と受け止めています。

ー出産はご自身にとって大きな体験でしたか?

ソンイ そうですね。でもそれも、子育てをするうちにじわじわと感じてきたことではあります。正直、出産直後はちょっと強気なところがあったんですよ。「お母さんになっても、私は別に変わらないし!」 みたいな(笑)。みんなそうだと思いますし、それまでの自分を大切にするのは悪いことではありません。でも私の場合は、他の保護者の方と交流したり、息子の成長とともに、今までの自分であるだけではダメなのかも、と思うようになりました。ファッションにしてもそう。子育てって抱っこするだけではなく、動き回る息子を追いかけたりもしなきゃいけない。そうなると必然的にスニーカーじゃないと無理!みたいに変わってきました(笑)。

ーそうせざるを得なくなりますね(笑)

 ソンイ
 そうなんですよね(笑)。ただ、ファッションに関しては、この1年はちょっと「守りすぎかな?」と思うこともあって……。息子が保育園や幼稚園に行き出して、他のママさんたちと交流することが増えたので、ファッションも無難なものを選ぶことが多くなっていたんです。以前は、ちょっとお腹が出てたりっていう(笑)、そういう攻めたお洋服が好きだったのですが、「今日これを着て出かけたら、そのままお迎えに行けないしな」とか、そういうことをめちゃくちゃ気にするようになっていて(笑)。以前はタンクトップ1枚で出かけていたのに「カーディガンを羽織っていこう」とか(笑)。もちろんTPOに合わせてお洋服を選ぶことは大切ですが、そればかりだと感覚が老けてしまうような気がして、最近ちょっと見直そうかと。「もっと自分が好きなものも楽しみたいな」と改めて思ったので、土日は背中が開いた服や、ミニ丈のボトムをはいて、ちょっとバランスを取るようにしています(笑)。

ー親としてどう見えるか、も気になりますよね

 ソンイ 気になることもありますね。落ち着いたママさんが多いので、あまり悪目立ちするのは避けたいなって。ただ、もともと好きなものは変わっていませんし、「母である顔」と「自分自身である顔」は、分けて考え、それを楽しんでもいいのかなと思っています。 メイクも、もともと色が強いリップメイクが好き……という好みは変わっていません。ただ、昔の写真を見ると、「毎日フェスに行ってるのか?」と思うほど、華やかに感じることはあります(笑)。それでも、今のメイクは無理しているわけではなく、したいメイクをしています。ライフスタイルや年齢の変化で、好みは変わるものなので、この先も楽しんでいきたいと思っています。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE