FacebookInstagramYouTube
「心泥棒になりたい!」【K4】が日本のファンの心をジャック!?愛情たっぷりの独占インタビュー【後編】

Entertainment

「心泥棒になりたい!」【K4】が日本のファンの心をジャック!?愛情たっぷりの独占インタビュー【後編】

昨年10月にミニアルバム「K4YOU ~K for you~」で日本プレデビューを果たした、“ADULT K-POP” グループ・K4。今年3月27日に晴れて、シングル「Love Storm/Bye Bye Bye」で日本デビューを果たしました。

mamagirlWEB編集部では昨年末のインタビューに引き続き、今回も独占インタビューを敢行! 後編ではデビュー曲「Love Storm/Bye Bye Bye」の解説からレコーディングスタイルなど、読めばさらにK4が愛おしくなるエピソードをたっぷりとお届けします!

■K4が遂に日本デビュー!シングル「Love Storm/Bye Bye Bye」の魅力は?

ーー日本デビューシングル「Love Storm/Bye Bye Bye」がリリースされました。改めて作品紹介をお願いします。

キム・ヒョンミン(以下、ヒョンミン):「Love Storm -Japanese version-(以下、Love Storm)」は、嵐のような愛を表現しています。嵐のような愛の関係、熱い愛です。一方「Bye Bye Bye -Japanese version-(以下、Bye Bye Bye)」は離別。別れの表現ではありますが、実は別れたくないっていう気持ちも込められているんです。そしてもう一曲は「アイノカタチ」のカバーをさせていただき収録しました。

ーーはじめて楽曲を耳にしたとき、どんなことを思いましたか?

ヒョンミン:楽曲を聴いたときに一瞬、あ、これ振り付けはどうしたらいいんだろう? と思って沈黙しました(笑)。そこから各自でアイデアを練って、何日も研究して意見交換したんですけど、みんながかんたんに参加できる、いまの振りの“バイバイバイ”にしたんですよ。

ーー振り付けまでファンのことを考えてくれているんですね。

オ・ジュジュ(以下、ジュジュ):お互いに意思疎通できるように、僕たちが歌をうたってみなさんも一緒になって踊ってもらう。ファンのみなさんと心を通わせられるようにと考えています。

ジュジュ:「Love Storm」は愛に関した歌で、「Bye Bye Bye」は離別、別れに関することを歌っているんです。そんなふたつのストーリーを通して、多彩なラブストーリーを表現したと思いますし、「愛」について共感できる部分もあるんじゃないかなと思っています。

リュ・フィリップ(以下、フィリップ):私はアメリカ出身なので、ラテンジャンルの音楽が大好きなんです。「Love Storm」も「Bye Bye Bye」も情熱的で熱い音楽なので、いまのK4にぴったりだと思っています。

ーーレコーディングではプロデューサーや音楽提供者、スタッフとどんな会話を?

チョ・ジュン (以下、ジュン):今回初めて日本語でレコーディングをしたので、日本の方にはどう聞こえるかがいちばん心配でした。でも今回は、日本のバージョンの作詞家の方も来てくださって手伝ってくれたんです。それだけ(楽曲に)感情がダイレクトに入ってるっていうことでもあります。日本語ヴァージョンは、ストーリー性を変えることなく日本語が綺麗に聞こえるような歌詞になっているので、歌詞の一つひとつに対して理解を深めて、感情をきっちりと表現しながら歌っています。

フィリップ:日本のファンのみなさんが好む表現に近づけるために、長い時間をかけてレコーディングしました。プロデューサーのアドバイスを聞きながら自分たちなりに考えて取り入れました。日本はやはり感性的な表現がお好きなようで、そこはかなり集中してこだわりました。

ーー単純に言葉を置き換えた、翻訳しただけじゃない。

フィリップ:もちろんです。これがK4です!

ヒョンミン:私たちは? K?

一同:4(フォー)です。

ヒョンミン:ふふふふ(笑)。

ヒョンミンさんの呼びかけに声を揃えたK4のみなさん。笑いに溢れる一幕でした。

ーー「Love Storm」「Bye Bye Bye」どちらも情熱を感じて、きっと聴いた人は恋をすると思います。

フィリップ:それくらいで済みますか!?(笑)

ーードキドキが止まりません(笑)今回はみなさんの大人の魅力もたっぷり感じました。

ジュン:私はセクシー担当なので、私のパートの歌詞に“唇”が出てくると必ず唇を触ります。

ーー歌詞と連動した仕草にも注目ですね!

■K4のレコーディングスタイルは?

ーーレコーディング時のこだわりはありますか?

ヒョンミン:私は、以前から裸足で録音しているんです。そうするとリラックスして臨めます。地球に足をつけている感じがして、そうすることで心もしっかりと据わるというか。そういう感覚があるので裸足でやっています。ステージに立ってるときと同じ姿勢で、レコーディングに挑みます。

ジュジュ:白い色、ホワイトを身につけると結果がいいんです。レコーディングするときもそうですが、なにをしててもどこかに白いものを必ず持ってます。ラッキーカラーみたいなものですね。

フィリップ:僕は、部屋の明かりをギリギリまで落としています。暗くしないと歌に集中できないんです。明るい光があまり好きではありません。あくまで歌を歌うときの話ですが。レコーディングするときは、祈りを捧げるような、心で何かを念じるような、そういうモードで歌っています。

ジュン:ルーティーンを決めている人も多いけど、僕は普段通りにしています。ただ、レコーディング前はたくさん寝るようにしています。

ーやはりたっぷり寝ると調子がいいですか?

ジュン:はい。韓国にいるときは毎日10時間ぐらい寝ています。

フィリップ:僕も10時間ぐらい。必須ですね。

ヒョンミン:僕は…5時間。

ジュン:カッコいい男は、長い時間寝ます(笑)。

ヒョンミン:ごめんなさい(笑)。

■「Love Storm/Bye Bye Bye」ジャケット写真の秘密

ーージャケット写真やパッケージデザインには、みなさんもアイデアを出したのですか?

ジュジュ:はい。それぞれ象徴的な色をカバーに入れました。

ーー楽曲をイメージして?

ジュジュ:リーダーのヒョンミンが決めたんですけど、ジャケットには4つの色が入ってますよね。これは4シーズン(四季)、僕らは4つの四季を持ってるよというイメージで色を決めたんです。春、夏、秋、冬(指しながら)

ーー秋がピンク色ですね。

ヒョンミン:秋の空は茜色というか、パープル色になる時期です。ラベンダー色というかパープルとピンクのグラデーションのような、そんなイメージです。

ーーなるほど秋の空をイメージしたんですね。春が青なのもおもしろいです。

ヒョンミン:やわらかい声のイメージと、あとはやっぱり新芽。新しく出てくる芽、そういう雰囲気を出したかったです。赤はフィリップをイメージして。情熱的で熱い男だから赤が合うなって思ったんです。ジュジュは純粋ですごくクリアなイメージ。透明。だから白い雪のようなホワイトシルバーなんです。

ーー単なる白ではなくホワイトシルバー。レコーディングの話題でも白いものを身に着けるって話していましたね。

ジュジュ:そうです、白が好きなので。スパークリングなクリスマスの雪っていうのをイメージしたホワイトシルバーが気に入っています。

■SNSはチェックしてる!?気になる質問にメンバーは…

ーーファン心理としては、ちゃんと応援の声が届いているのか心配に…。みなさんは普段SNSをチェックしていますか?

ジュン:しています。みなさんが投稿してくれたステージの動画を観て、歌詞などを間違えていたら悪夢を見ますが(笑)。あーここ間違えてたー、なんで間違えちゃったんだろ?って。そんなちょっと悲しいことがたまにはあります(笑)。

フィリップ:ここまでが幸せな仕事です(笑)。

ジュン:いつでも勉強ですね!

デビュー曲のリリースにあたっては、ファンのみなさんがデビュー日をカウントダウンをしてくれたのも嬉しかったと語るK4メンバー。

ファンがSNSにアップしてくれるイベント出演時のパフォーマンス動画もチェックしているのだそう。イベントがあった夜は、寝る前に必ず観て、喜びを噛みしめながら眠りに就くのだとか。

ジュン:私たちの曲「Love Storm」のダンスチャレンジにぜひ挑戦してみてください。YoutubeとかSNSで私たちの振り付けを覚えて、動画を投稿するチャレンジ企画をしているので、これを読んだファンのみなさんはどんどんアップしてください。投稿動画を見つけたらできる限りコメントしようと思います!

■K4の音楽を通して伝えたいことは?

ーー晴れて日本デビューを果たしたみなさん、これからK4の音楽を通してどんなことを発信したいですか?

フィリップ:発信というよりは、みなさんから愛されたい気持ちが大きいです。真心をこめて歌をうたいますので、私たちの音楽を気に入ってくれたら嬉しいです。

ジュン:こんなに難しい質問は、リーダーに任せたいです!(笑)。

ヒョンミン:そうですか(笑) 2曲とも「愛」をテーマにしたストーリーで連結されてるんです。このストーリーを通して、愛のありがたみとか素晴らしさを伝えようとしていて、きっと楽曲を聴いた誰もが共感できる部分がひとつはあると思います。そういう共感を通して日本のファンのみなさんの心を盗んでいきたい、心泥棒になりたいなと思う我々です。

ーー心泥棒!「持ってってー」って願うファンがたくさんいると思います(笑)。

一同:ふふふ(笑)

ーー最後にmamagirlWEB読者に向けてメッセージをお願いします。

ヒョンミン:今回で2回目のインタビューです。私たちK4の夢を一つひとつ実現させて、面白い話をたくさん用意して、このインタビューを3、4回と続けていきたいです。そのときまで元気でいてください。そして私たちをたくさん応援してください。

ジュジュ:日本デビューという夢が叶いました。これからも色んな活動を通してかっこいい姿をお見せしますので楽しみにしてください。

フィリップ:みなさんお待たせしました!そして、お待ちいただきありがとうございます。K4の音楽がみなさんの人生の感動と幸せになることを願いながら、私たちは引き続き真心をこめて歌います。いつもみなさんに会いたいと思っています。リリースイベントや様々なイベントが予定されていますのでそこでお会いましょう!

ジュン:みなさんの応援がなければ、私たちは韓国に帰らなければなりません。日本にずっといたいです。ぜひ応援してください!そして私たちのさらなる夢は日本でいちばん愛される韓国人グループになることです。ぜひ一緒に歩んでください。

熱量の高いインタビューを終え、色紙にサインをお願いしたところ快く応じてくださったK4のみなさん。みかん味の飴など日本の代表的な飴を差し入れしたところ、「美味しい!」「ジュースみたい」と驚きながら喜んでくれました。

撮影/モリサキエイキ

取材・文/mamagirlWEB編集部

■K4作品情報

K4オフィシャルサイトはこちら

■K4サイン色紙プレゼントキャンペーン

K4日本デビュー記念。メンバー直筆サイン色紙を1名様にプレゼントします。ぜひインタビューを読んだ感想と共にご応募ください。mamagirlWEBだけの特別なチャンス!ぜひご応募ください。

【応募方法】
・mamagirlWEB公式X(旧Twitter)アカウント⇒https://twitter.com/mamagirl_jpをフォロー
・mamagirlWEB公式アカウントでの色紙プレゼント告知投稿をリポスト
以上の2点をクリアした方の中から、抽選で1名様にサイン色紙をプレゼントします。
【募集期間】
・2024年5月7日(火)10:00~5月13日(月)23:59〆 

【注意点】
※当選の発表はmamagirlWEB公式X(旧Twitter)アカウントより、DMにて当選者にのみお知らせします。
※応募に関する一切の費用はご自身の負担となります。
※本企画はmamagirlWEBの主催です。所属事務所や所属レーベル等、関係各所へのお問合せはおやめください。
たくさんのご応募お待ちしております。

あわせて読みたい

「K4待ってる」ファンの横断幕にメンバー全員が涙…“ADULT K-POP” グループ【K4】愛情たっぷりの独占インタビュー!

Entertainment

2024.04.30

「K4待ってる」ファンの横断幕にメンバー全員が涙…“ADULT K-POP” グループ【K4】愛情たっぷりの独占インタビュー!

SHAREFacebook
POST
LINELINE

Check it out!

  • 今日の星占い
  • 【監修記事】まだ間に合う!子どもの可能性を広げる「しつけ」の新提案
  • 「ぽっこりお腹を引き締めたい人は必見!」簡単【ヨガ】を始めよう♪ ~chapter12 ~
  • 「赤ちゃんにも使える最強レベルの日焼け止め!」アネッサの神UVミルクがいいんです♪【親子美容♯01】
  • 毎日更新!脳トレクイズに挑戦しよう
  • 【Aぇ! group】が待望のデビュー!「SUPER EIGHT 横山裕プロデュース」いま一番アツい5人を深掘り♡

Ranking
[ 人気記事 ]

HOT WORD