gettyimageより

Other

近藤千尋さんが作る野菜たっぷり晩御飯が魅力的!

料理上手なことでも知られるモデルの近藤千尋さん。写真映えするだけではなく栄養面もばっちりです。
今回は近藤千尋さんの献立から、野菜の使い方、彩りよく見せるコツや栄養バランス、作り置きなどで時短に繋がりそうな点にも注目してみましょう。

彩りよく見せるためには野菜を豊富に使うこと!

この日の近藤千尋さんが用意した晩御飯のメインは、ピーマンの肉詰め。副菜には、切り干し大根、黒豆、きゅうりの塩昆布和え、豚汁、きゅうりや人参を和えたサラダと、野菜を使った料理が並びます。

近藤千尋さんは、ピーマンの肉詰めをからし醤油でいただくそうです。食が進みそうですよね。
さらにピーマンの肉詰に添えられているのは、レタスと赤と黄色のプチトマト。これだけでも彩り鮮やかに見せてくれます。

全体で使用している野菜の数は、6種類以上。どのメニューにも野菜が使われている点は見習いたいポイントですよね。
野菜の種類を増やせば増やすほど、自然と彩りもよく見えてきます。

豊富な品数料理!作り置きでカバーしても◎

この日の晩御飯は、豚肉のステーキガーリックバターをメインに、トマト、ゆでたまご、レタスを添えた一品。なすびとしめじを添えた揚げ豆腐と、切り干し大根、大根のお味噌汁、ご飯といった献立です。

お肉をメインにしているので旦那さんにも喜ばれそうなメニュー。彩りや栄養バランスだけでなく、ボリュームも満点ですね。
「いつもこんなに品数が作れない!」という人は、切り干し大根などの副菜を作り置きしておくと、時短になるのでおすすめです。

Recommend

五感を刺激!お風呂のおもちゃが好奇心を育てる【Sassy】の新作が登場!

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]