Facebook Twitter Instagram

出典:「大阪 お片付けセミナー講師 & 自宅整理サポート *いえごこち* 勝谷ゆみ Powered by Ameba」

Lifestyle

冷蔵庫の収納アイデア!きれい&使いやすさバッチリ!

料理するママはもちろん、家族みんなが使う冷蔵庫。たくさん食料品を買ったとき、そのまま奥の方にしまって気づいたら賞味期限が…なんてことはありませんか?ほかにも、忙しいときに「あれ、どこにしまったかな…」と探すのもストレスですよね。今回はそんなことがないように、誰が見てもわかりやすい冷蔵庫のきれいな収納方法を紹介します。

■意外と知らない?冷蔵庫にいれてはいけないもの

とりあえず冷蔵庫にいれておけば大丈夫でしょ!と、なんでもかんでも冷蔵庫にいれている人はいませんか?実はそれは間違いです。多くの食品は鮮度を保つため冷蔵庫保存でいいのですが、中には冷蔵庫にいれることで腐敗が進んだり傷んでしまったりする食材もあります。
では、どんな食品が冷蔵庫での保存にむいていないのか早速みてみましょう。

出典:「おしゃれ冷蔵庫11選!大型・一人暮らし用小型・レトロ・海外製品まで網羅」 @ arai_reform1134さん

・じゃがいも


じゃがいもは温度の低すぎるところにいれてしまうと、でんぷんが糖へと変化し風味が損なわれます。じゃがいものほかさつまいもなどの芋類は、新聞紙に包んで風通しの良い冷暗所で保管しましょう。

・玉ねぎ


玉ねぎは家庭料理で良く使う常備野菜のひとつですよね。玉ねぎを冷蔵庫にいれてしまうと、細菌が繁殖しやすくなり腐敗が早くなってしまいます。涼しく乾燥した場所で保管するようにしましょう。

・夏野菜

出典:Photo AC ※写真はイメージです

トマトやきゅうり、ピーマン、かぼちゃなどの夏野菜はあたたかい環境で育つ野菜です。野菜は育った環境に近い温度で保存することが大切なので、低温な冷蔵庫での保管は冷蔵障害をおこしやすく劣化も進んでしまいます。
夏の果物(バナナ、パイナップル、桃など)も夏野菜と同じくあたたかい環境で育っているので、常温保存がおすすめです。

・パン


パンも冷蔵庫での保管は避けたほうが良いでしょう。低温で劣化が進んだり風味が損なわれたりするほか、カビが生えやすくなってしまいます。パンは賞味期限が短いものが多いので、すぐに食べられない分は冷凍庫で保存するようにしましょう。

どの食材も、カットしたものはサランラップやジッパーバッグに包んで冷蔵庫に入れるようにしてください。おいしく安全に食べられるよう正しい保存方法を知っておくといいですね。

■冷蔵庫をキレイにする収納のコツやポイント

冷蔵後は奥行きがあるので、どうしても奥のものが取りにくいです。どんどん冷蔵庫内にものが増えていって奥のものが見えにくくなってくると、気付かないうちに賞味期限を切らしていたり、買ってあるものと同じものを買ってしまったり、なんてことになってしまいますよね。
そこで、おすすめなのがケースやカゴを使った収納です。奥行きのあるカゴを使えば食品別に分けられるだけでなく、ケースごと取り出せるので取り出しやすさはもちろん、奥に入り込んでしまうことも防げます。
ビールなどの場所をとるものもカゴを使えば奥行きを利用して収納できるんです。100均でもさまざまな大きさのカゴやケースが販売されているので、手軽に購入することができるでしょう。

■冷蔵庫の収納場所別、きれいな収納アイデア

冷蔵庫には、扉裏や野菜室、冷凍庫などそれぞれ適した保存場所があります。すっきりと整理整頓することで使いやすくなるだけでなく、扉をあけたまま食材を探すムダな時間がなくなるので電気の節約にも繋がるなどメリットがたくさん。
収納場所別におすすめの収納術を紹介するので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

・扉裏

冷蔵庫の扉裏はスペースが限られているため一般的に調味料や飲み物を収納することが多いですが、小さいものを収納するからこそごちゃっとなってしまいがちです。
扉裏の収納をすっきりさせるポイントは容器を統一すること。見た目もよく収納場所もわかりやすいので整理しやすくなります。

チューブタイプの調味料は入れ替えが難しく、収納に悩んでいる人もいますよね。そんな悩みを解決してくれるのが『無印良品』の「ステンレスひっかけるワイヤークリップ」。
ドアポケットにひっかけることができ、見やすさ、使いやすさもばっちりです。

・冷蔵庫

白い容器で統一することですっきりした印象になります。作り置きしたおかずは、透明のタッパーで中身をわかりやすく。同じ種類のタッパーを使うことで、重ねてもごちゃつかず整理整頓が楽にできるでしょう。
深さがあると取り出すのが難しい食材も、浅いトレーだと目的の食材をさっと取り出せて便利です。また、奥の光が遮られることがないので冷蔵庫内が明るいのもうれしいポイントではないでしょうか。

収納しているカゴにラベルを貼ることで、中身を確認する手間なく引き出して使うことができます。収納する場所を決めておくと、家族のだれが見てもわかりやすいですね。
パンに塗るバターやジャムのカゴ、ご飯のおとものカゴを作っておけば、朝食のバタバタした時間でもカゴごと引き出すことができます。食卓に置くのも片付けるのもカゴを冷蔵庫に入れるだけ。少ない動作ですむおすすめの収納アイデアです。

・野菜室

野菜も毎日のご飯に欠かせない食材で、安いときにまとめ買いする人も多いですよね。しかし、野菜は料理によって入れ替えが激しく大きさや形もバラバラなので、収納が難しいと感じる人もいるのではないでしょうか。
底が深い野菜室は食材同士が重なりやすく見えにくいので、買ったまま忘れてしまい気付いたときにはもう使えない状態になっていたというのを経験したことはありませんか?

出典:「大阪 お片付けセミナー講師 & 自宅整理サポート *いえごこち* 勝谷ゆみ Powered by Ameba」

野菜室はすっきり見やすい収納が大事です。野菜ごとに部屋わけすると、上から見てひと目でわかり使い忘れも防げます。収納ボックスの中で野菜があまり移動しないように、なるべく隙間なくケースをセットするのがいいでしょう。
『ダイソー』の積み重ねボックスはいろいろな大きさが販売されているので、どんな場所にも組み合わせやすいおすすめのアイテムです。

・冷凍庫

一人暮らしだと1回で使い切れず冷凍保存することも多いでしょう。形が不揃いな冷凍食材はまとまりがない収納をしがちですが、ジッパーバッグを使えば統一感もバッチリ。保存した日付や内容を書きこめるので使い忘れる心配もありません。食材別にしまうとさらにわかりやすく調理の時短にもなりますね。

薄手のタッパーに、ネギやとうもろこし、ミックスベジタブルなどの細かい野菜を入れて立てて入れると、わかりやすくきれいに収納できます。お肉を冷凍する人は、ジッパーバッグに入れて立てて保存するときれいにおさまりますよ。

■おしゃれな冷蔵庫収納の実例とポイントをチェック

冷蔵庫のきれいな収納の重要なポイントは統一感とわかりやすさです。ブログやSNSで話題の収納上手な人がこぞって使っているのが「ラベル」です。ラベルを貼れば収納ボックスの中身をひとつひとつ確認せず取り出せ時短になり、自分以外の人でも何が入っているのかひと目でわかります。
おしゃれなデザインのラベルは市販で売っているものもありますし、自分で作成することもできます。書きこめるタイプのラベルだと、自分の収納に合わせて使えるのでおすすめです。デザインにこだわりたい人はオーダーできるサイトもあるので、使ってみてはいかがですか?

シンプルなラベルはどんな容器とも相性抜群。ラベルや保存容器をそろえることで、収納スペースに統一感が出てすっきりした印象になるでしょう。

カラフルなチューブタイプの調味料も、本体がかくれるようにラベルを貼ることでごちゃごちゃ感が一気になくなります。調味料以外にも冷蔵庫内の収納ボックスにラベルを貼ることで、探す手間を省いたり電気代を抑えられたりメリットがたくさんあるんです。
貼るだけという簡単作業なので、冷蔵庫収納に悩んでいる人はぜひ取りいれてみてくださいね。

■プチプラアイテムを使ってごちゃごちゃ冷蔵庫から卒業!

毎日食材をいれたりだしたりする冷蔵庫。手に入りやすいカゴやケースなどのプチプラアイテムを使えば、見た目もきれいで使いやすさも格段にアップします。冷蔵庫の中は常に目につくわけではないので、どうしても整理が後回しになりがちですが、今回紹介したアイデアを参考に冷蔵庫収納を見直してみましょう。

引用文献
「大阪 お片付けセミナー講師 & 自宅整理サポート *いえごこち* 勝谷ゆみ Powered by Ameba」

lily

おしゃれが大好きで、出産前はアパレルショップで働いていました。出産してからは自分の服だけでなく子どもの服にもこだわりが...♡ハンドメイドしたり、兄弟で全身リンクコーデさせるのにハマっています!

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

Instagram @mamagirl_jp