出典:著者撮影

Lifestyle

書き損じた年賀状。知ってる人は知っている、その上手な使い道☆

最近では、新年のあいさつにSNSを利用しているという人もいますが、やっぱり定番は年賀状ですよね!SNSには無い年賀状の醍醐味と言えば、手書きのメッセージや宛名書きではないでしょうか。1枚ずつ思いが込められた手書きのメッセージは、本当にステキですよね☆でも、手書きだと、どうしても書き損じをしてしまうのが難点…。書き損じた年賀状って捨てるしかないの??と思っている人に朗報です!

実は、書き損じた年賀状は、郵便局で切手やハガキなどに交換してもらえるんです。今回は、書き損じた年賀状の上手な使い道をご紹介します。

■書き損じた年賀状の有効活用。知らなきゃもったいない!

新年のあいさつのため、毎年12月は、年賀状の作成に大忙しという人も多いのではないでしょうか?特に、結婚や出産などのライフイベントを、遠方に住む仲間や知り合いに伝えるためのツールとして年賀状を使っている人もいるでしょう。また、そのような年賀状の宛名やメッセージが手書きだと、受け取る側もとってもうれしいですよね!でも、手書きで年賀状を作成していると、必ず何枚かは、書き損じてしまうんですよね…住所を間違えてしまったり、メッセージを書き間違えたり…。
一見、使い道の無さそうな書き損じ年賀状ですが、うれしいことに、郵便局でさまざまなものに交換してもらえるんです!

・書き損じた年賀状、どんなものに交換できる?


書き損じた年賀状や余ってしまった年賀状は、現金として換金することはできませんが、郵便局でさまざまなものに交換してもらえます。この交換の手続きは、日本全国どこの郵便局でもOKです。

<交換できるもの>
・通常切手
・通常ハガキ
・年賀状(期間限定でその年の年賀状のみと交換)
・往復ハガキ
・郵便書簡
・レターパックなど

出典:「有閑かあさんのひつまぶし Powered by Ameba」

書き損じた年賀状を年賀状に交換したいという場合は、その年の年賀状販売期間のみ交換することができます。去年の書き損じた年賀状を、今年の年賀状に交換することはできません。

出典:「続・渋谷歳時記 Powered by Ameba」

書き損じた年賀状は、郵便局の営業時間内に直接窓口に持参し、「書き損じハガキの交換をお願いします」と言うだけでOK☆

・交換に必要な手数料は?


書き損じ年賀ハガキの交換には、1枚あたり5円の手数料が必要です。郵便局窓口では、交換手数料を直接支払うか、交換料金から手数料を差し引いた料金分のアイテムを受け取るか、どちらかを選ぶことができます。
2018年の年賀状を例にあげると…
年賀状1枚52円-手数料5円=47円分のアイテムと交換可能☆
書き損じた年賀状を、そのままにしておくなんて、もったいないですね!
また、年賀状購入後に、不幸があり、喪中ハガキを送ることになった場合は、手数料なしで切手やハガキなどに交換することができますよ。

・交換する前に確認!当選していたらどうする?


年賀状の楽しみの一つが、表面の下にあるお年玉くじですよね!書き損じた年賀状も、当たっている可能性があるので、交換前にしっかり確認しましょう。

出典:「趣味だらけブログ Powered by Ameba」

年によって、日付に多少ズレがありますが、2018年の当選番号は、1月14日に抽選が行われ、1月15日より商品引き換えが始まりました。
書き損じた年賀状が当選していた場合、商品と引き換えたあと、改めて切手やハガキなどに交換してもらえます。

出典:著者撮影

こちらは、3等のお年玉切手シート。50枚に1本の確立で当たるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

■交換できるものと、できないものの見分け方

書き損じた年賀状は、基本的に交換可能ですが、残念ながら状態によっては交換できないものがあります。それでは、さっそくその違いをご紹介します。

・交換期限は?いつまでできる?


まず、書き損じた年賀状や余った年賀状に、交換期限はありません。どんなに大量でも古いものでも、大丈夫!交換手数料さえ支払えば、それ相当のアイテムと交換することができます。
ただし、年賀状表面の左上の料額印面(通常のハガキの切手を貼る部分)が汚れている、またはハガキが棄損している場合は、交換してもらえないこともあるので注意が必要しましょう。

・写真が印刷してあるものは?

出典:著者撮影

自宅プリンターで写真印刷などをすると、年賀状を表裏間違えてプリンターに挿入してしまうことがありますよね?住所を書く面に、ガッツリ写真を印刷してしまったり…。
そんな場合も安心してください!未投函のものであれば、交換してくれます。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE