Facebook Twitter Instagram

mamagirlより

Fashion

ママ友ランチの知りたいあれこれ♡服装やマナーなどをチェック

ママ友にランチに誘われたら……。服装やマナーはどうすれば良いか、意外と悩んでしまいますよね。正直めんどくさい、と思ってしまうことも。
そこで今回は、周りのママ友には直接聞けない、ママ友ランチのあれこれに注目!断り方や距離感の取り方などをご紹介します。先輩ママの口コミと合わせて見ていきましょう。


■ママ友ランチを楽しむための上手なつき合い方

ママになってから友人関係が始まるため、子どもの年齢・月齢はいっしょだけど、ママ同士は年が離れている!なんことは、よくありますよね。ママ友と上手につき合うために、気をつけたいポイントを確認しましょう。

出典:@ yuricookie さん

・ママ友との間で大切なのは距離感とマナー


元同級生の友だちや地元の友だちより、“他人感”があるのがママ友です。初めから馴れ馴れしく接したり、グイグイ深い関係になろうとしたりと、「ゼロ距離」でつき合うのはNG。まずは子どものことや、共通の話題をきっかけに、少しずつ距離を縮めるのがベストです。
出会ったときは必ず挨拶をする、席を先に譲るなどのマナーもしっかりできていると、好感度が上がります。
長く良い関係を続けるために、適度な距離感と思いやりを大切にしたいですね。

・実は悩む人が多い、ママ友ランチの予算


ママ友ランチのお店を探すときに、予算をどれくらいにしたらいいか悩んだことはありませんか?金銭感覚がずれていると思われたら…と、なかなか相談しづらいですよね。
でも、最初は思い切って「予算どれくらいにしましょうか?」と聞いてみるのもひとつの手です。ランチの予算がどれくらいなのか、不安になっているのは相手も同じ。前もって金額を決めておけば、当日気楽にランチが楽しめますよ。


■ママ友ランチ、みんなの気になる頻度は?

出典:mamagirl2018秋号

では、本題のママ友ランチのあれこれをご紹介しましょう。まずは、頻度。ランチの頻度は子どもの年齢やママのライフスタイルによって異なるため、お仕事中のママと専業主婦で生活するママに、頻度を聞いてみました。

◆お仕事をしているママ(31歳/子ども:2歳男の子)
「ママ友とランチは、1カ月に1回行けたらいい方です。同じ職場にもママ友はいますが、仕事のお昼休憩などもママ友ランチに含めるなら、1週間に1度くらいの頻度かな?」

◆お仕事をしているママ(28歳/子ども:1歳女の子)
「実はママ友はあまりいません。その代わり、お子さんがいる同じ職場の人とランチを月に2~3回しています。周りの働いているママもそんな感じだと言っていました」

◆専業主婦ママ(36歳/子ども:5歳女の子 3歳男の子)
「1カ月に2~3回はママ友とランチを楽しんでいます。今は子どもが2人とも幼稚園に通っているため、平日昼間の時間がゆっくりとれますが、未就園児だったころは2カ月に1度、子ども同伴でランチに行く程度でしたよ」

◆専業主婦ママ(37歳/子ども:6歳男の子 1歳女の子)
「ママ友ランチは年に数えるほど。幼稚園のママたちとはさっぱりした関係で、園の行事で集まることはありますが、ランチをすることはほとんどありませんでした。それでもママ同士、十分仲が良かったですよ」

このように、ランチの頻度は人それぞれ。ママは育児に家事にと、毎日大忙しですよね。複数人のランチは予定が合わなかったりするため、ほとんどのランチ会が不定期開催のようです。


■ママ友ランチ、断りたいときはどうしたらいい?

ママ友とランチに行きたいけど、今月は生活費がピンチ!また、「あまり出かける気分じゃない…」なんてこともありますよね。そんなときに使える、相手を嫌な気分にしない断り方を身につけておきましょう。先輩ママから、その方法を聞いてきました。

◆素直に事情を話してみて(30歳/子ども:4歳女の子)
「手持ちがなくってピンチだったり、出かける気分になれなかったりするとき、私は正直に話して断っています。『今回は行けないけど、来月は楽しみにしてるね』など、次につながるフォローの言葉やリスケジュールをすれば、相手も嫌な気分にならないかなと思います」

◆夫や家庭の用事を理由に断る(35歳/子ども:2歳女の子)
「本当に行きたくないけど、理由を伝えられない場合は『夫の用事があって』とか『義母が家に来るから』といって断っていますね」

◆自分の気持ちを伝えて、次はこちらから誘う(37歳/子ども:5歳男の子)
「行きたくないときは素直に断りますが、『本当は行きたかったのに!』、と残念な気持ちを伝えるようにしています。『安いお店を見つけたから、来月はどう?』と次はこちらから誘うことも。誘ってくれてうれしいんだよ、という気持ちが伝われば、また誘ってもらえて、いい関係が続きますよ」

断るときは「素直に言う」、もしくは「ランチに絶対参加できないような用事があると言う」ことが正解なのだそう。その後に次の約束をするなど、フォローの言葉を続けると好印象を持ってもらえますよ。


■どんな服がいい?ママ友ランチコーデをチェック!

ママ友ランチに行くなら、ファッションにも気をつけたいところ。清楚感&親しみやすさあふれるコーデをご紹介します!

・上品なフレアシルエットワンピコーデ

出典:mamagirl2018秋号

ママ友ランチで好感を持ってもらうなら、ズバリ上品なムードただようコーデがおすすめ。写真のコーデは、こっくりカラーが鮮やかなジャンパースカートが印象的。バッグやフラットシューズなど、きちんと感のある小物を組み合わせて品の良さを演出しています。
ジャンパースカートの裾は、ゆらめく表情が楽しめるフレアタイプ。丈もくるぶし上と長めなので、スタイルアップ効果もありますよ。

・ビッグシルエットパーカで作る大人カジュアル

出典:mamagirl2018秋号

過剰なドレスアップはママ友ランチで浮いてしまうので、NG。適度に力の抜けたアイテムを取り入れて、大人のカジュアルスタイルを作っていきましょう。写真のコーデは、きれいめワンピにホワイトパーカーを合わせて少しリラックス。足元はローファーできちんと感を演出しています。
基本は上品だけど、ちょっぴりカジュアルに。力み過ぎないバランスでコーデすると、親しみやすいママになれそうです。

・いつものコーデにトレンドをひとさじ!

出典:mamagirl2018秋号

ママ友ランチにパンツコーデを選ぶなら、ワイドパンツがおすすめ。20代ママでも40代ママでも着こなしやすいアイテムで、春から冬まで大活躍!足のラインを拾わず、スタイル良く見せてくれますよ。
ワイドパンツに合わせるなら、チェック柄トップスのようなトレンドアイテムを効かせましょう。ボトムインでウエストマークすれば、足が長く見えますね。
普段通りだけど、トレンドを忘れない。こんな格好で、ママ友ランチを楽しんでみてはいかがでしょうか?


■ママ友ランチは自宅で?カフェで?場所選びの基準

出典:@ yuricookie さん

さて、いざランチ会を始めよう!と思っても、場所は「自宅?カフェ?」と迷ってしまうママも多いのでは?そこで、場所選びのヒントをご紹介します。

・子どもといっしょなら、子連れOKカフェで

出典:mamagirl2018秋号

子どもといっしょにランチ会をするなら、キッズスペースがあるカフェや子ども同伴OKとしている飲食店を選ぶと良いでしょう。雰囲気やメニューだけで選ぶと、ハイソな雰囲気すぎて子どもを連れて入りにくい…なんてことも考えられます。
事前にママ友同士で、子連れOKかどうか情報交換しておくのがおすすめです。

・事前に決めた予算ベースで選ぶのもあり


ママ友ランチに「何円持って行けばいいのかな…?」と不安になるくらいなら、予算でお店を選ぶのもおすすめです!あらかじめ、3,000円までで食べられるランチコースなど、決めておくと安心ですよね。その場になって「高い!」と不満を言われることもありません。
手頃な価格で、さらにママ同士がゆっくり楽しめるカフェがママ友ランチの場として人気です。

・自宅でゆったり、持ち寄りランチも楽しい


子連れで集まるなら、やっぱり自宅が一番落ち着きます。おもちゃを持ち寄れるし、子どもたちを目が届く範囲で遊ばせることができますよね。
ただ、「おもてなしするのが大変」なんて逆に気疲れすることも。そんなときは、料理をママ友みんなで持ち寄って。簡単レシピを教え合うのも、話が弾んで楽しいですよ。



■東京でママ友ランチするならココ!人気店をご紹介

出典:@ yagigigi1234さん

渋谷や新宿、池袋など、東京にはママ友ランチに人気のお店がたくさん。個室やキッズスペースつきなど、子連れにうれしいお店がそろっています。さっそく、東京の人気店をチェックしていきましょう。

・Oyako Cafe picnic(オヤコカフェピクニック)


練馬区江古田にあるカフェです。このカフェはキッズスペースが併設されており、ママたちはカフェスペースでゆっくりして、子どもたちは思い切り遊ぶことが可能!
キッズスペースは、都内の中でもかなり大きなものなのだそう。カフェスペースからキッズスペースの様子がよく見えるので、安心してママ友ランチを楽しめますよ。

・みのりカフェ 銀座三越店


銀座三越の屋上にあり、絶品スイーツが人気のカフェ。ママでなくても、訪れたことのある人は多いかもしれませんね。カフェと同フロアに授乳室とおむつ替えスペースがあります。毎日育児でお疲れのママ、ご褒美ランチにこちらのカフェを選んでみてはいかがでしょう。


■ママ友と楽しいランチタイムを過ごそう!

出典:ママ友ランチには何を着ていけばいい?季節別おすすめコーデ

子どもを産んでから、「もうゆっくりランチなんてしていない…」と思ったら、ママ友ランチを楽しむのがおすすめです。子ども同伴でも、ママ友といっしょならきっと大丈夫!心強い味方になってくれるはずです。適度な距離感と場にふさわしいおしゃれをして、ママ友ランチを楽しんでみてくださいね!

kawako

東京出身、広島在住。
6歳の男の子と1歳の女の子と、毎日格闘中。
広島は、子どもを育てるには最高の場所!
カープを応援しながら、家族で広島生活を楽しんでいます。

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp