FacebookInstagramYouTube
【お酒の酔い覚ましの飲み物】当日効くものやコンビニで買える商品も紹介

出典:PIXTA

Lifestyle

【お酒の酔い覚ましの飲み物】当日効くものやコンビニで買える商品も紹介

酔い覚ましにピッタリの飲み物をピックアップ!二日酔い対策として、当日に摂取しても効果的なコンビニで買える飲み物や、二日酔いに効く食べ物もあわせてご紹介します。お酒の席は楽しいものの「お酒を飲み過ぎた…」「思ったより酔ってしまった…」「二日酔いがつらい…」など不快な症状に悩まされてしまうことはありませんか?そこで今回は、飲む前にできる対策や、飲んだ当日でも酔い覚ましに効果的な飲み物や食べ物を紹介します。二日酔いの治し方を覚えておくと、もしものときに便利ですよ。

▼全国旅行支援キャンペーン開催中!旅行代金の最大60%分がお得!楽天ポイントも貯まる♪


楽天

■そもそも二日酔いってどういうもの?原因とは

出典:PIXTA

お酒を飲んだ翌日、頭が痛かったり、吐き気や気持ち悪さがあったりだと辛いですよね。そもそも二日酔いとはどんな状態のことをさすのでしょうか。

・二日酔いとは

二日酔いの症状として一般的に挙げられるのが、頭痛、吐き気や胃痛などの胃腸症状、体の疲労感などの睡眠、感覚、認知の障害、鬱気分などの不快症状です。人によっては他にも症状が現れることがありますが、実は二日酔いについてのハッキリとした定義や診断基準はなく、いまだ未知な部分が多い現象なんです。

・二日酔いが起こる原因

科学者でも謎な部分が多い二日酔いの原因は、アルコールを処理することで知られる肝臓が処理能力をオーバーしたことが原因と考えられています。肝臓でアルコールを分解すると「アセトアルデヒド」という体にとっては毒性のある物質が生成されます。肝臓内でさらにこのアセトアルデヒドを分解することで、体に無害な酢酸と水にするのですが、アセトアルデヒドが分解しきれず血中に溶け出してしまうと、その毒性で数々の不快症状を感じてしまうのです。

・二日酔いには個人差がある!

一般的な成人がビール中瓶1本約500mlのアルコールを処理するのにかかる時間は、4時間といわれています。しかしアルコールを処理するのにそれ以上に時間がかかる人もいるので、二日酔いが現れるのには個人差があります。ビール用コップ1杯程度の少量の飲酒で顔が真っ赤になったり、動悸が起きたりといったフラッシング反応が出やすい人は、比較的二日酔い症状が現れやすいというデータもあるので、飲むときには注意したいですね。

■二日酔いを解消するためにできること!ポイントは分解と排出

出典:PIXTA

二日酔いの解消にはアルコールの分解と体外への排出の促進がポイントです。酔いを覚ます方法としてすぐにできるのは、水や市販のドリンク剤などの水分をとることと、食べ物で分解に必要な糖分を摂取すること。肝臓の分解能力を促進し、水分で体外への排出を促します。迎え酒などさらにアルコールを摂取すると、本末転倒なので絶対しないでくださいね。
ここからは、飲む前に行える対策や、二日酔い対策・酔い覚ましに効果のある飲み物や食べ物をご紹介します。

SHAREFacebook
POST
LINELINE