出典:@kani00homeさん

Lifestyle

購入するならタンクレストイレがおすすめ!魅力や特徴を一挙紹介

各メーカーが推しているタンクレストイレ。ネットでも話題になっているので、気になっている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、タンクレストイレを徹底調査!特徴やメリット・デメリット、おすすめのタンクレストイレなどをまとめました。最後にタンク式トイレをタンクレス風に仕上げる方法もご紹介するので、タンク式トイレを使用中の方もぜひ参考にしてみてくださいね。


■そもそもタンクレストイレって何?仕組みを徹底調査!

出典:@koko_ieさん

便器の後ろに水が溜まるタンク式のトイレ。昔からある形なので、馴染み深いですよね!でも、新築やリフォームしたお家などでは、タンクレストイレにしているところも多いんです。今人気のタンクレストイレは、その名の通り従来便器の後ろにあったタンクがないタイプのもの。給水栓から直接水を流す仕組みになっています。タンクレストイレは、ウォシュレットや温風機能などが標準装備なのもうれしいポイントですよね。何より、タンク式のトイレと違ってスマートな形をしているので、おしゃれなトイレ空間になりますよ。


■タンクレストイレとタンク式トイレを比較!メリット・デメリットは?

タンクレストイレとタンク式トイレのメリット・デメリットをまとめてみました!

・タンクレスのメリット・デメリット

出典:@a___maru06さん

【メリット】
・デザイン性が高い
・簡単に掃除ができる
・水を連続して流せる
・節水できる

【デメリット】
・手洗い場が別途必要
・水圧が弱い場合は設置できない
・停電したときに不便
・便座のみの交換ができない

スマートなデザインでおしゃれな空間になるのがうれしいポイントのタンクレストイレ。凹凸が少なく、ホコリや汚れが溜まりにくいので掃除がしやすいのもメリットです。しかし、手洗い場が別途必要で、水圧が弱い場合は設置できないなどのデメリットも。タンクレストイレが自宅に設置できるかどうか、慎重に判断してから購入しましょう。

・タンク式トイレのメリット・デメリット

出典:筆者撮影

【メリット】
・水圧に関係なく設置できる
・便座だけを交換することができる
・タンクレストイレよりも値段が安い
・停電時でも水を流せる

【デメリット】
・デザイン性がやや劣る
・掃除がしにくい
・タンクにある程度水が溜まるまで流せない
・古いタイプのものだと洗浄時にたくさんの水を使ってしまう

タンク式トイレは水圧に関係なく設置できるので、マンションでも水圧が低いお家でもOKなのがうれしいですね。また、洗浄レバーで水を流す仕組みになっているので停電時でも水を流すことが可能です。デメリットはデザイン性がやや劣ることや、掃除がしにくいことなど。古いタイプのものだと、洗浄時に10L以上の水が必要になるので節水には不向きかもしれません。


■タンクレストイレは断水や停電のときはどうしたらいい?

出典:筆者撮影

タンクレストイレは電気で水を流す仕組みになっているので、停電したときが大変なんです!でも、最近のタンクレストイレは停電用のハンドルがついていたり、乾電池を使用して手動レバーで洗浄したりできるものもあるので、断水にならない限りトイレの使用はできますよ。停電時の使用方法はメーカーによって異なるので、購入前にチェックしておくとよいでしょう。


■タンクレストイレのおすすめは?特徴や価格をまとめてチェック

人気のタンクレストイレを3点ピックアップ!特徴や価格をご紹介します。

・掃除がしやすい♡TOTOのネオレスト

出典:@comami_homeさん

こちらの写真のタンクレストイレは『TOTO(トートー)』の「NEOREST(ネオレスト)」のもの。汚れが溜まりやすい便器のフチ裏がない形状で、便器と便座の段差やすき間も少ないので掃除がしやすいのが魅力です。メーカー希望小売価格は34.4~38.9万円(税抜)。定番のホワイトやキュートなパステルピンクなどから選択できます。こちらの写真のように、洗練された印象のトイレにはホワイトのタンクレストイレがおすすめですよ。

・脱臭や除菌機能つき!リクシルのサティス

出典:@sh.atyouさん

『INAX(イナックス)』独自の新素材を使用している『LIXIL(リクシル)』のトイレ。「サティス」という名前のタンクレストイレで、シンプルで無駄のないデザインが特徴です。メーカー希望小売価格は24~55万円(税抜)。気流の力でニオイを閉じこめて、プラズマクラスターイオンで除菌・消臭をしてくれます。シンプルで無駄のないデザインのタンクレストイレは、モノトーンで統一されたトイレによく馴染みます。

・空間演出ができる♡パナソニックのアラウーノ

出典:@comami_homeさん

こちらの写真のトイレは、木目調でとてもおしゃれですよね。そんなトイレにピッタリなのが、『Panasonic(パナソニック)』の「アラウーノ」L150シリーズです。こちらのタンクレストイレは、別途15,000円(税抜)で便器のフタが10種類から選択可能!木目調のウッドボーダーや上品な銅(アカガネ)、スタイリッシュなエボニーなどがあります。メーカー希望小売価格は30万円(税抜)からです。トイレの雰囲気に合わせて、便器のフタの柄を選んでみてはいかがでしょうか。


■タンク式トイレをDIYでタンクレスにしてみよう!

タンク式トイレはDIYでタンクレス風に変えることが可能!タンクレスに憧れている方は、DIYしてみましょう。

・材料はどこで購入する?

出典:@parade_318さん

タンクを隠すための壁は木材やベニヤ板、プラスチック製のダンボールなどで作ることができます。木材やベニヤ板は、ホームセンターで購入して希望の長さにカットしてもらうことができますよ。プラスチック製のダンボールは100均などで購入可能!簡単にカットしたり組立てたりできるので、初めてのDIYにもおすすめです。

・タンクレス風に仕上げるDIY方法

出典:mamagirl2018秋号

【材料】
・木材(ホームセンターでカット済みのものを使用)
・好みの柄のシート
・木工用ボンド
・タッカー

【方法】
1.木工用ボンドで仮止めしながら木材を組み立てます。
2.ボンドが乾いたらタッカーで接着していきます。
3.好みの柄のシートをフロント部分にとりつけたら完成です。


■タンクレストイレでおしゃれなトイレ空間に♡

出典:@kani00homeさん

お手入れが簡単で機能性も高いタンクレストイレ。おしゃれなデザインが豊富にあるのも魅力です♡トイレをリフォームしたい方、自宅を新築する予定がある方はぜひタンクレストイレを検討してみてくださいね。

ayuka

食生活アドバイザーの資格を持つ、小学生と幼児のママです。どうやったら日々楽できるかを考察中♪時短料理、簡単にできる掃除テクなどをネットやインスタで探しています。
【Instagram】ayuka_kirara

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!