出典:mamagirlより

Fashion

マタニティーのオフィスウェアはどう選ぶ?おすすめコーデ特集☆

一般的に働く女性が妊娠した場合は、出産予定日の6週間前から産休を取ることができます。その時期はちょうど妊娠8カ月にあたり、お腹も大きく膨らんでいるので、オフィス服選びに困っている…なんてお悩みの方もいるのでは?そこで今回は、マタニティーオフィスウェアの選び方やおすすめコーデと、購入できるショップもピックアップ!妊娠しても仕事を続けるつもりの方や、妊娠中のワーママはぜひ参考にしてみてくださいね♡


Recommend





「かわいくて子どもが乗りやすい♡」 ファースト自転車ってどう選ぶ?



■マタニティーオフィスウェアの選び方のポイントを確認!

ここでは、マタニティーオフィスウェアを選ぶ際に、どんな部分に気をつければいいのかを紹介します。

・産前だけでなく産後も着られる服だと長く使える♡

マタニティーパンツはウエストがゴム仕様になっているのが特徴。ワイドパンツをチョイスすれば、トレンドも押さえたアイテムなので産後も活用できますよ。画像のようにハイウエストの場合は、お腹までしっかりカバーできるので安心感も抜群!トップスはゆとりのあるフレアタイプが授乳用にもなるのでおすすめです。ショート丈ならよりトレンド感もプラスできるでしょう。

・オフィスでも違和感のない授乳OKデザインの服が便利!

ボタンを外せば授乳ができるシャツもおすすめ。画像のようなグロップドビッグシャツのように、少し大きめサイズなら膨らんだお腹もしっかりカバーしてくれます。また、さまざまなタイプの授乳服が販売されていますが、授乳口が隠れるデザインの服を選べば、一見授乳服には見えないのでオフィスウェアとしてもアリ♡いかにも授乳服という感じには見えないので、妊娠中から授乳期だけでなく、断乳・卒乳した後まで長く着用することができますよ。

・ゆったりしたサイズにすると体への負担も少ない♡

妊娠中はウエストあたりが窮屈な服は体に良くないといわれていますし、特に妊娠後期になるとお腹が張るという妊婦さんも多いので、サイズ選びが重要なポイントになります。最近では、オーバーサイズのトップスがトレンドで、ゆったりデザインの服も多く販売されているので活用してもいいでしょう。写真のモデルさんが着用しているのは、フレア型ニットです。授乳期に入れば、授乳用のケープ的な役割もしてくれますよ。寒い冬のマタニティーオフィスウェアとしておすすめ。


■おすすめのマタニティーオフィスコーデ特集♡

ここでは、おしゃれなマタニティーオフィスコーデを厳選して紹介しましょう!

・ワンピ単体で楽々きれい目コーデ!

出典:mamagirl2016春号

ネイビーのワンピースにノーカラージャケットをサッと羽織ったコーデです。ワンピースなら、多少お腹が膨らんでいてもしっかり包み込んでくれますよ。妊娠後期には、Aラインシルエットのようなゆとりのあるデザインを選ぶといいでしょう。

・パンツ×ブラウスでスマートにきめる☆

出典:mamagirl2016春号

マタニティーパンツに、授乳口が隠れたタイプのブラウスを合わせてセットアップのように仕上げたコーデです。同系色でまとめれば統一感が生まれて、きちんとした印象を与えてくれるので、オフィススタイルにもピッタリ!

・スーツ×ストッキングでむくみ防止&きちんと感もプラス♡

出典:mamagirl2017冬号

マタニティー用のストッキングは、着圧タイプの商品が多く、着用するだけでむくみ防止効果も期待できるんです。スーツはわざわざマタニティー用が必要?というのも気になるかと思いますが、最近ではウエストサイズ調整ができるマタニティーアジャスターも販売されています。手持ちスーツのウエスト部分に取りつければ、妊娠中もスーツを着ることは可能ですよ。

・ロンスカ×トップスでオフィスカジュアルに仕上げる!

出典:@n.n.daysさん

ロングスカートなら大きくなったお腹で多少丈が短くなっても気にならないので、マタニティー期におすすめなんです。@n.n.daysさんはこのとき予定日まであと1週間!あえてトップスはショート丈にして、ロングカーデを羽織ることで、妊娠後期でもスッキリとしたオフィスカジュアルに仕上がっています。


SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE