Facebook Twitter Instagram

出典:@mayumi_photoさん

Lifestyle

時短でもこんなに豪華なお弁当は作れる!役立つおかず集

毎日お弁当作りに奮闘しているみなさん!朝の貴重な時間を有効活用するためにも、お弁当の時短テクニックを身につけましょう。作り置きを役立てたり電子レンジだけで作ったり、手間を省いてもおいしく食べごたえのあるお弁当は作れます。それでは、時短したいときにおすすめのお弁当おかずをご紹介します。


■常備菜をまとめて作って朝の調理を最小限に

共働き夫婦も多いなか、休日にまとめて作れて平日の家事が時短できる常備菜が大注目!料理本やブログなどでも、多く取り上げられています。
その常備菜が、実はお弁当作りにもとっても役立つんです。

・常備菜ってサブおかずのイメージ…お弁当は埋まる?

出典:@11xayakax07さん

常備菜とは、作り置きおかずのことです。主に副菜のことを指しますが、メインになりそうなボリューム感のあるおかずも常備菜になります。
それでは、時短弁当にぴったりの常備菜を見ていきましょう。

・お弁当に便利な常備菜その1・野菜ナムル

出典:@mayumi_photoさん

野菜ナムルは簡単に作れるうえ、常備菜としてストックしておけばお弁当にも大活躍!
味つけお肉といっしょにごはんに乗せれば、あっという間にビビンバ弁当になります。ごはんに乗せていくだけなので、5分もあれば豪華なお弁当の完成です。
味玉やうずらの目玉焼きで彩りを添えたり、ゴマなどを振りかけたりすれば、見た目も華やかで文句なしのできばえに。
ナムルはそのまま入れてもおいしく食べられるので、お弁当の隙間をちょっと埋めたいときにも便利です。

・お弁当に便利な常備菜その2・煮物やおひたし

出典:@mayumi_photoさん

野菜の煮物はボリューム感があり、和風弁当のメインおかずにもなります。
筑前煮など根菜の煮物は、細かくきざんでキーマカレー風にアレンジしたり、炊き込みごはんの具材にしたり、アレンジの幅も広いので作り置きしておいて損はありません。
おひたしも、緑の彩りをプラスしたいときや、ちょっとした隙間を埋めるのに便利です。

・お弁当に便利な常備菜その3・おからやコーンの炒めもの

出典:mamagirl2018春号

おから炒めやコーンのバター炒めは、子どものお弁当にもぴったり。黄色のおかずが入ると、一気においしそうに見えます。
おから炒めは丸めて入れると、まるでハンバーグのよう!フタを開けた瞬間にワクワクするお弁当って、子どもはうれしいですよね。
常備菜があれば、時間をかけずに品数の多いお弁当も作れます。朝の作業は、ちくわにきゅうりを入れるといったような、簡単なものだけにしましょう。


■電子レンジやトースターで作る!ボリューム時短弁当

バタバタしがちな朝は、なるべく火を使わずにお弁当を完成させたいもの。特別な家電がなくても、電子レンジやオーブントースターでできることがたくさんありますよ。

・レンジ活用その1・グラタン弁当

出典:@tomo324__さん

前の晩の残りごはんがあるときは、ドリア弁当を作ってみてはいかがですか?ごはんに作り置きのホワイトソースをかけて、チーズを乗せてオーブントースターで焼いたら完成!
ホワイトソース自体も、電子レンジだけで簡単に作れますよ。ストックを切らしてしまっているときでも、火を使わずに子どもも大喜びのお弁当が作れそうです。
かぼちゃの煮物やほうれん草のおひたしなど野菜の常備菜があるときは、いっしょに混ぜ込めば栄養バランスもばっちり!

・レンジ活用その2・ポトフとおにぎり弁当

出典:@tomo324__さん

あたたかい冬には、ポトフ弁当もおすすめです。ウインナーの味がスープにしみ出すので、味つけもシンプルでOK。
材料を切ったら、水とコンソメを入れて電子レンジでチンするだけ!あとはおにぎりがあれば、立派なお弁当になりますね。ポトフは野菜もしっかり摂れて、ボリュームもたっぷりです。
大人は仕上げにブラックペッパーをかけるとアクセントに。容器に入れるときは、汁は少なめにしましょう。

・レンジ活用その3・チキン南蛮弁当

出典:@tomo324__さん

子どももパパも大満足のチキン南蛮弁当も、電子レンジがあれば簡単に作れます。手が込んでいるように見えるチキン南蛮も、揚げないどころか火を使わずに調理可能。
子どもは食べやすいように鶏モモ肉を小さく切って、大人は鶏ムネ肉で噛み応えアップを狙ってヘルシーに仕上げるのもいいですね。


■丼ものスピード弁当も家族には大好評かも

ママにとっては手抜きになる丼ものも、もしかしたらパパや子どもはひそかに楽しみにしているかもしれません。

・丼もの弁当その1・ひき肉そぼろ

出典:@mayumi_photoさん

ひき肉そぼろと炒り卵の丼ものは、時短弁当の定番です。おかずがあれば、より豪華に。おかずがなくても、充分満足できる内容になります。
そぼろは冷たくてもおいしく食べられるので、まさにお弁当にぴったり。多めに作って冷凍しておけば、おにぎりのなかに入れる具材としても役立ちます。

・丼もの弁当その2・焼肉風や甘辛お肉

出典:@uchigomorimeiさん

鶏ごぼうや焼肉風に味つけしたお肉は、それだけでごはんが進むおかずですよね。味の濃いお肉料理は、丼ものにもぴったり。
ごはんに乗せて、焼肉弁当にしてしまいましょう。キノコを入れると、栄養アップにもなります。

・丼もの弁当その3・のり弁風のっけ弁

出典:@yoshimi_t418さん

前の晩のフライものが残っている日は、のっけ弁当もおすすめ。
のり弁風で、パパも食べ盛りの子どもにも喜ばれそうですね。フライをひと口サイズに切れば、もちろん幼稚園のお弁当にも使えます。


■時短弁当でも愛情はたっぷり

常備菜を作ったり夕飯をちょっと多めに作ったり、電子レンジ活用レシピを研究したり。少し工夫をすれば、朝の時間を節約しても愛情たっぷりのお弁当は作れます。毎日のことなので大変でしょうが、そんなママの頑張りをパパや子どもは感じ取ってくれるはず。みんなでいっしょに頑張りましょう!

chitako

輸入子ども服が大好きな3歳男児のママ。子ども服のバイヤー経験あり。料理が好きで魅せる盛り付けを研究中です!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp