Facebook Twitter Instagram

Lifestyle

コストコのエビが使いやすい!ラクしておいしい料理を

毎日の食事はおいしいものをいただきたいですね。けれど、忙しい日々の中で料理にかけられる時間には限りがあるもの。できるだけ時短しながらおいしいものをいただけるのが理想的です。そこで、時短しながらおいしい料理を作りたい!という方におすすめしたいのがコストコの冷凍エビ。

冷凍エビの種類や解凍方法、レシピもご紹介します。

◆コストコを上手に利用して我が家の食卓を豊かに♡

日本のスーパーでは見かけることがない商品や、同じ商品でもサイズが一回り以上大きな商品を見かけるコストコ。
上手に利用していますか?
サイズが大きすぎてうまく使いこなせない…という声が聞こえることもちらほら。
けれど、家庭によって日本のスーパーでもよく買うものとめったに買わないものがあるかと思います。コストコも同じ、その家庭にとって便利な商品を見つけて、上手に利用することができればとても便利なスーパーですよね。
今回は、多くの方がコストコでリピートしている冷凍エビをご紹介しましょう。
どれが我が家にとって使いやすそうかな…という視点で見てみてくださいね♡

◆コストコで買える冷凍エビの種類はどんなのがある?

コストコで買える冷凍エビは一種類だけではありません。たくさん入って安い冷凍エビ、代表的な商品をご紹介します。


・調理済で尾なしを探しているならこれがおすすめ!

出典:@ yagigigi1234さん

まずは『KIRKLAND(カークランド)』の「調理済冷凍むきエビ(尾なし)」。
エビを足すだけで豪華になるサラダも、下処理からして…となると日々の食卓にはなかなか登場しにくいもの。けれど、調理済のむきエビであれば解凍するだけですぐにおいしいサラダの完成!
サラダにエビ、登場回数が増えそうです。もちろん、お弁当にも大活躍!

・調理済の尾つきタイプならこちらをどうぞ♡

出典:@ yagigigi1234さん

カークランドの「調理済冷凍むきエビ(尾つき)」タイプがこちら。
解凍後は簡単に炒めるだけでも一品完成!尾なしタイプか尾つきタイプかはお好みで選ぶとよいですね。

・調理済でない方がよいならこちら♡冷凍生エビ(尾なし)

出典:@ yagigigi1234さん

こちらは「冷凍生エビ(尾なし)」タイプ。
調理がされていない生エビですが、背ワタの処理はされていて尾もないタイプです。
4種類の中で一番汎用性が高いかもしれませんね。スーパーでも購入できる冷凍生エビですが、コストパフォーマンスの高さはコストコの勝ち!

・同じく冷凍生エビ(尾つき)タイプもおすすめ♡

出典:@ yagigigi1234さん

こちらは「冷凍生エビ(尾つき)」タイプ。調理されていない冷凍生エビで、丁寧に背ワタは取られています。家庭で一匹ずつ処理するという手間が必要なく、ジップロックの袋を開けて必要な数取り出して解凍するだけ。エビどうしがくっついて使いにくい…というような心配もありません。

◆冷凍エビは全て添加物不使用!だから安心して食べられる

冷凍エビが便利であっても、安心して食べられるかどうかも大切です。

・コストコのオリジナルブランドは信頼性がある

出典:@ yagigigi1234さん

ご紹介したエビはコストコのプライベートブランド、『KIRKLAND signature(カークランドシグネチャー)』の商品です。
カークランドとはコストコが自社で手掛けるブランドなのですが、それは有名ブランドにも引けを取らない高品質なものにだけつけられる名前。
自社ブランドの商品としてふさわしいか、厳しい目で選択された商品のみがカークランドとして選ばれます。

・使い切りではないので好きな分だけ解凍して使える


大袋にエビがたくさん入った状態で販売されている冷凍エビ。スーパーで購入するパックのエビとは違い、はじめから一匹ずつがバラバラの状態で冷凍されています。
その日に使う分だけを解凍して使えるので、無駄もなく衛生面でも安心です。

・下処理も済んでいるので使いやすい

出典:pixabay ※写真はイメージです

急いで夕飯を作らないと!というときに、エビの背ワタを取る作業があると思うとエビを使わないメニューにしよう…なんてこともありますよね。
その点、下処理が済んでいるというのはとても助かります。エビを使った料理を作るハードルが一気に下がること間違いなし!

◆冷凍エビの上手な解凍方法は?加熱は必要?

冷凍エビを上手に使うには、解凍の方法を知っておく必要がありますね。ポイントを見ていきましょう。

・冷凍エビ、解凍のポイントは?


「便利なだけでなく値段もお得なので、エビはいつもコストコで購入」という口コミが見られるコストコの冷凍エビ。使いこなしているみなさんはどのように解凍しているのか調べてみました。
冷凍エビの解凍方法はいろいろあるようですが、流水での解凍はできれば避けた方がよいでしょう。うまみがいっしょに流されてしまうようです。
一般的には、使う分だけをボウルなどに入れて自然解凍。もしくは、薄い塩水に入れて5分ほど置き、その後塩水を洗い流すという方法を取る方が多いようです。塩水に入れた後、エビに酒をまぶして軽く揉んでから水で洗い流すと、アクが抜けて臭みが抜けるという口コミもありました。

・冷凍エビ、茹で方のポイントは?


ここで、調理済のむきエビは加熱しなくても大丈夫?という疑問があるかもしれません。調理されているので大丈夫なのでは?と思うかもしれませんが、2018年に仕様が変わり、調理済のエビでも十分に火を通すようパッケージに記載されているようです。
どの冷凍エビも、加熱してから食べるようにしましょう。
茹でる際のポイントですが、調理済のエビはすでに火が通っているので火を通し過ぎるとエビが縮むので気をつけてくださいね。

◆お店によっては魚コーナーに生エビもあるんです!

出典:@ yagigigi1234さん

冷凍エビをご紹介してきましたが、お店によってやタイミングによって、魚コーナーに生エビが並んでいることもあります。

・コストコの生エビはバーベキューにちょうどよいサイズ感


みんなで集まってバーベキューをするなど、ワイワイと楽しみたいときはいつも以上に豪華なメニューにしたいもの。
お肉はもちろんのこと、海鮮もそろえたいならコストコの生エビがおすすめです。

・殻と尾がついていて見た目もよし!

出典:photoAC 画像はイメージです

バーベキューでは食欲をそそる見た目も大事。
殻つきで尾もついていれば、食欲をそそられる豪華な見た目になります。

・本来はバーベキュー用ではなく刺身用


本来は、刺身用として販売されている生エビ。購入したその日なら刺身でいただくことができるようです。けれど、焼いて食べることを前提に購入されている方もたくさんいます。

◆コストコのエビを使ったおすすめレシピを紹介

それでは、最後にコストコの冷凍エビを使ったおすすめ人気レシピをご紹介しますね。いずれも2人分のレシピです。

・冷凍エビを使って簡単おいしいエビマヨ

出典:@pyonshioさん

子どもも食べやすいエビマヨ。簡単なレシピなので挑戦してみてくださいね。
1.エビを解凍しておく。
2. マヨネーズ大さじ5、ケチャップ大さじ2、レモン汁少々をボウルなどで混ぜ合わせる。
3. エビに片栗粉をまぶし、フライパンでしっかりと焼く。
4. 焼きあがったエビを2のボウルに入れ混ぜ合わせたら完成!

基本のレシピをご紹介しましたが、@pyonshioさんはエビマヨのソースに練りチューブのわさびと山椒も追加するそう!
大人味のエビマヨも是非チャレンジしてみてくださいね♡

・定番料理になるかも!?登場回数が増えそうなエビチリ

出典:@pyonshioさん

こちらは@pyonshioさんがコストコのエビを使って作られたエビチリです。
ブリブリのエビチリになったそう♡
エビチリを食べたいけれど、ソースから作るのは面倒…という方は市販のチリソースを使ってみるのも方法です。
市販のソースをアレンジしたレシピをご紹介しますね。
1.エビを解凍しておく。
2. 長ネギとショウガをみじん切りする。(好みの量で)
3. チリソース大さじ1、酒大さじ1、ケチャップ大さじ2、片栗粉少々を混ぜ合わせる。味見をしながら砂糖を加えるかはお好みで。
4. フライパンに油を加え、ショウガを炒める。香りがたってきたらエビを加え、エビに火が通ったら長ネギを加えて炒める。
5. フライパンに混ぜておいたソースを加え、煮立ったら完成!

・エビ餃子はアンから作ってみるのもよし!

出典:pixabay ※写真はイメージです

今回は冷凍エビを使った餃子アンの作り方をご紹介しますね。
1. 冷凍エビを解凍し、しっかりと水気を切る。
2. エビを軽く叩き、粗みじん切りに。食感を残る大きさにするのがポイントです。
3. 片栗粉大さじ2、中華調味料小さじ1、酒小さじ1、ごま油小さじ1、すりおろしたショウガ少々(チューブで可)をボウルに入れ、2で叩いたエビと混ぜ合わせる。
4. お好みの皮で包む。

蒸し餃子にしても焼き餃子にしてもおいしいですよ♡焼き餃子にするなら焼き方にポイントがあります。
焼き上がったころ、最後にごま油を小さじ1ほど回しかけてみてください。皮がカリッと仕上がります。

・パーティーメニューでも人気!エビのアヒージョ

出典:photoAC ※写真はイメージです

簡単に作れるけれど、パーティーでも人気メニューとなるのがエビのアヒージョ。冷凍エビを使えばさらに簡単なので、レシピを覚えておきましょう♡

1. エビを解凍しておく。
2. 皮をむいたにんにく1.5株~2株と冷凍エビを小鍋に入れ、ひたひたになるまでオリーブオイルを入れる。弱火にかける。
ブロッコリーやマッシュルームなどお好み食材を加える。
3. エビに火が通ったら穴をあけたミニトマトを加え、さらに弱火で2分弱待てば完成!

他にも、エビフライやパスタ、サラダやスープなど使える料理はたくさん!
いつでも取り出すことができるので常備に向いていますね。

◆ついつい億劫になるエビ料理もこれで登場回数が増えそう!

ご紹介したように、下処理された冷凍エビを使えば、簡単においしいエビ料理が作られそうですね。
今まではなかなか手を出せなかったという方も、これを機にエビ料理に挑戦してみませんか?
お店が近くにないという方は、ネット通販などを利用するのも方法です。

しろ

雑貨屋勤務の経験もある雑貨好き♡時間を見つけてはインスタでおしゃれなインテリアを見るのが楽しい時間。いったん落ち着いていた我が家のインテリアを、北欧風に変えようと試行錯誤中です。
【Instagram】_shiro9

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp