Facebook Twitter Instagram

出典:@ai.risa29さん

Lifestyle

映える手作りマンゴースイーツ!作り方も紹介★GWのおもてなしにも◎

桜が散る頃になると、気温もグングン上昇!毎年GWには半袖で過ごす方も多いのではないでしょうか。そして暑い季節は、モッタリした甘いものが食べにくく感じることも。そこで今回は、これからの季節にぴったりの“旬のフルーツ・マンゴーを使ったひんやりスイーツ”をご紹介します。

■のどごしツルン♡マンゴープリン3種

マンゴースイーツといえば、プリンを思い浮かべる方も多いかもしれませんね。まずは基本から変わり種まで、マンゴープリンを見ていきましょう。

・簡単!基本のマンゴープリン

出典:@nori.er3425さん

こちらは、マンゴーの缶詰を使ったお手軽プリン。マンゴー缶・砂糖・ゼラチン・水をミキサーにかけて、冷やし固めるだけで作れるんです。
缶詰のさくらんぼやミントを乗せれば、彩りもバッチリ!
缶詰ならすでに甘さもあるので、砂糖なしでもいいかもしれません。火を使わずにできるので、暑い季節でも作りやすいですよ。

・食感の変化が楽しい!パンナコッタ×サイダーマンゴープリン

出典:@countryhousehanaさん

濃厚なパンナコッタと、シュワシュワした食感のサイダーゼリーが2層になったスイーツ。パンナコッタを器の半分まで入れて冷やし固めたら、うえからマンゴー入りサイダーゼリーを注いで再び冷蔵庫へ。
マンゴーの実は大きめにカットして、ゴロゴロした食感を残すのがおすすめです。
白とオレンジ色のコントラストが美しいので、ぜひ透明の容器で楽しんでくださいね。

・さわやかな口あたり!ヨーグルト×マンゴープリン

出典:@ai.risa29さん

さっぱりしたヨーグルトムースと、とろとろマンゴープリンが絶妙なバランス。ほど良い酸味があって、食欲が落ちてきたときにもぴったりです。
ケーキ作りのようにヨーグルトを水切りする必要もなく、“混ぜる・冷やし固める”の工程を繰り返すだけ!
口あたりが軽いので、男性にも好評です。

■おもてなしにも◎マンゴーレアチーズ

出典:@keijunrinさん

ホールケーキは見た目も豪華で、おもてなしにもぴったり!しかし暑くなってくると、スポンジ系のケーキは食べにくいこともありますよね。
そんなときには、レアチーズに挑戦してみては?ペロリと食べられちゃいますよ。
いつも通りレアチーズケーキを作ったら、ゼラチンを溶かしたマンゴージュースを流し入れて冷やし固めて。
カットした生マンゴーをトッピングすれば、まるでケーキ屋さんのようなクオリティです。

■アレンジ自在!マンゴーパフェ

出典:@soranekonyaさん

好きなものをどんどん乗せていくだけの、日常使いにぴったりなマンゴーパフェ。@ soranekonyaさんはちょっぴりこだわって、とろっとした食感のヨーグルトやミルク寒天で作っています。マンゴーの実がたっぷり入って、しっかりした食べ応えの贅沢スイーツです。
もちろん、アイスで作っても◎!子どもといっしょに「今日はなに乗せる?」なんて楽しむのもいいですね。

■マンゴーがあればフォトジェニスイーツもあっという間!

色鮮やかなマンゴーなら、混ぜて固めるだけの簡単スイーツでもフォトジェニックに!マンゴーは、これからが旬。ぜひ、ひんやりスイーツで楽しんでくださいね。

chitako

輸入子ども服が大好きな3歳男児のママ。子ども服のバイヤー経験あり。料理が好きで魅せる盛り付けを研究中です!

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp