出典:@ bm.p0512さん

Lifestyle

話題のマットレスを比較☆自分にあったマットレスを選ぼう

一日の疲れを取るには、しっかりとした睡眠が大切です。ベッドに体をうずめるときが、一番しあわせ!という方も多いと思います。そのしあわせ満足度をさらに上げ、体の疲れが取れる質の良い睡眠を得るためには、マットレスの見直しをおすすめします。ここでは、今話題のマットレスを比較しながら、どのマットレスが自分に向いているかを検証できる情報をお届けします。ぜひ参考にしてみてください。

■マットレスの種類ってどのくらいあるの?

実は、マットレスにはブランドも種類もたくさんあり、値段の幅もそれぞれ。マットレスの素材の特徴から、コスパのいいものはどれなのか、わかりやすくご紹介します☆

出典:photoAC

簡単に分類するなら大きく分けて、
1.コイル(スプリング)マットレス
2.ウレタンマットレス
3.ファイバーマットレス
の全3種類あります。
それぞれの特徴を見てみましょう☆

・コイル(スプリング)タイプはさらに2つに分けられます!


このタイプは、厚みが20cm程度あって、中にバネのようなコイルが入っています。
10年以上長く愛用できますが、相場が10万円くらいからで、初期投資が必要です。
コイル(スプリング)タイプは、さらに「ボンネルコイル」と「ポケットコイル」の種類に分けられます。2つの違いを詳しく見ていきましょう。

出典:photoAC

a.ボンネイルコイルマットレス
内部にバネのような強いスプリングが入っており、コイルが連動型なので、体全体を面でしっかりと支えて寝ることができます。耐久性が高いので、10年程度使用できます。

b.ポケットコイルマットレス
コイルが単体なので体を点で支え、体圧が分散できるため、2人で寝ても振動が伝わりにくく熟睡できます。こちらも耐久性が高いので、10年以上使うことができます。

・ウレタンマットレスも大きく2つに分けられます!


このマットレスの特徴は、腰や背中の痛みを和らげるので、腰痛をお持ちの方や背中に痛みを感じている方におすすめのマットレスです。価格は1万円~5万円が相場なのでコスパがいいマットレスですが、質を見極めて購入することが大切です。
ウレタンタイプは、硬さによってさらに「低反発」と「高反発」の2種類に分けられます。こちらも詳しく見てみましょう!

出典:photoAC

a.低反発マットレス
やわらかい寝心地で、体にフィットする感覚がお好みの方におすすめです。質が悪いと体が沈みすぎ、腰痛などの原因になりますので、しっかり質を見極めて購入しましょう。
特に、低反発マットレスは体重が50㎏までの女性におすすめのマットレスです。

b.高反発マットレス
硬めのウレタンを使用しており、体圧の分散に優れています。よって、ウレタンの復元力が高いので、寝返りが自然にでき、腰痛や背中の痛みがある方におすすめのマットレスです。こちらも低品質だと耐久性が低く、すぐにへたれてくるので品質を見極めて購入することが大切です。

・近年人気のファイバーマットレス!


通気性が良く、なんと水洗いができるのが、ファイバーマットレスの特徴です。厚みが3㎝~5㎝で薄いつくりになっているので、現在お使いの敷き布団やマットレスの上に敷いて使います。

出典:photoAC

子どものおねしょやペットのにおいが気になる場合に丸洗いできるので、衛生的です。

■マットレスの選び方はこれ☆

具体的にどんなマットレスが自分にぴったりなのか、マットレス選びのコツをご紹介します。ぜひ参考に見てみてください。

・自分に合うものを試してみること

出典:photoAC

寝る姿勢や好みは人それぞれ違うものです。店舗に行って、ぜひ自分の好みや体の様子にあった快眠のできるものを体感して選んでくださいね☆

・口コミも参考にしてもいいの?弾力や肌触り、実際寝転んでみるのが一番です☆


何を基準に選べばいいか、実際にいざマットレスを選ぶとなるとはっきりわからなくなりますよね。そんなときは、次の項目にチェックしてマットレス選びをしてみてください。

出典:photoAC

*寝姿勢が自分に合っていますか?
*寝返りがしやすそうですか?
*寝転んだ際に、目が覚めるような揺れを感じませんか?
*きしむ音は気になりませんか?
*通気性はよさそうですか?

上記の他にも、自分のこれは譲れないポイントがあれば、ピックアップをしておくといいですね☆

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]