出典:@ dholic_snap

Fashion

ベストコーデはオールシーズンOK!季節ごとに素材を変えてみて

“ベスト”とはアメリカのファッション用語で、フランスでは“ジレ”という愛称で親しまれています。日本でもロングジレの流行とともに、フランス流の呼び方が主流になっていますね。そんなベストは季節を問わず使えるアイテムだということをご存知でしたか?素材やデザインも季節によって違うんです!今回は四季に合わせたおすすめのベストコーデをご紹介いたします。

■ベストを取り入れたコーデがおしゃれ!

ベストをコーディネートに使ったことはありますか?気温が下がると利用者が増えるベストですが、実は季節を問わず販売されているんです!デザインだけでなく素材も季節によって人気のタイプが違うため、取り入れるだけで季節感を出すことができます☆

・ベストを着れば自分だけのコーデが楽しめる♡


ロングジレやタートルネックベスト、前あき、Vネックなどのベストはデザインが豊富。気分にあったスタイルに合わせることができるため、他人のコーデに差をつけることができます。インナー、アウターとセットで着られるため、コーデのバリエーションが簡単に広げられるのも魅力♡

・素材を変えれば年中着られる


ニットは素材の種類も豊富。ニットベストだけでなく、リネン、コットンなどいろいろな種類の素材があるため、暑い日にも寒い日にも着ることができます。朝夕の気温差がある日にはちょっとした羽織物としても活躍するアイテムです。

■季節別に人気のベストをご紹介します!

オールシーズン着ることのできるベスト。それぞれの季節に合わせた人気アイテムをご紹介いたします。

・春ベスト1:抜け感のある柔らか素材のロングジレ

出典:@maakii_93さん

春には優しい日差しに合わせた、きれいなシルエットのロングジレがおすすめ。いつものパンツコーデにプラスすれば大人っぽい印象のコーデになります。柔らかい素材感でちょっと抜け感を出すのもポイント。グレーのロングジレに、グリーンのパンツがスタイリッシュでかっこいいですね!

・春ベスト2:ボーダーのカジュアルコーデにはトレンチできちんと感を

出典:アーバンリサーチ センスオブプレイス で、めざせプチプラおしゃれ達人! @nanama132さん

ボーダーシャツを使ったカジュアルコーデにはトレンチのロングジレがおすすめ。ドロップショルダーのトップスはラフな感じに着こなすのも良いですが、トレンチのロングジレできちんと感をプラスしてもまとまります。ジレは袖がないぶん周囲に軽い印象を与えるため、次の季節も意識した爽やかな雰囲気になりますね。

・夏ベスト1:シャツコーデにはライトなジレが使える!

出典:@kaiuta1975さん

透け感のある軽い素材のベストは夏にピッタリです。薄着になる夏は、毎日同じような服装になってしまう…。という声もちらほら。そんなときにはベストがおすすめです。袖がないため涼しく着られて、Tシャツコーデも雰囲気がガラリと変わります☆

・夏ベスト2:シンプルコーデはロングジレ&小物を駆使すべし!

出典:楽ちん&こなれたビーサンを使った夏コーデ12選【夏号ピックアップ】

白シャツ×デニムの王道コーデにもロングジレはベストマッチ。ジレの色みをおさえて、大人っぽい雰囲気に。サングラスや鮮やかなカラーのサンダルと合わせることで、セレブ感のある高見えコーデに変身します♡

・秋ベスト:ワントーンコーデにファーベストでアクセントを

出典:@ asumi_ogawaさん

秋はベストの種類が豊富!形や素材の違うベストが楽しめます。ファーベストはふわふわとして存在感が抜群です。白のワントーンコーデにダークカラーのベストがアクセントになっています。秋は春夏に比べ彩度の抑えたカラーが主流になるため、素材を目立つものにすると華やかですね。

・冬ベスト:ファーベストをお気に入りの同色ニットと合わせて

出典:タートルネックのおしゃ見えコーデ5選☆ @__tom_ca__さん

同色系のニットとファーベストを合わせたコーデ。ベストをアウター代わりにすることで、ニット×ベストのコーデをより楽しむことができますね。ニットとファーの素材感がコーデのアクセントになっていてかわいらしい雰囲気です。ホワイトでまとめることで派手さを抑えているところがポイント!

・冬ベスト2:タートルネックのベストをコーデの主役に

出典:@ dholic_snap

こちらは韓国のファッション通販ブランド、『DHOLIC(ディーホリック)』 のニットベストを使ったコーデ。ヘルシーなアースカラーが女性らしい雰囲気に。こちらのレディースベストは春、秋にも着用できそうです。オフショルダーのシルエットとサイドのリボンが程よく甘さをプラスしています♡

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE