出典:インテリアポスターで作るおしゃれ空間。飾り方のコツを伝授 @ sato.rirushuさん

Lifestyle

おしゃれな椅子がほしい!北欧ブランドのおすすめデザインはこれ

「自宅の部屋をほっとくつろげる空間にしたい」そう感じている人は多いもの。そんな人におすすめなのが、一人掛け用の北欧椅子です。北欧デザインは無駄のないフォルムと素材の味を活かしたデザインが特徴的で、部屋にナチュラルに馴染みながらも上質な空間へと導いてくれるのが魅力。お気に入りの北欧椅子があれば、いつものティータイムや読書タイムも特別なひとときと変えてくれそうです。

今回はそんな北欧椅子の魅力やおすすめデザインについてご紹介します♡

■北欧デザインの魅力ってどこにある?

「おしゃれ部屋=北欧デザイン」といったイメージを持つ人も多いのでは?なぜ北欧デザインが多くの人に選ばれるのでしょうか?

・部屋のインテリアに馴染みやすい

出典:リビングにダイニングテーブルを設置するポイント☆レイアウト実例も! @_____huu.08さん

北欧デザインは無駄のないシンプルさが魅力。直線や人工的な曲線で描かれたフォルムに加え、木などの素材の特性を活かしたデザインは、空間にセンスを添えながら静かに存在感を放ってくれます。そのため、どんな部屋のテイストとも調和してくれるのが特徴です。
また、動植物などをモチーフとしたものやインスピレーションを受けたデザインも多く、機能的でありながらも冷たく機械的な感じがしない点も、北欧デザインならではでしょう。

・長く使えるデザイン性

出典:photoAC

北欧のなかでもデンマークやスウェーデンは特に寒さが厳しい地域。屋内でも居心地よく過ごすために、「シンプルで機能的」かつ「長く愛用できる飽きのこないデザイン」を大切にして設計されています。そのため、時代の流れに左右されにくく、長く使えるとして世界中から人気を集めているのです。

■北欧と北欧風の違いは?

出典:リビングのライトはおしゃれかつ機能的に!どんな照明を選ぶ? @ yse.___さん

北欧家具とは、具体的にデンマークやスウェーデン、フィンランド・アイスランド・ノルウェーの北欧州5カ国で生産された家具のことを指します。
一方で北欧風家具は、この5カ国で生産されたというわけではなく、一般的に北欧州の文化や思想背景などを受け継いでデザインされた家具のことを意味すると言われています。そのため、日本で生産された家具を「北欧風」と表されることも珍しくありません。

■北欧椅子を安さで選ぶならどこ?

上質な素材で作成される北欧椅子は、高い値で販売されているものも多いため、「なかなか手が出ない…」という声もよく聞かれます。リーズナブルな価格で手に入れるためには、どこで購入するのがよいのでしょうか。

・スウェーデン生まれの家具メーカー【IKEA】

出典:IKEAのカーペットでお部屋をよりおしゃれにアップデートしよう @ sugi___stagramさん

スウェーデン発の『IKEA(イケア)』は、世界中にファンを持つ有名家具メーカー。品質のよい素材を用いながら安い価格帯で家具を提供しているのが魅力で、椅子のデザインも豊富に展開しています。
写真のものは、IKEAのなかでも人気の「ポエング」。体の曲線にフィットするようにフレームがデザインされていて、快適な座り心地を実感できます。

・日本人基準で設計されている国産メーカー【ニトリ】

出典:筆者撮影

「北欧風」で探すなら、『ニトリ』も見逃せません。ニトリは北欧風デザインの椅子も多いうえに、日本人の体型や身長に合わせたサイズで設計されています。そのため、価格帯も座り心地も両方◎。お手軽に北欧風のインテリアを楽しむことが可能です。

■北欧椅子をブランドで選ぶならどこがおすすめ?

北欧椅子で有名なブランド『Fritz Hansen(フリッツハンセン)』。その中でも特におすすめの椅子をピックアップしてご紹介しましょう。

・独特のフォルムが美しい【アントチェア】

出典:@ mee.238さん

「アントチェア」は、世界で初めて背面と座面が一体化したデザインを実現したと言われている椅子。必要最低限の要素で設計された美しいフォルムは、デンマーク家具の代名詞とも呼ばれています。芸術的な曲線はついうっとり見とれてしまうほどの美しさ。
並べて配置してもすっきりとしていて、洗練された空間へと導いてくれます。

・モダンでシンプルなデザイン【セブンチェア】

出典:@ mee.238さん

デンマーク生まれの「セブンチェア」は、60年以上にわたって世界中の人に愛され続けているロングセラー商品。独特なカーブを描いた背面と細いクローム脚が特徴で、見る角度によってまた違った表情を楽しませてくれるデザイン性の高さが魅力。
また、汚れてもサッと拭き取れる扱いやすい素材もポイントで、長く愛用できると評判です。

■北欧椅子はデザイナーさんで選ぶのもあり!

北欧椅子ファンのなかには、デザイナーで選ぶという人も少なくありません。1940年~1970年は北欧家具の黄金期とも呼ばれた時代。この頃、北欧では有名なデザイナーが数多く輩出されました。そして当時から現在まで長く愛されているデザイナー家具も存在します。
それぞれのデザイナーによって、持ち味も異なり、同じ北欧家具でも違った魅力を発見できます。なかでも北欧椅子で有名なのが、ハンス・J・ウェグナー氏のデザインです。彼は生涯で500以上の椅子をデザインしたとされています。たとえばつぎのデザインの椅子は、見たことのある人も多いはず。

・北欧家具の代名詞【Yチェア】

出典:インテリアポスターで作るおしゃれ空間。飾り方のコツを伝授 @ sato.rirushuさん

Yチェアはアームを兼ねた背面フレームが特徴的。体の曲線に沿ってゆるやかなカーブを描くようにデザインされているため、長時間座っていても身体に負担を与えません。
また、ほどよいクッション性がある座面は、夏は涼しく、冬はあたたかくしてくれるという高機能な素ペーパーコードを採用。長く愛用すればするほど体に馴染んでいき、自分仕様の椅子へと成長してくれます。

・北欧椅子の原点とも称されている【GE290】

出典:@ife8746さん

こちらは北欧家具メーカーとして有名な『GETAMA(ゲタマ)』の一人掛け用のアームチェア「GE290」です。Yチェアと比較すると一見シンプルな見た目となっていますが、細部まで計算されつくしたディティールは快適な座り心地を実現。
また、立ち上がるときの動作まで考慮してデザインされた、幅広なアーム部分もこのアームチェアの魅力のひとつです。

■北欧椅子で自宅時間をより心地よいひとときへ

出典:【最新トレンド】子ども勉強部屋は白・黒・グレーのモノトーンがかわいい @ saaaachi0601さん

北欧椅子は、機能性とデザイン性の高さを両立させた魅力的な家具のひとつ。こだわり抜いて選んだお気に入りの椅子なら、自宅時間をもっと素敵なひとときへと変えることができるはず。ぜひ、あなたの自宅にも北欧椅子を迎えてみてはいかが?

haru

神戸出身の転勤族ママ。3歳になったやんちゃボーイは、めきめきとちびっこ怪獣に変身中。ネットで夜な夜なインスタ巡りをするのが趣味で、おしゃれな方のコーデや行きたい場所情報をチェックしています♪
【Instagram】haru__kirara

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!