出典:mamagirl2018秋号

Fashion

マザーズバッグはリュックという選択肢!みんなはどんなの使ってる?

子どもが生まれるとお出かけの必須アイテムになるマザーズバッグ。
ショルダータイプやトートバッグも人気ですが、アクティブなママやカジュアルコーデが好きなママにはリュックタイプがおすすめなんです!
今回はマザーズバッグでリュックを使用しているママたちが、どんなアイテムを使っているかご紹介します♡

■マザーズバッグのリュック、どんなシーンで活躍する?

出典:mamagirl2019夏号

ここではマザーズバッグのリュックタイプのメリットを改めてチェックしていきましょう。

・子どもが活発になってきているが荷物も多いとき


子どもが自分で歩けるようになってからリュックタイプのメリットを実感するというママ多数!
目が離せない子どもを追いかけるときには瞬発力が必要になります。リュックだとサッと背負うだけで両手も開いて、あちこち走っていく子どもをすぐに捕まえられますよ。
また、手持ちタイプのマザーズバッグだとどうしても片方の肩に負担が偏ってしまいますが、リュックタイプは両肩に重みが分散されるので、重い荷物も軽々背負えちゃいます。

・抱っこひものときにもリュックは大活躍


リュックは抱っこひもの時期にも大活躍!後ろに大きな荷物を背負って、前は抱っこひもで赤ちゃんを抱っこすることで前後の重さのバランスもとりやすくなります。
肩ひも部分がかさばってしまうので、重ならないように調整してみるのが良いでしょう。

・雨の日など手がふさがるときはリュック一択


雨の日でも外出しなければならないとき、子連れは特に憂鬱ですよね。
ただでさえ荷物が多いのに、傘も差さなければいけないし、子どもは抱っこ、もしくは手をつないでいないと危ないしで気が休まりません。
そんな雨の日のお出かけも、マザーズバッグのリュックタイプなら動きがスムーズ!
両手があくので、片手には傘、片手は子どもと手をつないで安心してお出かけができます。

■ママバッグリュックは何を重視すべき?選び方を紹介!

出典:mamagirl2018秋号

ここではマザーズバッグとしてリュックを購入したいときに、チェックするべきポイントを紹介します!

・荷物が多い低月齢ベビーのママは容量は多いほうが良い


子育てママにとっては何よりもまず容量の大きさが気になりますよね。
大容量のアイテムをセレクトすれば、おむつポーチもマグもおもちゃも、ママのコスメポーチだって余裕の収納力なんです!特にアウトドア系ブランドのリュックは機能的で容量も大きいものが豊富。
おしゃれも重視するなら、見た目はすっきりとしていながらマチが広かったり底が深かったりするタイプがファッションとの両立も叶うのでおすすめですよ。

・子育てシーンは水濡れも多々あり!ナイロンだと軽くて水にも強い

出典:筆者撮影

リュックを購入するなら、生地をチェックするのも忘れないようにしましょう。
荷物の多い子育てシーンでは、リュックそのものは軽いほうが扱いやすいです。また、水に濡れるなどのハプニングにも対応できる素材だと安心ですね。
ナイロン製の生地でできたリュックは、それら両方の条件を満たしています。ただし、熱に弱く通気性や吸水性がないという特性もあるため、自分が使いたい状況に合わせてセレクトしてください。

・細々としたものを収納!ポケットがついていると便利


子どもの小さなおもちゃやタオルハンカチ、小さめのマグ、除菌シート、スキンケア用品などなど…サッと取り出したいものがいろいろあるのも子育て中の特徴!
リュックの外側にポケットがついている仕様なら、細々としたものも収納できて便利なこと間違いなしですね。

■マザーズバッグのリュックタイプ、ショルダーとの違いは?

出典:筆者撮影

・ショルダーより大容量のものが多い


ショルダーは装着したときに体の横にくる構造上、大量の荷物を入れると厚みが出て動きづらくなります。容量の面ではだいたいの場合、リュックタイプのほうが勝っていると言えるでしょう。

・抱っこひもと併用しやすいが肩が重くなる


リュックタイプは抱っこひもとの併用がしやすいですが、赤ちゃんの体重と荷物の重さ、全てが肩に集中するため肩こりしやすくなるなど負担は大きいです。
お出かけの際はなるべく休憩をとって、リュックを時々下すようにしたほうが良いでしょう。

・荷物を取り出すときは一度おろさなければならない


リュックの最大のデメリットはこれ。
背中側に荷物があるので、一度下ろしてからじゃないと中身をきちんと確認することができません。例えば抱っこひもで子どもを抱えてレジでお会計をするというシーンでは、一旦リュックを肩から下してリュックを開け、ゴソゴソ財布を探して取り出す、という流れになります。荷物を取り出すまでのアクションが短い方がいいという人には不向きなのがリュックタイプです。

・ユニセックスデザインでパパと共有できるものも多い

出典:筆者撮影

リュックはもともとがカジュアルなアイテムなので、ユニセックスに使えるスポーティなものが豊富に販売されています。
休みの日は重い荷物をパパに持ってもらうことが多いという家庭なら、男女兼用で使えるデザインのリュックはニーズにぴったりです。

・夏場は背中に汗をかくので蒸れやすい

出典:筆者撮影

リュックはトートタイプやショルダータイプと比べると、体に接触する面が多いです。
夏場など暑い気候の場所では背中がぐっしょり汗で濡れるという可能性も。
敏感肌の人や汗っかきの人は背中側がメッシュになっているなど通気性の良いものを選ぶようにしましょう。

■おすすめマザーズバッグリュックをチェック!

ここではおすすめのリュックをご紹介します。

・常にランキング上位の定番品マザーズリュックはこちら!


出典:筆者撮影

『anello(アネロ)』はお手頃価格、豊富なデザイン、使い勝手の良さがそろって年代問わず爆発的人気となったバッグブランドです。魅力は開口部分がガバッとがま口のように大きく開く点!また、ポケットや容量の多さ、背面ファスナーで背負ったまま荷物を出せるなど、細かな工夫もたっぷりの機能性リュックです。
シンプルな無地だけでなく、こちらのような迷彩柄もファッションのアクセントになってかわいいですね。

出典:筆者撮影

北欧ブランドの代表格、『marimekko(マリメッコ)』からもママに人気のリュックが販売されています。
一見シンプルな何気ないデザインですが、背負ってみるとなんだか洗練された雰囲気になるあたりはさすがマリメッコ!合わせる服を選ばないスタイリッシュなビジュアルと、一泊ぐらいの荷物ならすっぽり入りそうな大容量が魅力です。

出典:筆者撮影

日本が誇るカバンメーカー、『吉田カバン』の自社ブランド『PORTER(ポーター)』のリュックは言わずと知れた名品ぞろい。生地が非常に丈夫で耐久性にすぐれています。
ちょっとメンズよりなブランドイメージは、カジュアルママに大人気。安心と信頼のメイドインジャパンブランドです。

・きれいめ、フェミニンなファッションにもおすすめのリュック!


出典:mamagirl2019春号

『LANVIN en Bleu(ランバンオンブルー)』のリュックは、きれいめファッションが好きなママにぴったりのかわいいデザイン!パパと兼用にはできないけれど、子育て中も自分の好みのファッションは崩したくないというママにおすすめです。
大きめのリボンモチーフに上品なブランドロゴが華奢なイメージですね。

出典:mamagirl2018春号

『TOCCA(トッカ)』のリュックもママ感抑え目の上品なデザイン。
ベースはシンプルなブラックのリュックですが、テープであしらわれたリボンとフロントのロゴがまさにトッカらしいフェミニンさ。

・パパといっしょにガンガン使おう!アウトドア系ブランドリュック


出典:筆者撮影

近年人気が高まっているのがアウトドアブランド『patagonia(パタゴニア)』のリュック!
タウン使いにも映えるスタイリッシュなデザイン性と、アウトドアブランドらしい機能性の両立が人気の秘密です。
丈夫で軽量かつ、水濡れにも強いのが魅力ですね

出典:@musubi0916さん

『and wander(アンドワンダー)』のリュックは山好きにはもちろん、ファッション感度の高い人々の間でも話題のアウトドアブランドです。特殊なナイロン製で、リュック自体の重さは非常に軽量かつ折りたためる仕様。外側のメッシュポケットには小物をたくさん入れられ、作り手の細かな気遣いを感じられます。

・手抜かりなし!ハイブランドリュックで子育てファッションを格上げ

出典:mamagirl2019夏号

『PRADA(プラダ)』のバッグは永遠の憧れですよね。
価格はお高めですが、マザーズバッグとしてだけでなく、子育てが終わっても長く使えるブランド力はお墨つき。出産をがんばったお祝いとして思い切って購入しちゃうのもありかも?

出典:mamagirl2018秋号

『BALENCIAGA(バレンシアガ)』はインスタなどのファッショニスタや芸能人に大人気のハイブランド。ハンサムライクなイメージなのでパパと兼用で格上げが期待できます。
マザーズリュックがハイブランドだと子育て中のラフなファッションでも一気にセレブっぽさが漂いますよね!

■マザーズバッグは機能性もデザインも欲張りに選べるリュックタイプで!

マザーズバッグのリュックタイプについて詳しく紹介しました。
機能性を重視するか、ファッション性を重視するかはママ次第!パパと仲良く兼用もフェミニンデザインも捨てがたいですよね。後悔しないリュック選びで、日々の子育てを楽しいものにしていきましょう♡

musubi

車と音楽を愛する1歳男子を育児中。アート鑑賞が趣味で、観たい展示の為なら国内どこにでも飛んでいきます!いかにストレスフリーで過ごせるかが人生のテーマ。

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp