Facebook Twitter Instagram

出典:@ 15maison.espace_heureuxさん

Lifestyle

子ども部屋の男の子コーデはこう作る!まねしたくなるレイアウトTIPS

子どもが大きくなってきたら、用意してあげたいのが子ども部屋。勉強はリビングでやってもいいけれど、小学校の高学年から始まる思春期には、自立心を育むためにも「自分だけの居場所」を確保してあげたいものです。しかし、居心地が悪いコーディネートにしてしまうと、寄りつかなくなって物置化するおそれが。

今回は男の子の部屋作りの参考になる、子ども部屋のレイアウトや家具・インテリアといったアイテムをご紹介しましょう。

■男の子の子ども部屋はどんなレイアウトが良い?

出典:Pixabay

好奇心旺盛で活発な男の子には、どんなレイアウトが向いているのでしょうか?男の子に向いているレイアウトのポイントをチェック!

・置く家具はできるだけコンパクトに

出典:@ haduki_maidoariさん

子ども部屋は、子どもの成長に合わせてレイアウトやアイテムを変更していくことが多いものです。だから置く家具はできるだけコンパクトなものを選び、レイアウト変更や家具の買い替えなどに備えておくのがおすすめ。

部屋が狭い場合は、背の低い家具をそろえると圧迫感がなくなります。
部屋が殺風景に感じたら、カーテンや壁紙に色や柄を取り入れてみても。部屋のアクセントにもなり、おしゃれです。

・勉強机は物置になるので必要ないという家も

出典:@ haduki_maidoariさん

リビングで学習する子の場合、子ども部屋に勉強机を置くと物置になってしまう可能性があります。小学校入学を機に購入したはいいものの、使わないまま卒業したため、中学生になってから結局処分してしまったというケースも。
また、荒れた状態を放置するのは風水の観点からも良くありません。子ども部屋以外に落ち着いて勉強できるスペースがあるなら、購入を見合わせても。

・収納スペースは細かく作るより1カ所にまとめて

出典:@ haduki_maidoariさん

収納スペースを部屋のあちこちに作ると、片づけるのがおっくうになりやすいです。収納スペースは細かく作るよりも、1カ所に集めちゃいましょう。片づける場所を決めておけば、何かを探す場合も1カ所の捜索ですみます。これは女の子の部屋も同様ですよ。

■男の子の子ども部屋におすすめの家具は?

出典:学習机選びのポイントとは?こだわりのシンプル学習机をピックアップ @ sho.ko_ieさん

子ども部屋は自立心を育てるためにも必要な存在です。そのためには、使いたくなる部屋に仕上げてあげることがポイント。
男の子の子ども部屋に向いている、おすすめの家具をチェックしてみましょう。

・通気性の良いベッド

男の子は大きくなると汗をよくかくようになるので、通気性を確保したいところ。下がすのこやメッシュになっているようなタイプを選んであげましょう。
子どもが二人なら二段ベッドもおすすめ。

・洋服収納はハンガータイプ

出典:@ milk868さん

洋服はすぐに取り出せるように、ハンガータイプになっている家具がおすすめです。ワンシーズンに着る服の数は限られているので、着ない服はクローゼットの中など、見えない場所にしまっておくのがベスト。
アイテムを厳選することで、「見せる収納」を実現できます。また、片づけもらくちんです。

・勉強机はレイアウトを変更できるものが◎

年齢や使い方に応じてレイアウトを変更できる組み換えデスクは、本棚やワゴンもついていて収納をひとつにまとめることができ、機能的です。
本棚や収納スペースを別に作っているなら、シンプルにデスクとワゴン、イスだけのタイプにしても。
部屋が狭い場合は、ベッドの下に勉強机や収納がついている、ロフトベッドという選択肢もあります。

・収納はカラーボックスやスタッキングシェルフで

出典:ニトリのファミリー向け収納ボックス5種♡大人も子どもも使える◎

子ども部屋の収納は、1カ所に集めるとわかりやすくなることから、カラーボックスやスタッキングシェルフなど使い回しがきくアイテムを使うのがおすすめ。『NITORI(ニトリ)』のカラーボックスは形や大きさが豊富な上、お値段もお手頃でGOOD。
積み重ねて使うスタッキングシェルフも、柔軟にレイアウトが変更できるアイテムです。

・小物や飾りは壁を利用

出典:@ k_ei_ie_kさん

小物や飾りには壁を利用するのがおすすめ。『無印良品』の壁に取りつけられる収納シリーズであれば、専用固定ピンをさすだけなので簡単に設置可能。穴も小さいので後も目立ちにくくおすすめです。
ウォールステッカーや、お気に入りの布でファブリックボードを作っても雰囲気が出ます。

■男の子の子ども部屋のレイアウトはどんな感じ?

お部屋作りのポイントを紹介してきましたが、実際に男の子を持つママがどんなお部屋を作っているか気になりますよね。ここからは具体的に、男の子の子ども部屋のレイアウト例をチェックしてみましょう。

・シェルフもホワイトにして部屋全体に統一感を

出典:@ 15maison.espace_heureuxさん

@15maison.espace_heureuxさんの子ども部屋はホワイトとブルーで統一された、さわやかな印象のお部屋。収納は、ベッドの足元に置かれたホワイトのシェルフにまとめられています。ガーランドや小さな棚の上の小物が、部屋に動きといろどりをプラス。元気な男の子にぴったりのコーディネートですね。

・シンプルなロフトベッドで空間を活用

出典:@ tsuruda_homeさん

@tsuruda_homeさんの子ども部屋で使われているのは、ニトリのロフトベッド。シンプルなデザインなので、すっきりとした印象のお部屋になっています。
ロフトの下は収納空間となっているのですが、お子さんたちの秘密基地になっているのだそう。
空間を有効活用した子ども部屋の例です。

・男前インテリアでクールに

出典:【最新トレンド】子ども勉強部屋は白・黒・グレーのモノトーンがかわいい @ mackey2480さん

@mackey2480さんの子ども部屋は、無骨な雰囲気で人気の男前インテリアでコーディネート。コンクリート打ちっぱなしの壁とシャビーな床がとってもクール。学習机やインテリアはあえてホワイトをチョイスし、鮮やかな色の小物を置いて部屋の雰囲気を明るくしています。かっこいいけど大人っぽくなりすぎていない、絶妙なコーディネートですね。

・男の子にもおすすめブルックリンスタイル

出典:ウォールステッカーであっという間!お部屋のイメチェンにチャレンジ☆ @ yu_akashiさん

@yu_akashiさんの子ども部屋はブルックリン風のコーディネート。@ yu_akashiさんのお子さんは女の子ですが、ブルックリンスタイルは明度が低くスモーキーな色使いが特徴なので、男の子にもぴったり。勉強机と収納棚の高さを合わせ、すっきり見えるように家具を配置しています。世界地図のウォールステッカーがお部屋の雰囲気にベストマッチ!

■子どもが喜ぶ子ども部屋を作ってあげよう

今回はさまざまな雰囲気のお部屋をご紹介しました。成長とともに親離れの準備をするためにも、家庭の中に「自分だけの居場所」を作ってあげることは大切。男の子でも喜んで使ってくれるように、子どもが好む雰囲気のお部屋を作ってあげましょう。

haduki

6歳と3歳のママです。おしゃれなインテリアが大好きです。よろしくお願いします♡

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp