出典:photoAC

Lifestyle

十五夜にふさわしい食べ物ってなに?十五夜の行事食やレシピなど

中秋の名月を愛でる日本の美しい文化、十五夜。お供え物や行事食の意味を知ってより深く味わいたいですよね。今回は、十五夜や十三夜について、食べ物やおすすめのレシピ、2019年の十五夜の日づけもなどもご紹介します。
食事にも気を配ってお月見を楽しんでくださいね。

涼しい夜風に吹かれながら見上げる秋の満月は味わい深いもの。十五夜にふさわしい行事食は、お団子のほかにもたくさんあります。さっそく見ていきましょう!

■十五夜、十三夜、十日夜。全部知ってた?

出典:photoAC

十五夜以外にも、十三夜と十日夜があること知っていましたか?それぞれの行事についてまとめてみました。

・”中秋の名月”ともいう十五夜


お月見といえば、十五夜のイメージですよね。月は約15日周期で新月から満月になりますが、旧暦では新月を1日とするので、15日にほぼ満月になります。特に、旧暦8月15日のことを十五夜とか「中秋の名月」と呼ばれています。
旧暦と新暦の日付には毎年ずれが生じるので、十五夜は毎年違う日付になりますよ。2019年の十五夜は、9月13日(金)です。

・”後(のち)の月”ともいう十三夜

 
十五夜の次に知られているお月見の日が、十三夜。十五夜の1カ月 後になるので、「後(のち)の月」とも呼ばれています。十五夜と同じく秋の収穫祭のひとつだったと言われているようです。2019年は、10月11日(金)が十三夜です。

・”三の月”ともいう十日夜(とおかんや)


十五夜や十三夜ほどメジャーではありませんが、十日夜という行事もあります。東日本の一部で行われていた収穫祭の一つで、収穫の終わりのお祭りだそう。別名は、「三の月」。
旧暦の10月10日に行われるので、新暦に直すと2019年は11月6日(水)が十日夜にあたります。

・全ての夜が天気良く月を見れたら縁起が良い


十五夜と十三夜、十日夜の全ての夜で天気良くお月見ができれば縁起が良いと言われています。特に、十五夜と十三夜は両方とも見ることが縁起ものだとされ、片方しか見ない場合は縁起が悪いと言われているようです。

■お月見で食べる食べ物ってなに?

出典:photoAC

お彼岸にふさわしい食べ物としておはぎを食べたり、七五三の食べ物として千歳飴を食べるように、お月見で食べるものにも特徴が。見ていってみましょう。

・卵を月に見立てた月見そば

出典:photoAC

月にちなんで、卵を月に見立てた月見そばを食べることもあるようです。このほかにも、うどんに卵を落として月見うどんにしたり、カレーに卵をポトンと落としたりしても◎。

・お月見と言えば、やっぱりお団子

出典:十五夜は「#デコ白玉」で子どもが喜ぶお月見だんご♪♡@megumi.0629さん

お供え物でもあるお団子。たくさん作って、食後に食べても良いですね。スタンダードに真っ白なお団子も素敵ですが、写真のように顔を足したり、カボチャを混ぜて黄色い団子にしたりとアレンジは無限。フォトジェニックな団子を作ってみては?

・ほっこりおいしい栗ご飯・サツマイモご飯

出典:photoAC

収穫祭の意味があるお月見。サツマイモや栗、きぬかづき(里芋)などの収穫物を使った料理もよく食べられるお月見ならではの行事食。ジャガイモを使ったコロッケや、豆を使った煮豆などもおすすめですよ。

・体がほっと温まるけんちん汁

出典:photoAC

里芋やにんじん、大根などの収穫物がたくさん入ったけんちん汁もお月見によく選ばれるレシピのひとつ。涼しい時期の行事なので、体が温まるけんちん汁はほっとする味になるのではないでしょうか。

■十五夜と十三夜で食べ物の違いってあるの?

出典:photoAC

「十三夜ならではの食べ物もあるの?」と疑問に思う人もいるのでは?十五夜と十三夜、1カ月の開きがありますが、食べるものには特に大きな違いはないようです。お供えするお団子の数を、十五夜では15個、十三夜では13個と数を変えて準備する習わしもあるようですが、食べるもの自体は同じと言えるでしょう。
十五夜と十三夜、十日夜のお月見は全て「収穫祭」なので、ススキをかざって収穫物をお供えし、月を愛でる行事に変わりはないようです。収穫された食べ物への感謝の気持ちを込めて月を愛でたいですね。

■お月見にぴったり!おすすめレシピ

出典:photoAC

・かぼちゃのお月見団子


皮と種を取り除いて茹でたかぼちゃをつぶしておきます。かぼちゃと白玉粉を混ぜたら、沸騰したお湯で茹で、浮き上がってきたお団子を冷水で冷やしてできあがり。お団子に顔のイラストを書いてキャラクター白玉にしてもかわいいですよ。

・まんまるお月様のコロッケ


茹でたサツマイモをつぶしておきます。鶏ミンチと玉ねぎを炒め、サツマイモを混ぜ合わせましょう。まんまるに丸めたら、衣をつけてあげればお月様みたいなコロッケの完成。

・月見ハンバーグ


牛豚ミンチと玉ねぎ、卵を混ぜ合わせ、ハンバーグを作ります。仕上げに目玉焼きを載せて、月見ハンバーグのできあがり。普段の食卓とは違うお月見らしい夕飯になりますよ。

■行事食で食べる物を知って、お月見をもっと楽しもう♡

出典:photoAC

収穫祭であるお月見では、定番のお団子のほかにも、里芋や栗を使った料理や、月をイメージした月見そばなど行事食がいっぱい。十五夜と十三夜、十日夜すべてでお月見をすれば、縁起も良いですよ。子どもといっしょに楽しんでくださいね♡

pomta

4歳と7歳の3歳差姉妹とハムスター1匹を子育て中です。海外ドラマや映画鑑賞が趣味。自分の時間も大事にしながら子育てを楽しみたいと思っています。

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp