出典:@ mikumama_maiさん

Lifestyle

西海岸風ラグで変わる!マリンテイストから男前スタイルまで

暑い夏がやってくると、爽やかなマリンテイストの白やブルーを基調としたさわやかな西海岸スタイルに目がいきがち。
ラグやソファーなどの家具、照明や雑貨などのインテリアに青色や水色を取り入れたり、シンプルな白の壁紙にデニム素材を合わせたりなど、インテリアに西海岸テイストを取り入れる人も増えているようです。

そもそも西海岸インテリアとはアメリカ西海岸の雰囲気を思わせるインテリアのこと。眩しい太陽と海辺、貝殻、外から波の音が聞こえてきそうな、ゆったりとした雰囲気が世界中で人気です。
今回は、そんな西海岸インテリアについて、面積も広く視覚的にもお部屋の印象を大きく左右するラグをピックアップしてご紹介していきます。

■西海岸インテリアに合うラグとは?

出典:photoAC

爽やかでゆったりとした雰囲気を表した西海岸インテリアに合うラグとはどのような物でしょう?形や色、素材によって部屋の雰囲気を大きく変えるラグは、お部屋に西海岸スタイルを取り入れたいときにぴったり!西海岸といってもいろんなタイプがあるので、自分の好みに合ったラグを選びましょう。

・西海岸といえば白×ブルー!

出典:@ godmedusa44さん

西海岸のラグは、白い砂浜のイメージを表す白と、青い海のイメージを表すブルー系にすると、さわやかな西海岸風な仕上がりになります!ソファーやクッションなどの素材をデニムにすることで、より西海岸風に表現できてすてきなお部屋になりますよ。

・定番はボーダー

出典:@ ofuca_livingさん

西海岸インテリアのラグで定番なのがボーダー柄!ボーダー柄のラグをひくだけで、一気に西海岸風になります。部屋のさまざまなインテリアとも合わせやすいのでボーダー柄はとても人気がありますよ。定番のボーダーでもラインが太いものから細いものまであるので、自分の好みに合ったものを選んでくださいね。

写真は、ゆったりと座れる広めのデニム素材ソファーと相性ピッタリなボーダー柄のラグの組み合わせ。とてもおしゃれで居心地の良さそうなお部屋です!

・ネイティブ柄も人気

出典:photoAC

ネイティブ柄とは、アメリカの先住民族に昔から伝わる伝統的なパターンの柄のことです。チマヨ柄・ナバホ柄・チーフジョセフ柄・オルテガ柄など、部族ごとの名称がついたさまざまな柄があり、その総称がネイティブ柄とされています。
モノトーンからカラフルなものまであり、ダークな色を合わせると、クールで男前な印象に。

ネイティブ柄とレザーや木目調を合わせると、ヴィンテージ感のある西海岸のカジュアルアメリカン風を演出してくれます。ネイティブ柄は男女問わず、根強い人気です。

■西海岸風ラグのおすすめは?

西海岸スタイルで重要なポイントのラグ。おすすめラグをご紹介します。

・意外と西海岸スタイルにも合う!日本伝統のい草ラグ

出典:@ molis2822さん

こちらのラグは、なんとい草でできています!ジャカード織りを広めたことで有名な、ビーコン社のヴィンテージブランケットをモチーフにして作られています。

出典:@ molis2822さん

い草の涼しげな感じが、夏にぴったり!い草という日本の素材も、こだわりのおしゃれな柄のものを選べば、西海岸スタイルに使えますよ。

・洗濯できる西海岸スタイルに使えるラグ

出典:ニトリでお部屋トータルコーデ!マリンテイストにルームイメチェン☆

ラグをひいていると、飲み物をこぼしたりなど、どうしても汚れてしまいがち。小さな子どもがいる家庭では汚れてしまうリスクは高くなっていきます。ラグもお家で丸洗いできれば、きれいを保てるのでうれしいですよね!
『NITORI(ニトリ)』で販売されている「シェニール・ジャガード織りラグ」はお家で洗える種類もあり、床暖房やホットカーペットにも対応しています。マリンテイストな色合いが西海岸スタイルにぴったり!
その他、定番のボーダーなどたくさんの種類があります。

また、ニトリの「綿入りキルトラグ」にも、白とブルーのボーダー柄タイプがあります。丸洗いでき、キルト素材なので肌触りもとても良いです。
その他の柄も、ネイティブ柄、カルフォルニア柄、マップ柄、バイシクル柄など幅広くあります。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]